※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ハンター

ハンターα

出典:バイオハザード1
登場作品:本家のび太のBIOHAZARD他多数

  • 原作BIOHAZARD
正式名称は「ハンターα」。一般的に「ハンター」と表記される場合は、この「ハンターα」を指す場合が多い。
人間をベースに、T-ウイルスを使って爬虫類などの遺伝子を組み込み強化したB.O.W.。コードはMA-121。
類人猿レベルではあるが知能を有しており、調教次第で十数種類のコマンドを理解し、他の個体との連携も可能。
硬質な外皮を持ち、大型肉食獣と同等の筋力と反射速度を誇る。
兵器としては完成の域に達しており、その後も多数の亜種が開発されている。
高い耐久力と素早い動作に加え「首狩り」という即死攻撃までも持つ。
ゲームの後半にはゾンビに代わって大量に登場することから、多くのプレイヤーを苦しめ、恐れられた。

  • 本家のび太のBIOHAZARD他
原作通り、ゲーム後半に学校中に出現する。
首狩りもしっかり再現されており、旅館クリア後は初見プレイヤーにとっての鬼門となっている。

  • EasyType版
南校舎3階に出現する「蘇りしハンター」は驚異的スピードと攻撃力を有しており、舐めてかかると痛い目をみるので注意!
倒さなくても進行に影響はないが、倒すと”ある隠しアイテム”を手に入れることができる。
腕に覚えがある人は、挑戦してみるといいかもしれない。



ハンターβ

出典:バイオハザード3 LAST ESCAPE
登場作品:β版、無理のないバイオⅣ、本家のび太のBIOHAZARD2

  • 原作BIOHAZARD
バイオハザード1に登場したハンターαに、更に遺伝子改造を加え開発されたB.O.W.。
コードはMA-121β。実践データの収集のためラクーンシティに送り込まれた。
筋力はα型に若干劣るが瞬発力が上昇している。左利き。
ダメージ、音、接近には反応せず、視界に主人公が入る事でしか認識できない。

  • β版
左利きではない。
下水道や研究所にてボスとして登場する。

  • 無理のないバイオⅣ
ハンターαと動きは殆ど同じだが体力が高く、そこそこの確率でこちらの攻撃を回避してくる。
動きが素早く、敵の数が多い場所ではナイフで戦う方が無難だが、
ナイフ攻撃を回避されるとこちらが硬直してしまうので注意が必要。
間違っても正面から切り付けようなんてしてはいけない。
またハンターα(普通のハンター)の統率役なのか、これを倒すと周りのハンターαが逃げる時がある。

  • ハイレベル版
主に警告の立て札が立っている場所の奥で登場。
尋常ではないスピードで攻撃してくる。

  • 本家のび太のBIOHAZARD2
ゲーム後半の旅館以降に出現。グラフィック及びAIが一新されて、より再現度が高くなった。
左利きである設定もしっかり再現されている。
因みに、初遭遇する個体のみは首狩りを行わない設定になっていたりする。



ハンターγ

出典:バイオハザード3 LAST ESCAPE
登場作品:無理のないバイオⅡ、無理のないバイオⅣ、迷宮大消毒

  • 原作BIOHAZARD
α型やβ型が、ヒトの卵子に爬虫類のDNAを組み込む事で作られるのに対し、
こちらは両生類の卵にヒトのDNAを組み込んで作られている。知能は他に比べ遜色無い。コードはMA-124γ。
開発チーム内では「フロッガー」と呼ばれており、その名の通りカエルを思わせる大きな口を持ち、
即死攻撃として「丸呑み」を使用してくる。目は退化しており外見上は確認できない。
乾燥に弱いため水辺などに湿気の多い場所に出現する。前述の通り目は退化している筈なのだが、認識方法はβと同じ「視認」となっている。

  • 無理のないバイオⅡ
聖奈編で墓地の近くに一体だけ登場する。
基本的な動きはハンターαと大差ないが、即死技が異なり「丸呑み」を使用してくる。

  • 無理のないバイオⅣ
基本はハンターαに近いが、若干動きが鈍く、
ハンターαが2マスごとに動くのに対しこちらは1マスごとに動く。
どうも正面ではなく真横に隣接すると、振り向くことも攻撃することもできないようで、一方的になぶり倒す事ができる。
隙が多いので倒しやすいが、攻撃力だけは高いので要注意。

  • 迷宮大消毒
水辺から出現するトラップとして登場。本作においては倒すことはできない。



ブラインドハンター

出展:オリジナル
登場作品:新訳、G版、GⅡ版、野比のび太のDead Space

  • 新訳
南校舎3階の蘇りしハンターと差し替えられているが、基本動作は変わらないようだ。
首狩りの硬直を狙えばC4爆弾1発で仕留めることも可能らしい。

  • G版
通常のハンターαを基に、大量のT-ウイルスを投与し強化された個体。
T-ウイルスの効果により表面の皮膚が腐敗し、視力を失ってしまったが、
聴力が異常発達し、身体能力も大幅に強化されている。
しかし弊害として、ハンター特有の命令を理解をするだけの知能の高さが無くなってしまった。
ただ狩猟本能のままに動き、見つけた獲物を切り刻むだけの存在である。
そのためB.O.W.としては失敗作であり、廃棄処分することが決まっていたようだ。
しかしバイオハザードが起きてしまったためか、逃げ出したいくつかの個体が研究所をさまよっている。
攻撃を食らった時は下手に暴れると死ぬまで解放してくれないようだ。

  • GⅡ版
基本的にはG版のものと変わらないが、やや弱体化しているようだ。

  • 野比のび太のDead Space
無敵のボスとして登場。本作で登場するものは、正確には「リジェネレーター」であり、ハンターではない。



アルフハンター

出展:オリジナル
登場作品:ソードシリーズ

  • ソードシリーズ
人面ハンター。ビジュアル的にキモい。
名前は内部データのもので低難易度版・高難易度版ともに共通。
高難易度版ではかなり機敏な動きを見せるが、EasyTypeの蘇りしハンターほどではない。
その異様なビジュアルや、人間が怪物に変化する描写などをみるに、CODE:Veronicaに登場したモンスタースティーブがモデルではないかと思われる。
ただしあちらとは異なり斧は持っておらず、攻撃力も良心的で無敵ではない。



シャドウハンター

出展:オリジナル
登場作品:EI版、最終闘、迷宮大消毒

  • EscapeIsland
ストーリーで重要な役割を果たす登場人物の一人(作中ではSハンターと省略)。
タイラントの戦闘能力とハンターの汎用性を併せ持ったB.O.W.」を
コンセプトとして、開発された試作の新型で開発者からは「Code:β」と呼ばれていた。
作中では無人島に迷い込んだのび太達を中盤までは陰から、
終盤では直接対面して脱出の手助けをするが……。

  • 最終闘、迷宮大消毒
プレイヤーキャラの一人としてゲスト出演。
上級者向けの性能で扱いは難しいが、EI版で見せた勇姿が再現されている。



LOSSハンターβ

出展:オリジナル
登場作品:EI版

  • EscapeIsland
Sハンターの量産タイプと思わしきB.O.W.。
通常のハンターαと比べ様々な点において強化されているものの、
オリジナル程の能力は獲得できなかったものと思われる(作中でのSハンター曰く「失敗作」とのこと)。
ゲーム序盤~中盤までは中ボスクラスの扱いであったが、
物語終盤からは他の雑魚敵に代わって大量に出現するようになる。
なお、ゲーム中盤に森に戻った際に現れる三体のLOSSハンターβは倒すことはできない。
負け確定イベントなので注意すること。



赤ハンター

出展:オリジナル
登場作品:Insanity Destiny

  • Insanity Destiny
ハンターの強化型と思わしき新型B.O.W.。GⅡ版に登場したアレクシアの様に、炎を操る能力を持つ。
ゲーム中で正式名称は確認できず、内部データ上でも「赤ハンター」又は「ハンター赤」としか表記されていないため正式名称は不明。情報求む。