世界設定 > 月匣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月匣(げっこう, Gekkou, Lunar Casket)とは、主にエミュレイターたちが作る特殊な領域。

概要

地球上において、エミュレイターたちは世界結界により魔法的な能力が制限され、自由に行動することができない。
月匣とは、この世界結界を中和して一種の異世界を作り上げる能力、およびその空間である。
近くで月匣が展開された時、空には紅い月が昇るという。

ウィザードたちが身に纏う月衣はこれの簡易版。

現代ファンタジーにおける役割

現代ファンタジーでは、魔法的な要素や戦いを隠すために、結界のようなものが用意されることが少なくない。
夜が来る!の「凍夜」しかり、灼眼のシャナの「封絶」しかり。

月匣の内側

月匣の内部は異世界となっており、その風景や構造は様々。月匣を展開した本人次第。 ゲーム的に言えば、ダンジョン(迷路)になっていることもある。この辺はRPGの定番と言えよう。

第1話(伝説の樹のところ)のように現実世界と重なり合うような風景の時もあれば、全然関係ない風景(荒野など)が映し出される場合もある。

月匣内のルール

先にも述べたとおり、月匣内は地球上とは異なる世界律を持った異世界である。
そのため地球上の常識や物理法則が適用するとは限らない。
極端な話、月匣の主がそう望めば「1+1」が「3」になる世界を作り上げることも可能である。

地球上には存在しないとされている「魔法」が、月匣の中では使えるのはこういった理由による。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|