※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クランランキング

1st

第6回衛生兵杯優勝クラン、メンバー入れ替え後初の大会優勝となった。
衛生兵杯では準々決勝、準決勝、決勝とかつての一騎を思い出させる勝負強さを発揮して優勝。
古参メンバーに頼ったのは事実ながらも、各々が高い個人能力を有しメンバーの層も厚い。
この勢いで長期政権を築けるか。


2nd

元jogoの伊澄を中心としたクラン。
第6回衛生兵杯では準決勝で惜しくも一騎当千に破れ、今回も第3位に終わった。
個人能力の高さは折り紙つきなので、更に連携や作戦面を強化し、悲願の優勝を達成したい。


元JSFのメンバーが中心のクラン。
第6回衛生兵杯では優勝した一騎当千と準々決勝で引き分けたものの、ルールにより準々決勝敗退。
canvas1が休止となり今後の動向に注目が集まるが、canvas2も高い能力を持っている。


3rd

SNS杯主催クラン。SBLが前身だが現在は多方面からメンバーが集まり活動している。
第6回衛生兵杯では第4位。
最近は普段のCWでも上位クランと接戦を演じており、更に実力を付けてきた模様。
ずば抜けた個人技の高さはないものの、安定したaim、連携で頂点を目指す。


4th

元KTAメンバーが中心のクラン。第6回衛生兵杯では準々決勝でLLに惜しくも敗れる。
散らばっていたメンバーが再び集まり、活発に活動している様子。
往年の連携は確かだが、上位を狙うだけのモチベーションを保てるか。


元TaEメンバーが中心のクラン。第6回衛生兵杯は決勝T1回戦でcanvas1に敗れる。
SRが指揮官という珍しいクラン。
作戦もSRが中心の攻めでSRの調子が大きく戦績を左右しているともいえる。
上位進出の為には、SRの安定とAR陣の個人能力の底上げが必要か。


衛生兵杯主催クラン、funivsが前身。
第6回衛生兵杯では決勝T1回戦でLAに敗退。
特徴の一つであったアクティブさが最近は影を潜め、CWでもあまり結果を残せていない様子。
AR陣は絶対的なエースがいないもののメンバーは揃っているので、SRの強化が課題。


うぷるぷとAllNiXが合併して出来たクラン。
第6回衛生兵杯ではクランから2チームが出場し、両チームとも決勝T進出。
人数も多くアクティブな様子なのでお互いを高め合い、上位を狙いたい。


注目クラン



コメント欄(最新の10件を表示)

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る