Oliver Farrel


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Oliver Farrel

Oliver Farrel(オリヴァー・ファレル)

サーペイディア暗黒時代アイケイシアの僧侶(ただし、後に僧侶を辞めている)。男性。
体は細身で、ひょろ長い顔つきに鷲鼻。飾りのついた金色の兜をかぶる。
過激で狂信的な人物で自らの正義を疑う事は無く、カリスマ的指導者の風格を備えもち、多くの信奉者を集める。

トーラック/Tourachの使徒、漆黒の手教団/Order of the Ebon Handに対する徹底的攻勢を主張、国の政策を手緩いと断じる。

かつてTymolin Loneglade(ティモリン・ローングレイド)に好意を寄せていたが拒絶され、その経緯からティモリンをトーラックの転生と決めつけるようになる。
Montford(モントフォード)の演説で、Sianna(シアナ)らファレル教徒を焚き付け、トーラックの化身ティモリンを狩りださせる。そこに漆黒の手も加わり、ティモリンを中心とした闘争が繰り広げられる。ファレル自身の手でティモリンが殺されると、彼女の弟Tev Loneglade(テヴ・ローングレイド)は狂えるプレインズウォーカーテヴェシュ・ザット/Tevesh Szatとなり、オークゴブリンを率いてサーペイディアに更なる破壊と混沌をもたらすことになった。

トロウケア/Trokair陥落後、ファレルは信奉者と共にアイケイシア/Icatiaと決別、漆黒の手と同様にアイケシアとも敵対することになる。
そして滅び行くサーペイディアの諸帝国と共にファレルも歴史の舞台から消えていった。

Farrelite

「Farrelite」とは「ファレル(教)の〜、ファレル教徒」くらいの意で、ファレルの信奉者(followers of Farrel)の一般的な呼称。
ファレル教徒は、オリヴァー・ファレルの教えを固く守る僧侶盲信者で構成される、過激派の自警集団である。漆黒の手とアイケイシアを相手に戦い続け、その戦闘能力は侮り難い。

登場カード

フレイバー・テキストに登場

カード名に登場

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。