Ice Cauldron


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Ice Cauldron》

#whisper

長くて読むのも大変なテキストだが、要はカードマナ・コストを2回に分けて支払うためのアーティファクト
1つ目の能力で使いたい呪文を決めて1回目支払い分のマナを貯める。
2つ目の能力で貯めたマナを引き出し、2回目分のマナを上乗せしてプレイ、という感じ。

コストのカードを早い時期に使用できると考えると便利そうだが、これ自体のマナ・コストが(4)。

これを払った上でかつ2ターンかかって使うほど価値のある大型呪文はアイスエイジ時代には存在しなかったし、環境もそれほど悠長ではなかった。

1つ目の『貯める』能力は貯める呪文に関係なくインスタントで使えるのがポイント。
これを利用すれば対戦相手ターン終了時にマナを貯め、自分のターンのメイン・フェイズソーサリーを撃つ、ということもできる。

何度かのルール改定の影響を受け、現状のテキストはかなり使いやすくなっている。
アイスエイジ時代のテキストはいろいろ問題があり、その面でも使いづらかった。

  • アイスエイジ時代のテキストでは、『貯めた』カードはこれの上に置くことになっていたため、これが壊されると『貯めた』カードも失われた。

更に2つ目の能力はマナ能力でなかったため、マナを取り出したタイミングで破壊されるとマナ・バーンを余儀なくされた。

女神フレイアリーズ/Freyaliseはこれを使用して、100万点の命の川/Stream of Lifeを発動させてアイスエイジを終了させたとされる。
フレイアリーズの世界呪文/Freyalise's World Spell無限マナ

  • なんでライフ回復で氷河期が終わるのかと突っ込むのは、野暮というやつである。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。