創意工夫研究所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

にくまる建設・創意工夫研究所(略称・にくそう研)では、建設現場における

「高度技術・創意工夫・社会性に対する報告書」について、情報共有を図り、技術研鑽を目的とした研究を行っています。

会員相互が技術向上を行うための研究施設です。

 

 

「研究論文」

創意工夫とは何のためにやるのでしょう。

会社によっては加点のため・・・でしょうね。

工事評価として加点される意味は、創意工夫や高度技術を使うことでコストダウンできたり、社会に貢献することで建設業のイメージアップを図る からだと思うのです。

加点されるから(仕方なく)やる・・という体質自体がダメなのです。

それこそが談合体質!

評価には「主観」が入ります。

評価しないという発注者もあります。

加点のためなら、「評価されない時点」でヤル気をなくしてしまいますが、加点のためではない「社会に貢献できる創意工夫」のスタンスが大事です。

つまり、評価できない発注者なんてどうでも良いのです。

近隣に喜んでもらうことがイメージアップの第一歩なのです。

そして、その結果を発注者は無視できないようにすれば良いのです。

ここでは、表ブログに書けない(もったいなくて・・笑)、にくまる流の「評価される書類論」を書いていきます。

 

「第11回 9つの法則・・マル秘です」

興味を引く9つの法則です。

・・・続きは「会員サイト」で

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。