現状まとめ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WHO、パンデミック警報レベル5に引き上げ

日本:5月16日までに12人の感染を確認、国内で感染拡大の傾向


厚生労働省、感染症法に基づく「新型インフルエンザ等感染症」の発生を正式に宣言
外務省:感染症危険情報「不要不急の渡航は延期してください」

世界の感染マップ


より大きな地図で 2009 H1N1 Flu Outbreak Map を表示
 黒 :新型インフルエンザと確定された死者
 灰色:未確認の死者
 赤 :新型インフルエンザと確認された感染者
ピンク:関連の疑いが強い患者



WHO予測
18~24か月で全世界で人口の1/3が感染、15億人が治療を必要とし、3000万人が入院、700万人が死亡
5月11日ロイター
4月のメキシコでの感染は推定で23000人。致死率は0.4%
1957年のH2N2(アジア風邪)に近い:季節性インフルエンザの4~8倍
人→人の伝達は14~73世代の感染が考えられ、季節性インフルエンザよりかなり高い感染性。

症状

通常のインフルエンザと同様、1/3は発熱なし、下痢や嘔吐が多い
メキシコでは重い肺炎を起こし、25~45歳の青壮年層が主に死亡した
重症化の傾向あり 共同通信
5月16日までにアメリカ、カナダ、コスタリカで死亡例発生(合計7件)、ハイリスク群から
重症率は10%程度で、季節性インフルエンザより明らかに高い 共同

【ウィルスの種類】
※A型H1N1亜型
スペイン風邪や現在のインフルエンザと同系統
抗原性が異なるため現在のワクチンの効果は期待できない CCDCガイドライン
タミフル、リレンザなどの抗ウィルス剤は効く CCDCガイドライン

※すでに「ヒト型」へ移行
人と鳥、豚のインフルエンザウイルスが混ざった遺伝子構造を持つ新たなタイプ
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20090425k0000e030059000c.html?inb=yt
ブタ肉は安全(ブタ型のウィルスは人間には感染しにくい、豚肉は加熱して食べるためウィルスは消毒される)


【WHO】
パンデミック警報レベル

4/28に4

4/30に5


フェーズ3:人から人への感染が無い、又は極めて限られている
フェーズ4:人から人への感染が増えている証拠がある
フェーズ5:著しい数の人から人への感染の証拠がある
フェーズ6:率の高い、かつ継続的な人から人への感染(パンデミック)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。