Magic Online Vanguard


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Magic Online Vanguard

文字通り、Vanguard(ヴァンガード)Magic Onlineバージョン。
プレイヤーAvatar(アバター)キャラクターを1つ選び、その能力を駆使してゲームを行う。

効果としては紙版ヴァンガードとほぼ同じであり、独自の特殊能力のほかに、初期ライフ手札枚数が変動する。
プログラムであることを利用した「ランダムに選んだ何か」をする能力を持つものもいる。

紙版はストーリーに登場するキャラクターがモデルとなっていたが、Online版ではFlametongue KavuProdigal Sorcererなど、伝説のクリーチャーではないものも数多く登場している。
各アバターの能力は下記WotCの解説ページを参照。

強さのバランスをとるために、以下のアバターは初期ライフや初期手札が変更されている。

名前 変更後(修正幅) 変更前 変更日
Arcbound Overseer 手札7枚(+1)、ライフ23点 手札6枚、ライフ23点 2005/06/23
Elvish Champion 手札7枚(-1)、ライフ15点(-6) 手札8枚、ライフ21点 2005/06/23
Goblin Warchief 手札7枚、ライフ22点(+5) 手札7枚、ライフ17点 2005/06/23
Ink-Eyes, Servant of Oni 手札6枚、ライフ17点(+4) 手札6枚、ライフ13点 2005/06/23
Seshiro the Anointed 手札7枚、ライフ19点(-6) 手札7枚、ライフ25点 2005/06/23
Hell's Caretaker 手札5枚(-2)、ライフ18点(-6) 手札7枚、ライフ24点 2005/12/22

特にElvish ChampionHell's Caretakerは手札、ライフ共に減らされており、元の状態での強さがうかがえる。
何のデメリットもないアバターが強いのは当然であるので妥当な所。

  • 導入最初期にはバグのせいでサイドボードから何枚でもヴァンガード・カードを入れることが出来た。
    その状態だとGoblin WarchiefElvish Champion×10等で確定先手1ターンキルが出来てしまったりと、もはやマジックではなかった。
    • 現在ではこのバグは取り除かれ、ゲームごとに1枚しか入れることは出来ないが、フリーフォームにおいては好きなだけヴァンガードを入れることが出来る。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。