世界設定 > イノセント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一般人(the public)またはイノセント(Innocent)とは、ウィザードではない人間のこと。
「ハリー・ポッター」シリーズにおける「マグル」と似たような言葉。

概要

ナイトウィザードの世界において、ウィザードと呼ばれる存在は極めて少なく、地球に住む人間の大多数は何の力も持たない一般人である。
我々がそうであるように、この世に魔法という者が実在し、地球がエミュレイターの侵略に晒されていることすら知らされていない。

世界の真実

前述の通り、一般人には「世界の真実」が明かされていない。これには幾つかの理由がある。

一般人への被害

世界結界の定める常識の中に生きる一般人たちは、常識を無効化するエミュレイターに抵抗できない。
また、実際に魔法やエミュレイターを目にしてしまった場合、「神秘など存在しない」という常識とのズレが、精神に大きな傷を与えてしまう可能性がある。昏倒するくらいなら良いだろうが、発狂してしまったり、その結果「消される」ことになってしまうかも……。

世界結界の維持

常識(世界結界)を支えているのは、彼ら一般人たちであることも忘れてはならない。
一人一人のプラーナは微弱だが、総和としては数の少ないウィザードのそれよりはるかに大きい。
その彼らが魔法や魔物の存在を知ってしまえば、常識は「魔法は実在する」というものへ……エミュレイターの行動しやすい世界へと書き換わってしまう。

真実を知る一般人

以上のような理由から、一般人に魔法の存在を明かすのはウィザードにとってタブーの1つである。
ただし、各政府の首脳など、ウィザードの活動上どうしても話を通す必要のある人物には、知識としてウィザードやエミュレイターの存在が明かされていることもある。

もちろん、一般人にウィザードや魔法のことを話しても、大抵は単なるホラ吹きか妄想癖のある人間だと思われてしまうだろうが。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|