Laughing Hyena


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Laughing Hyena》(笑うハイエナ)

#whisper

アンヒンジドゴチカードである。
相手を笑わせれば墓地から回収することが可能。

何よりサイズが標準レベルなのが嬉しい。
笑わせることに自信があるエンターテイナーなあなたにお勧め。

ゴチ呪文の中では唯一こちらから強制し得るカードであり、人によっては共鳴者で即死させることも可能。
ただウケなかった場合はどうにもならない上、笑わせる技術がどんなに優れていても笑うかは相手次第。
このゴチに過度に依存したデッキ対人メタでもない限り作れないと言っていいだろう。

  • 含み笑いだろうが嘲笑だろうが、あらゆる笑いでゴチすることが出来る(MaRoのFAQによる)。
  • ゲームそっちのけで笑わせに走り続けるのは反則。
    「ゴチできるんだからゲームに関係ある行為でしょ」と言えばそうなのだが、あくまで合意の元で。

ハイエナが笑う―何がおかしいんだ?
     ― 「おかしくもなんともない」という意味の、フェメレフの決まり文句

を踏まえたネタ(であると思われる)。

フレイバー・テキスト (日本語訳は あんかば カードリストより引用)

“Two muffins are baking in an oven. One muffin says to the other muffin, ‘It’s getting hot in here, huh?’ The other muffin says, ‘Aagh! A talking muffin!’”

マフィンが2個オーブンに入ってたんだ。で、片方のマフィンがもう片方に「熱くなってきたんじゃないか?」って聞いたら、相手のマフィンがこう言ったんだ。「うわぁ! マフィンがしゃべったぁ!」

  • 話のくだらなさに加え、唐突にカードと関係ないジョークが発せられているというシュールさは絶品。
  • 相手にこのフレイバーを読ませることにより上手く行けばこのカードをゴチれるので、共鳴者等から無造作に墓地へ落として相手に興味を抱かせよう。

サイクル

アンヒンジドの、相手の行動に対し誘発するゴチを持つカード。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。