Oracle


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Oracle(ルール用語)

カードの最新のテキスト集のことであり、カードの解釈においてはこれを用いなければならない。
いわゆるエラッタは、実際にはOracleの修正である。
最近では、新カードセットの登場にあわせて更新されることが多い。ただし、緊急のルール変更の場合、この限りではない。

  • Oracleに誤りがないわけではない。細かい記述が整合していないカードはいくらでもあるのが現状である。
    もしOracleに誤りが見つかったならば、ヘッド・ジャッジはそのトーナメント中、Oracleを却下してもよい。
  • 一般的な意味でのOracle(オーラクル、オラクル)とは、「神のお告げ」「神託」「託宣」のこと。
    転じて賢人や助言を与える人のことを指す場合もあり、日本語版マジックカード名等ではよく「巫女」と訳されている。
    もちろん文化や種族が違うので、日本における一般的なイメージの巫女とはかけ離れており、広く「巫者(ふしゃ)」と理解するほうが適当かもしれない。→ ヴェクの巫女/Oracle en-Vecとぐろ巻きの巫女/Coiling Oracle

参考

  • [[http://gatherer.wizards.com/]]
    • 公式カードデータベース。最新のオラクルはこちらから。

Oracle(Vanguard

Oracle/オラクル
手札 +1/ライフ +9
(0):あなたがコントロールする攻撃クリーチャー1体をアンタップし、戦闘から取り除く。

偵察/Reconnaissanceと同様の能力を持つヴァンガード

注釈文が無いが、かつてのルールでは偵察/Reconnaissance同様そのクリーチャー戦闘ダメージのやり取りをしなくなるはずだった。
しかし第6版ルール下では、戦闘ダメージが解決された後にアンタップすれば、普通に戦闘を行いながらもそれをアンタップできる。
つまり警戒と同様の効果が得られるというわけだ。
この機能変更は偵察/Reconnaissance自身にも起きている。

戦闘ダメージを与えたい場合は戦闘ダメージ・ステップまたは戦闘終了ステップで、
逆に与えたくない場合はブロック・クリーチャー指定ステップ能力起動すればよい。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。