Miko


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Miko

King Miko(ミーコ王)

AR2400年代のStorgard(ストーガード)の老王。
頭頂部は禿げているが白髪を肩に垂らし、老いても堂々たる体格で、精悍な顔つきの人物。

母国ストーガードを心から愛し、Oriel Kjeldos(オリエル・キイェルドス)の移住案に真っ向から反対する。
氏族間の緊張が高まると、移民の賛成派・反対派の両代表による決闘に判断を委ねる。
移民賛成派が勝利すると、およそ40名のエメラルドとパール氏族の移民団に、Staff of the Ice Lords(氷の王たちの杖)を餞に贈った。だが、最期まで移民団を愚か者の集団と蔑んでいた。

実はテヴェシュ・ザット/Tevesh Szatの信奉者であり、王の礼拝室の奥にはテヴェシュ・ザットが隠れ住んでいる。

ミーコ王時代の五氏族

  • Clan Pearl(パール氏族)
    • 指導者

      Hurn(ハーン)
      Sergeant-at-arms of the Royal Guard(近衛隊守衛官)も務める。
      ジルゲスの死後はMilitary Commander(軍事司令官)も兼任する。

  • Stone Council(石の評議会)

    五氏族の指導者からなる評議会。
    ミーコ王時代は上記の通り、ハーン、ロスラン、アリマヤ、ジルゲス(フレイアリーズ)、オリエルの5人が務めている。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。