個人でできる対策


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


何気ない行動でウィルスが広がる


人込みを避ける

外出は出来るだけ避ける。
日用品や食材はあらかじめ備蓄しておくことが望ましい。
(政府のガイドラインでは2週間程度の水と食料)

うがい、手洗い、マスクの着用

手に付着したウィルスが食事のときに口から入り感染することもある。

インフルエンザは症状が現れる前に感染能力をもつ。
気がつかないうちに感染しており、周囲の人にインフルエンザを広める可能性がある。
お互いに感染を広めないためにマスクを着用することが有効。(通常のマスクでOK)

感染を防ぐ

外出する場合、
メガネ、マスク(ウィルス防御用)、コート、手袋
の着用が好ましい。
帰宅時には、ウィルスを屋内に持ち込まないようクレベリン等で消毒。
手洗いやウガイを行う。

体調を整える

免疫力を上げるため、十分な睡眠をとり、栄養のある食事をとる
ノドの粘膜を保護するため湿度を上げる、マスクを付ける
紅茶や緑茶を飲む、ウガイをする(カテキンがウィルスを失活させる可能性あり)


鳥インフルエンザに備えてにもまとめられている

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。