登場人物 > アゼル=イヴリス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

"荒廃の魔王"アゼル=イヴリス(Azel Ivlis)は、第9話に登場した大魔王級エミュレイター
CVは植田佳奈

能力

自分の意志とは関係なく、ただそこにいるだけで周囲のプラーナを吸い尽くす能力を持っている。
普段は自らに巻き付けた特殊な帯で能力を抑え込んでいる(それでも、完全に封じ込めているわけではない)。
劇中、帯を緩めた結果ウィザードが消滅していったのは、アゼルの持つプラーナ吸収能力が拡散したためである。

性格

大魔王の中では比較的おとなしい穏和な性格。
その能力ゆえ裏界でも忌み嫌われ、普段はなにもない裏界の荒野に一人孤独にたたずんでいる。

原作におけるアゼル

合わせ鏡の神子」ではルー陣営の魔王としてウィザードやベール=ゼファーらと敵対したが、それから間もない「最果てで君を待つ扉」の事件をきっかけにベルと行動を共にするようになった。
2nd Edition環境下における小説やボイスドラマではなぜか「さらわれ属性」が付いてしまい、ベルはアゼルがさらわれるたびに救出に奔走することになる。

元ネタ

堕天使アザゼルイブリースが元ネタとされている。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|