※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生物




生物の特徴

 ・代謝  体内の全ての化学反応の総和
 ・反応性 変化を感知して反応する能力
 ・運動  身体もしくはその一部の働き
 ・成長  細胞もしくは個体の大きさの増加
 ・分化  特殊でない細胞が、特殊な細胞へ変化すること
 ・再生  新しい細胞、もしくは新しい個体の産生

ホメオスタシス、homeostasis

体の内外の変化にもかかわらず、体内環境をある一定の状態に保つこと。恒常性。

人体の構成

  • 化学物質
 化学反応を起こす物質の最小構成単位
  • 細胞
 体内で生きている構造的、機能的な最小構成単位
  • 組織
 細胞とその周辺の物質が協調して特定の機能を果たす構成単位
 例:上皮組織、結合組織、筋組織、神経組織
  • 器官
 異種組織が協調して特定の機能を果たす構成単位

  • 器官系
 共通機能を持つ関連機関から成る構成単位
 ・外皮系
 ・骨格系
 ・筋系
 ・神経系
 ・内分泌系
 ・心臓血管系(循環器系)
 ・リンパ、免疫系
 ・呼吸器系
 ・消化器系
 ・泌尿器系
 ・生殖器系