Golgothian Sylex


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Golgothian Sylex》(カード)

#whisper

対エキスパンションカードの1つ。
アンティキティーカードを妨害する。

このカードが妨害するのはパーマネントだけなので、パーマネントにならない呪文は影響を受けない。
またあくまで「破壊」なので、再生手段を利用できるものならば、被害は小さい。
そういう意味で、対エキスパンションカードの中では弱い方だろう。

ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Diskを彷彿とさせ、破壊対象を制限した代わりにアンタップ状態でに出せる。

  • これ自体もアンティキティーのカードなので、自身の能力に巻き込まれて破壊される点に注意。
    基本的に連射はできない使い捨てということ。
  • "Golgothian"はゴルゴダ(Golgotha)の捩り。
  • "Sylex"は古代に使われていた鉢のこと。"Cylix"と同じ意味だが、古い言葉であるためこの他にも様々な綴りがある。開発チームはエキスパンションごとに別の綴りのカードを作成しようと目論んだらしいが、結局"Cylix"に統一されてしまっている。
  • ウルザトロンミラーマッチでは一方的に相手の土地だけを破壊できることも。
    まあそのためには「相手だけがアンティキティーのウルザランドを使っている」ことが前提となる。
    基本セットにウルザランドが再録されている現状、ちょっと難しいかもしれない。

関連カード

対エキスパンションカード

参考


Golgothian Sylex(ストーリー)

Golgothian Sylex(ゴーゴスの酒杯)

兄弟戦争の最終決戦でウルザ/Urzaがその力を解放したアーティファクト。

カードの効果は、島1つを完全に消し去り、大陸を揺るがし、世界を傾けたその威力を表現したもの(参考The Devastation(大荒廃))。

フェルドン/Feldonによると、Golgoth(ゴーゴス)という地名には聞き覚えはないということ。

訳語

「Golgothian Sylex」はカード上で和訳されたことはない。
ウルザズ・サーガ公式ハンドブックでは≪サイリクス≫と、マジック:ザ・ギャザリング オンラインプラスでは「ゴーゴスの酒杯」とされている。
タカラトミーwebpageの時(のらせん)の過ぎ行くままにでも「ゴーゴスの酒杯」を踏襲。

  • 綴りが「Go"r"goth」ではなく「Go"l"goth」であることから「ゴルゴス」とも読むことができ、ゴルゴダ(Golgotha)の捩りであることも考慮すると、「ゴーゴス」と伸ばすよりはそちらが妥当とする意見もある。
  • マジック史上、最も有名な歴史あるアイテムの1つであるため「受難の杯」などの同人訳も複数存在している。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。