Jedit Ojanen


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Jedit Ojanen》(カード)

#whisper

レジェンドでの典型的な『コストに見合わないマルチカラー』の1つ。

7マナで5/5バニラと、涙が出てくる性能。

ヴィザードリックス/Vizzerdrix下位互換である。
単色ならまだしも、これで『マルチカラー』で『伝説のクリーチャー』というデメリットまであるわけで。
ここまでくると、もう少しなんとかしてあげたいものである。
さらに許しがたいことにレアである。

参考


ジェディット・オジャネン/Jedit Ojanen(ストーリー)

最終戦争以前の時代、エフラヴァ/Efrava出身の猫族の戦士。男性。
虎の特徴を備えた猫族の戦士で、種族で最強との呼び声も高い。
父はJaeger Ojanen(イェーガー・オジャネン)。母Musata(ムサタ)は氏族のシャーマン

故郷のエフラヴァを離れ、Robaran Mercenaries(ロバラン傭兵隊)に入隊。傭兵隊を率いて、父親の代からの宿敵、北の国の暴君ヨハン/Johanに立ち向かう。

ジェディットの活躍で傭兵隊の名声は大いに高まり、エフラヴァの虎の民はジェディットの統治の元で繁栄を築いた。

彼に従う猫族の戦士たちがジェディットの竜騎兵/Jedit's Dragoonsである。

  • マジックでは歴史ある人気キャラクターの1人で、主役のアメコミや小説三部作が存在する。

平行世界のジェディット

AR46世紀には、異なる歴史を辿った平行世界から次元の裂け目(planar rift)を通り、エフラヴァのジェディット・オジャネン/Jedit Ojanen of Efravaとして再登場。
こちらの歴史では、エフラヴァを離れずに一族の元に残ったままのジェディットである。

故郷を失い散り散りになった猫族は、現代に現れたこの英雄の名声を耳にすると、ジェディットと竜騎兵の庇護を求めて集まっていく。その中には武器を取り新たな竜騎兵の一員となる者もいる。

訳語

マジック:ザ・ギャザリング オンラインプラスにて、非公式ながらカード名が「ジェディト・オジャーネン」と訳された。
カード版においては「Jedit」は時のらせんジェディットの竜騎兵/Jedit's Dragoonsカード名フレイバー・テキストで「ジェディット」と翻訳され、フルネームの「Jedit Ojanen」としては、次元の混乱エフラヴァのジェディット・オジャネン/Jedit Ojanen of Efravaのカード名で翻訳された。

登場カード

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。