Monkey Monkey Monkey


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Monkey Monkey Monkey》(サルサルサル)

#whisper

イラストに注目。左上から、マーリン(Marlin)/マジシャン(Magician)、ムース(Moose)、モノリス(Monolith)、ラバ(Mule)、メトロノーム(Metronome)、メデューサ(Medusa)、あご(Mandible)、月(Moon)、マンティコア(Manticore)、ネズミ(Mouse)、ミイラ(Mummy)、マッチ(Match)、ミノタウロス(Minotaur)、木槌(Mallet)、メイス(Mace)、モザイク(Mosaic)、蛾(Moth)、人魚(Mermaid)、金貨(Money)、モカシン(Moccasin)、マグカップ(Mag)、そして猿(Monkey)。
すべて"M"で始まるものである。

能力の方だが、でこのコストなら4/4は欲しいので構築の段階でよく考えないと元は取れない。
デッキのバランスとは本来無縁の所での調整を要求されるという、煩わしくも楽しいカードである。

"M"(日本語なら「さ」)を選べば自身をカウントできるので、それらの文字で始まるカードを重点的に入れていくと有効かもしれない。
土地をカウントできればもっと簡単なのだが、相手パーマネントも数えることを考えれば仕方ないか。

  • 別言語の文字を区別するかは特に規定されていない。
    例えば英語の"A/エイ"とフランス語の"A/ア"は区別する必要はないだろうが、ロシア語版などが絡んでくると混乱を招きかねない。
    また日本語での指定にはかな文字を使うが、日本語版と中文版の同じ漢字の扱いも意見が分かれるだろう。
    試合中に遭遇した場合は仕方ないが、構築段階から狙う場合は相手やジャッジに確認を取ろう。

フレイバー・テキスト

Many matches make more madcap monkey mayhem.

散々の再戦で錯乱した猿の騒ぎが更に作成さる。

"M"で始まる単語だけで構成されている。
これに合わせ、その日本語仮訳も「さ」で始まる単語だけで訳している。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。