Number Crunch


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Number Crunch》(面倒な計算)

#whisper

ゴチ付きバウンス呪文
単体ではブーメラン/Boomerangに劣るので(色拘束はともかく)、やはりゴチで再利用するべき。

その条件は「数字を言う」。「5点のダメージ」や「1枚ドロー」というのが普通か。
別に日本語で「いち」だろうが英語で「ワン」だろうが中国語で「イー」だろうが関係無いが、数字と同字・同音異義語は認められない。(「1」と「位置」)。

実際にやると案外引っ掛かってしまう。

Question Elemental?と並んで発言に細心の注意を必要とするカード

  • Six-y Beastを使えば確実にゴチできるかというとそうでもない。
    発言系の銀枠カード大体に言えることだが、書いて示すことによって回避できるため。
    • 分類の上では行動誘発型のゴチカードとしているが、これもSpell Counter等のような発言誘発のゴチである。
  • 逆行/Regress上位互換である。

フレイバー・テキスト (日本語訳は あんかば カードリストより引用)

Can you digit?

数かぞえられるの?

"Can you dig it?"(わかる?)からの洒落。

サイクル

アンヒンジドの、相手の行動に対し誘発するゴチを持つカード。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。