Genkr Nik


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Genkr Nik

Genkr Nik(ジェンカ・ニク)
注:読みは仮のもの。正確な発音をご存知の方は訂正お願いします。

漆黒の手教団/Order of the Ebon Handの高い地位にある老魔術師。男性。
顔は浅黒く傷跡が目立ち、栗色(hazel)の瞳は隻眼(右目のみ健在)で、髪は短く灰色。
両腕とも肘までしか残っていない。教団の儀式に捧げたためと思われる(リーオッド・ダイ/Reod Daiが教団に入信した当時はまだ両腕とも揃っていた)。
声は低くしわがれている。

用心深く抜け目無い性格。いつでも生き残る道はあると語り、常に別の手・抜け道を探す。戦いでも全力を出し切らず力の温存を図る。

リーオッド・ダイの導師(mentor)であり、教団の教えや魔術を伝授した人物。
リーオッドをそれなりに評価しており、教団側のリーオッドを不要とする意見を退けていた。
しかし、教団の評議会が、スラルへ反乱を教唆した咎でリーオッドの処分を決定した際には、容赦なくこの元弟子を自ら拷問にかけ、ゴブリンの卵の製造法を聞き出そうとした。拷問では、じわじわと肉を食いむしる虫(fresh-beetles)をたからせ、眼球や鼻、口を穿孔する錐つきの拷問具を用いた。

リーオッドの拷問中に勃発したスラル反乱/Thrull Rebellionの渦中、スラルの攻撃に呑まれて消える。だが、ジェンカがこれで死ぬわけが無い、とリーオッド。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。