Lake of the Dead


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Lake of the Dead》

#whisper

アライアンスを代表するらしさが溢れる土地

デメリットは小さくないものの、ゲームを決める前のマナ加速に役立つ。
ターン沼/Swampを置けるネクロディスクでは必須の土地で、特に生命吸収/Drain Lifeにつなげる場合かなり強力。
他にも、3ターン目にセンギアの吸血鬼/Sengir Vampireに出すなどの高速化を実現させた(もっとも暗黒の儀式/Dark Ritualがあったので、もともと3ターン目で出ることが多かったが)。
そもそも1枚の土地から4マナも出る土地が弱いわけがなく、特にテンポ・アドバンテージを序盤で稼ぐことが最重要課題である黒ウィニーや、大型クリーチャーデッキにも投入されていた。
アライアンスの土地サイクルの中でも屈指の強さを誇る。

  • 冬の宝珠/Winter Orbとの相性が非常に良い。
    スタンダードでは、この相性を利用したブラックアイスというデッキも存在した。
  • 生け贄に捧げる沼がタップ状態であっても構わない。
    大抵の場合は黒マナを出してから生け贄に捧げるので、沼1枚の犠牲を5マナに変える事が出来る。
    実際はこれを出す際の生け贄やこれのタップも要求されるため、そこまで安くないが。
  • しかも伝説の土地でも何でもないので、場に複数枚出すことも出来る。
  • このカードを使って大量にマナを出して生命吸収/Drain Lifeを打つコンボを俗に「レイク・ドレイン」と言う場合もあった。
    が、よく考えたらマナを大量に出してX火力(厳密には違うが)を撃っているだけである。
    そうしたこのゲームの基本的な行動であっても「コンボ」と認識されてしまうほど強力だったのである。

サイクル

アライアンス基本土地に対応した土地

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。