ウェブスピナー

出典:バイオハザード1
登場作品:VXリメイク版、本家のび太のBIOHAZARD2

  • 原作BIOHAZARD
蜘蛛をベースにした初期のB.O.W.だが、知能が著しく低いため兵器としての実用性は乏しい。
天井などに張り付き、毒液を吐く。炎による攻撃が有効。
攻撃力は低く、壁面や天井を自由に移動する機動力を生かした
“ウィルスを拡散させる兵器”として注目、研究されていた。
なお、その名前とは裏腹にウェブスピナーは進化の過程で網を張る能力が退化している。

  • VXリメイク
ブラックタイガーのお供としても登場。
うざったいったらありゃしない。
行動自体は原作バイオハザードのものに準じる。

  • 本家のび太のBIOHAZARD2



ブラックタイガー

出典:バイオハザード1
登場作品:本家のび太のBIOHAZARD他多数

  • 原作BIOHAZARD
廃棄処分されたウェブスピナーの生き残りが施設から逃げ出した後、
突然変異を遂げウェブスピナーの数倍にも巨大化、網を張る能力が復活し、
生命力、運動性能共に向上、毒の影響で体がどす黒く変色したことで研究員から
「ブラックタイガー」と呼ばれるようになった個体。

  • 本家のび太のBIOHAZARD他
毒液吐きは糸吐きに変更されている。
しかし、食らうと毒になる上に攻撃不能になりメニューも開けなくなる。
のびハザの初心者にはかなり辛いボス。
実際はアサルトライフルを持っていれば開始から数秒でケリがつく。
ちなみに本家のブラックタイガーには原作バイオハザードと異なり包丁は通じない。

  • VXリメイク
原作バイオハザードに準じて毒液を吐くようになった。
本人自体はそう強くなった印象はないが増援がいるので卑怯になった印象だけは強い。