※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クランランキング

1st

第5回SNS杯で優勝クラン。
Sasukeを中心に個人能力の高いAR陣が集まった。
AlkaidがInactiveとなり戦力ダウンかと思われたが那伊阿得斯の加入により補強も万全。
このまま一時代を築けるか。

2nd

元jogoの伊澄を中心としたクラン。第5回SNS杯では第3位。
SRには現JSFトップクラスのspygeaが控え、AR陣もoronaiが加入しさらに充実。
CWの戦績も安定してきたようだがそろそろ大会での結果が欲しい所。

元JSFのメンバーが中心のクラン。第3回ChigeCUPでは一騎当千を破り優勝。
SR、ARともに高いレベルで安定した実力を持つ。
速攻を軸とした破壊力のある作戦でさらなる上位を狙う。

長くクランを支えてきたメンバーがinactiveとなり、大きくメンバーが入れ替わった。
入れ替わりにより現段階では戦力ダウンは否めないが歴史のあるクランだけに、
作戦や連携は確固たるもの。
SNS杯はBest8、ChigeCUPは準優勝に終わったが、新生一騎としてかつての輝きを取り戻せるか。

3rd

SNS杯主催クラン。SBLが前身だが現在は多方面からメンバーが集まり活動している。
第5回衛生兵杯では準優勝、メンバーの層も厚くCW、大会でも安定した結果を残している。
クラン設立からも時間が経ち熟成の時期だが上位に対抗するには、もうワンパンチ必要か。

衛生兵杯主催クラン、第5回SNS杯ではBest4。
長く活動を続けているクランだが固定メンバーではないようなので戦績はやや不安定。
中心メンバーが揃えば多彩な攻めでかなりの実力を誇るが、絶対的なSRが欲しい所。

元々決して弱いクランではなかったが、kyoro、Princeの加入により、戦力が大幅にアップ。
ChigeCUPでは3位という結果を残した。
高い個人技をベースに連携面を強化できれば上位進出もありえる。

4th

元TaEメンバーが中心のクラン。第5回SNS杯はBest8。
SRが指揮官という珍しいクラン。
攻撃もSRが中心の攻めでSRの調子が大きく戦績を左右しているともいえる。
格下への取りこぼしは少ない印象だが、格上を破るには全体的な底上げが必要か。

元Ldwのメンバーが中心のクラン。
第3回ChigeCUPでは予選でCvs2、LLを破りBest4進出。
長年培ってきた連携で念願の大会上位進出を果たした。
個人技を高め上位進出を図りたい。

注目クラン