スネ吉

出展:ドラえもん
登場作品:AnotherEdition

  • 原作ドラえもん
骨川 スネ夫の従兄。髪型はパーマ(アフロヘアーの時も)。
プラモデル・ラジコン・ジオラマの製作、ヨット・スーパーカーの運転など多趣味な大学生である。
スネ夫と非常に仲が良く、全長1.75m・150分の1スケールの戦艦大和のラジコンやヘリコプターのラジコン・ロボットのラジコンなどを作ってあげたり、ジオラマ撮影の極意をスネ夫に伝授したりする。
これらの趣味は作者の藤子・F・不二雄氏のものと一致しており、作中でスネ吉が語る薀蓄には、F氏の思い入れが投影されている。
愛車はスーパーカーで、カウンタックかフェラーリで本人いわく世界に4台しかない車らしい。
スネ吉がスネ夫とその友達をドライブに誘うの際の車はいつも4人乗りで、野比 のび太だけが乗せてもらえないことがパターンになっている。

  • AnotherEdition
HRT(骨川ロボットテクノロジーの略)の社長で、21世紀最大のロボット工学の天才と言われている。
ドラえもんを改造した張本人で、のび太達にそっくりなロボットを製造していたのも彼。
しかし、彼自身もギガゾンビによって操られていたに過ぎず、最期は自ら改造したドラえもんの手によって殺害されてしまう。
事件を起した理由は「楽しいからだ」ということだそうだが、ドラえもんの台詞を見るに精神に改造を施されていた模様。
因みにAEでは、登場シーンの殆どが顔グラフィックのみでの登場。
専用キャラグラフィックは用意されておらず、死体は一般のものと共通である。
因みに、本家のびハザの製作者であるaaa氏の作品、『のび太戦記~導かれし者たち~』及び『のび太戦記ACE』では専用のキャラグラフィックが用意されている。