ツール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • αチャンネル分離、結合
吉里吉里2
toolフォルダ内のkrkrtpc.exeを使います。
大量の透過pngを画像+αチャンネルに分離し、nameとname_mの画像を透過pngに
結合しなおすことも出来ます。枚数が多い場合はこのソフトを使うのが一番楽だと思います。

  • 画像作成
GraphicsGale(フリー版)
ツール単体でアニメーションの作成も出来、予め作成したpngを読み込めます。
結合した画像も出力できますが背景が真っ白になるようです。

PictBear Second Edition
アルファチャンネルを含んだpngの作成が出来ます。アニメーション作成用に作られたソフトではないのでやや使いづらいと思います。

gimp2
上に同じ。こちらもアニメーション作成用の機能はありません。

FLASH CS3
元々アニメーション作成、ベクター画像の作成に特化したソフトなのでかなり使い勝手の
いいソフトです。その代わり値段が高いです。
基本的には連番pngで出力して上のソフトに読み込ませて使います。

  • 画像結合ソフト
IrfanView
パノラマ画像作成機能で結合できますが、保存の際は透明色を指定して(on-off形式)保存するため
半透明の画像を作ることが出来ません。
吉里吉里2で分離した画像をそれぞれ結合して吉里吉里2でとうかpngに直す。
という使い方が出来ます。

Jtrim
上と同じく半透明の画像は作れません。