バス山


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バスとは、男声合唱で一番低いパート。
男声合唱の命と言っても過言ではない。適度に自重しつつも、低すぎで聞こえないなんて事がないように、気合で歌っている。
例えバスパートが主旋律のオクターブ下とか、ずっと同じ音だとか、歌詞が数小節しかないとか、
いきなり1オクターブ以上飛ぶとか、前半全然出番がなくてニコニコしているしかないという曲でも挫けない。


二年生

今泉 聖也(イマイズミ セイヤ) なう
ベースの二年生。
二年生のアカペラでボイスパーカッションを務めている。
さらにボイパだけでは飽き足らず、ギターを弾いている姿も最近目撃されている。
バリトンの某先輩と中学が同じせいなのか、趣味は画面の向こう側にあるらしい…
同じパートのレントと友情を超えた仲になっていることは部員全員の暗黙の了解。

関根 崇洋(セキネ タカヒロ) レント
ベースの二年生。
入部当初から周期表の暗唱をするという特技を発揮してくれた。
また周期表だけでなくピアノや絵の才能もあるようで、皆から一目置かれている。
二年生のアカペラでリードボーカルを務めている。
なうと同様に趣味は画面の向こう側にあるらしい。
なうと友情を越えた仲になっていることh(以下略。

三年生

狩野 琢哉(カノウ タクヤ)
一年次のアンコン後に入部した新勢力。少林寺拳法同好会と兼部。出身が赤城南中であり名字が同じであることから、二代上のトップの「CANTA」さんと関わりがあるのではと思われていたが、そうではなく全くの偶然であるらしい。

小林 拓郎(コバヤシ タクロウ) 退助
あだ名は、かけているメガネが「メガネの板垣」で買ったものであり、板垣といえば板垣退助という安易な理由から。
最近発言がかなり棘を持つものとなりつつある。
時々発するキツめのいじりやノリの良さより、バスの血が受け継がれていることが確認できる。



≪平成24年卒≫
●荒木田 椋太(kida)
激しい音楽もこよなく愛する、部長であった人。
23年度のコンクールで前高音楽部を銀賞へと導いた実力者であり、しっかりした人柄で部内外を問わず多くの人に信頼を寄せられていた。
もと柔道部であったためかなり柔軟な身体を持っていたらしい。
だが女性と対峙すると突然マイナス思考が止まらなくなるという一面も。
クリコンのカントリーロードでは見事なヴァイオリンさばきを披露していた。

●高野誠也(せーや)
かなりの変人であり、前橋駅ではハンマー投げもどきを披露したり、ホームを全速力で疾走したりしていた。
笠置さん曰く「ファルセットの天才」。
部室、教室、登下校中、駅等々、いかなる所でも歌を歌う「野生のヴォーカル」であり、アカペラではバスながらしてリードを務めていた。
3年の夏休み終了後、テストの成績で270人抜きを達成した勇者でもあった。
平成22年度優曇華Tシャツデザイン作成係。プロジェクトP特別顧問。

●平方 敦(ルート)
「三中出身組」の1人。
ピアノもバリバリ弾ける絶対音感保有者としてベースの音程を支えていた。
鉄道をこよなく愛し、「てっけん」にも入っていて、休日は線路際や駅などで電車を撮影することに余念がなかったらしい。
どこか毒を含むギャグで笑いの渦を作っていた。十代目「神」。

≪平成23年卒≫
●加藤航洋(toto)
「トートー」では無く「トト」。最大派閥「三中出身組」の1人。バスの後輩たちからは愛されまくっていた。
全盛期は「ハウリングブラスト」と評されるほどの声量を発揮。
たいてい部活を始めようとすると「ムスリム」に行っていて不在のため、2年の誰かがいつも連れ戻しに行っていた。
3年の途中で理系から文系へと変化した勇者。
先代の音楽部三権分立の「神」はこの人。

≪平成22年卒≫
●増田秀平(マシュー)
前副部長。バスが誇る勤勉な青年。影での仕事を多くこなす一方、綿あめ製造器を作るという一面も持っていた。

≪平成21年卒≫
●小林巧(TAKUMI)
自称「バスの柱」&「真のゲーマー」。バナ研を始め、数々の組織を残していった。

●富澤一馬(トミー)
あらゆる雑務をこなした影の功労者。最後の方では変態キャラが定着した。

≪平成20年卒≫
●宮下 隼
バスをゲーマーの巣窟にした犯人。副部長という名の雑用係や、このホームページの管理人など、音楽部の裏方で活躍していた。

≪平成19年卒≫
●松島修一
彼の天然な発言はいつも皆を笑わせてくれました。彼の日記は本当に面白いです。

●唐沢尚也
素晴らしい歌声でバスの皆を引っ張ってくれました。また、音楽部Tシャツ2006の作成でも大活躍でした。

≪平成18年卒≫
●武藤世良
元バスのパートリーダー!!
もうバスの皆は彼にお世話になりっぱなしでした。

●八木宏文
ラップでも活躍した真面目な先輩。
定演前の合宿前の数日にパワプロにはまり、何故かゲーマーのイメージがついた……

●赤石友秀
クリコン前に真冬の中庭で『かぜ』を『ひいて』(掛詞)一ヶ月でギターをマスターした偉人。