※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クランランキング

1st

第6回衛生兵杯優勝クラン、メンバー入れ替え後初の大会優勝となった。
衛生兵杯では準々決勝、準決勝、決勝とかつての一騎を思い出させる勝負強さを発揮して優勝。
古参メンバーに頼ったのは事実ながらも、各々が高い個人能力を有しメンバーの層も厚い。
この勢いで長期政権を築けるか。


2nd

元jogoの伊澄を中心としたクラン。
第6回衛生兵杯では準決勝で惜しくも一騎当千に破れ、今回も第3位に終わった。
個人能力の高さは折り紙つきなので、更に連携や作戦面を強化し、悲願の優勝を達成したい。


元JSFのメンバーが中心のクラン。
第6回衛生兵杯では優勝した一騎当千と準々決勝で引き分けたものの、ルールにより準々決勝敗退。
活動休止中だが解散はしておらず、実力のあるメンバーが揃っているので活動再開が待たれる。


3rd

SNS杯主催クラン。SBLが前身だが現在は多方面からメンバーが集まり活動している。
第6回衛生兵杯では第4位と結果を残したが、メンバーのinactive化、移籍で戦力ダウンは否めない。
長年培ってきた作戦や連携を武器に、主催大会で意地を見せれるか。


衛生兵杯主催クラン、funivsが前身。
第6回衛生兵杯では決勝T1回戦でLAに敗退。
一時期活動が停滞気味であったが新人も加わり、再びアクティブに活動している模様。
AR陣は絶対的なエースがいないもののメンバーは揃っているので、SRの強化が課題か。


4th

再結成した元TOPレベルクラン。
本格的な活動再開は3月以降ということで、CWでも以前のような圧倒的な結果は残せていない。
だがメンバーはapa、kyoroを筆頭にイルミ、ingo、galboなど実力者が揃っており、
本格的な活動が始まれば1stや2ndに食い込んでくるのは必至と思われる。


元TaEメンバーが中心のクラン。第6回衛生兵杯は決勝T1回戦でcanvas1に敗れる。
SRが指揮官という珍しいクラン。
作戦もSRが中心の攻めでSRの調子が大きく戦績を左右しているともいえる。
上位進出の為には、SRの安定とAR陣の個人能力の底上げが必要か。


再結成後、活発に活動中のクラン。
以前のsabaとは多少メンバーが変わった模様。
戦績に安定感があり、取りこぼしが少なく上位クランとも接戦を演じている。
目立ったメンバーはいないが、安定感を武器に大会で結果を残したいところ。


多方面からメンバーが集まり、結成以来コンスタントに活動を続けている。
PrinceのSRは脅威であるが、AR陣は他のランキングクランに比べて見劣りする感は否めない。
元RAISEのSiriuSの加入がどこまでクランの底上げに繋がるか注目したい。


注目クラン



コメント欄(最新の10件を表示)

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る