※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

prokaryotes、細菌


スピロヘータ

特徴

菌体と軸糸からなる、らせん状形態グラム陰性菌群

感染症

1.ライム病(マダニから)、梅毒トレポネーマ(STD)
2.ワイル病(ネズミの尿から)

治療薬

1.ペニシリンG、テトラサイクリン、マクロライド系、エリスロマイシン
2.ストレプトマイシン、ゲンタマイシン

マイコプラズマ

特徴

 ・自己増殖可、細胞寄生性なし(自分でエネルギー作れる)
 ・ 細胞壁なし (ペプチドグリカン層なし)

感染症

肺炎マイコプラズマ(免疫力低下患者など/AIDSや移植)

治療薬

マクロライド系、テトラサイクリン系が有効
※βラクタムは無効(細胞壁が無いため)



リケッチア

特徴

 ・グラム陰性菌
 ・ 偏性細胞寄生性 (生きた細胞の中でのみ増殖可能/人工培地では増殖不可
 ・必ずベクターの媒介により感染する

感染症

※媒介:節足動物(シラミ、マダニ、ツツガムシ)
発疹チフス、ツツガムシ病

治療薬

テトラサイクリン系抗菌剤:クロラムフェニコール


クラミジア

特徴

 ・細胞壁有り、ペプチドグリカンなし
 ・リボソーム存在(DNA合成は自分で出来る
 ・ エネルギー寄生体 (合成のためのATPを宿主から得る)

感染症

オウム病、トラコーマ

治療薬

テトラサイクリン系、マクロライド系(クラリスロマイシン)