Mark Rosewater


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mark Rosewater

マーク・ローズウォーター。
ウィザーズ・オブ・ザ・コーストR&Dのリード・デザイナーを務める。
その巧みな話術からプロツアーインビテーショナルの運営でも活躍している。
(かつては全てのPTに顔を出していたが、三児の父となった今ではなかなかそうもいかないようだ)

マロー/Maroは彼の愛称からとられている。

また、彼がデザインするカードマジックのルールをひっくり返すものが多く、ルール・グルたちの悩みの種になってもいるらしい。
たとえば、オパール色の輝き/Opalescence時のらせん/Time Spiralアーテイのおせっかい/Ertai's Meddlingはすべて彼のアイディアだと言えば、その一端がおわかりいただけるだろうか。

  • このような特徴があるため、ルールで揉める事が必至なカードが出たときには「マローが作ったに違いない」と言われることがある。
  • 最近では割りにおとなしいほうだったが、タイムシフトの企画をして久しぶりにプレイヤーを驚愕させた。油断も隙もあったものではない。

※ただし、Richardの場合、ほとんどがパワー9とかアンティとかのカードであるので、「禁止になった理由」がかなり違う。

  • ボストン大学を卒業後、ハリウッドでコメディの脚本書きをしていたという経歴の持ち主。
    その後、Duelist誌に投稿していた"Magic: the Puzzling"という連載がきっかけでWotC社員となる。

(冗談交じりに?)描いたカード

参考

(WotC;英語)

(WotC;英語)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。