Library of Alexandria


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Library of Alexandria》

#whisper

マジック黎明期におけるパワー9に匹敵する力を有していたことで、後の人によってパワー10という名義で、特別に仲間入りを果たすことを許されたカード

実質1マナでカードが引けるぶっ壊れた土地

プレイ時に手札がちょうど7枚にしないといけない為一見使いにくそうに見えるが、ヴィンテージでは様々な手札補充方法があるため、意外にあっさりと達成できてしまう。
手札を必要とするコントロールデッキパーミッションデッキなら必ず入るだろう。

またドローサポードカードはもちろんのこと、各種教示者との相性も抜群である。
ドロー能力に対応してプレイすれば、持ってきたカード手札に入る)

  • プレイ時に手札が7枚であればよいのであって、解決時の手札の枚数は問わない。
  • 能力的には勿論、場所柄からも「伝説の土地」に相応しいがレジェンド・ルールの登場前なのでレジェンド・ルールの適用を受けない。
  • 次元の混乱にて、この能力を元にした図書館の大魔術師/Magus of the Libraryが作られた。
  • 紀元前300年頃、エジプトのアレクサンドリアに建てられた実在の図書館がモデル。
    数十万の蔵書を誇ったといわれるが、破壊や略奪に遭い、残念ながら現存していない。

1994年5月2日より、ヴィンテージ制限カードとなった。
もちろんレガシーでも禁止カード

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。