※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

臨床検査


意義

疾患の特定や重症度、機能的・器質的異常を 客観的に判断 できるので、
予防、診断、治療法の決定、治療効果の判定 に有効

種類

  • 生体検査:対人検査であり、生理学検査、画像診断など
  • 検体検査:対物検査であり、生化学検査、血液細胞検査、病理学検査、微生物検査

※バイオハザード:感染の危険性

  • 血液
  • 血漿:(serum)血液から、血球などの有形成分を除いた液体部分
  • (凝固阻害剤:クエン酸、ヘパリン、EDTAなど)
  • 血清:(plasma)血漿からフィブリノーゲンなどの凝固因子を除いた部分