武装ラクロス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

内容サンプル

http://collaboration21.hp.infoseek.co.jp/hasami/rakurosu.html

 

武装ラクロス

2007年5月のまきますかまきませんか?5に参加した時の新刊です

コミケ終了時点ですでに内容はある程度固まっていて、

 

ローゼンの原作漫画のどっかで、

「ラクロスは殺し合いだ、殺せ!殺せ!殺せー!」

みたいなシーンがあったと思うんですけど(ありません)

じゃあ本当に、真紅達も参加した殺し合いみたいなラクロスを描いてみようかな?かな?

という思考回路に行くのはきっと自然なことなのである。

本当か?

 

というわけで…

さすがにラクロスのルール知らんで描くのもあれだし。

女子ラクロスのルール調べたら

あら!結構1チームの参加人数多いんすね!

 

というわけでアニメ、漫画のキャラ全員足しても、結局足りないわけで。

適当なモブキャラを出して即効殺す。という

結構無茶な手段をとったり

 

ページ数がほっといたら膨れ上がりそうだったので、

前編後編の間に4~5人

すでに死んでたことになってたり、

 

それなりにまあ工夫は凝らしてました。

全体的には。まあ40Pの漫画っつーことで、

結構入れたいギャグをすき放題入れられたこともあったり

(それでも4ページぐらい削ってた)

後半のやりたい放題っぷりは自分でも気に入ってたりする一冊です。

 

 

でも一月ぐらいから描き始めたのに

二回も風邪引いて

結局五月のイベントぎりぎりだった。

 

というぐんにょりなアレもあったり。

なお表紙の題字は自分で書いた字なのだが

本当は

「これ、習字の先生のような人に書いてもらったら面白くね?」とか思い

菓子折り持って

電話帳で周りの書道教室とか調べて

一軒一軒巡るという暴挙を慣行

幸か不幸かどこもお留守だったので

結局拙い自分の字になりました。

 

いやぁ、本当に出てこられたらどうしよう…とか超ぶるぶるしながら門の前で待ってました

 

 

「武装ラクロスと一筆書いてください」

 

とでも言うつもりだったのだろうか?

 

 

当時の俺は謎だったのである。

 

おわり。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル