Mox Lotus


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Mox Lotus》(モックス・ロータス)

#whisper

アンヒンジドらしいぶっ壊れたマナ・アーティファクト
15マナと異様な重さだが、それさえも霞む無限マナを生み出す起動型能力
いくらでも無色のマナが出るのに加えて、さらにそれを色マナに変換することができる。
当然ながら、いかなるカードでも一発で出せる。

  • たとえ無限マナでも湧出/Upwellingが出てない限りはフェイズターンの終了時にマナ・プールは空になる(が、3番目の能力によりライフの損失は回避される)。
  • Xに∞を入れることはできない。有限整数を指定する必要があるからだ(ただし、銀枠の世界では1/2をも概念に入れられるようだ)。
  • 実質的には「(T):あなたはいくらマナを使ってもマナがなくならない状態になる」という能力だと考えてほぼ問題は無い。
  • 100マナを好きな色の1マナに変換する2番目の能力は、カード単体としてはマジック史上最悪効率のマナフィルターであろう。
    すでにタップしているために1番目の能力が使えない状態でも、別の無限マナ発生方法があれば、これを使ってその無限マナを好きな色に変換できる。
  • マジックにそもそも無限は存在しないのだが、アンヒンジドにそんな常識は通用しない。
  • 歴代の大量マナを使うコンボデッキのほぼ全てのコンボパーツとなる。
  • これの1番目の能力を起動したフェイズの終了時までにこれが破壊されれば、3番目の能力は機能しなくなり、枯渇/Mana Shortでも使わない限りマナ・バーンが起こるのでまず間違いなく敗北する(無限のマナを使い切ることは不可能であり、結果無限のライフを失うから)。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。