D型生命体

D型生物

出典:オリジナル(ファンタシースターオンライン)
登場作品:GⅡ版

  • ファンタシースターオンライン
「遺跡」の中で確認された、未知の存在。
あらゆる点で生物の常識を大きく外れており、生物であるかどうかすら疑わしい存在。
唯一共通しているのは、D型と呼ばれる細胞を持っている事だけである。

  • GⅡ版
ドラえもん」こと、背徳卿の真の姿。その実は宇宙から飛来した宇宙人であった。
本作オリジナル。数十年前に地球にやってきた。
下半身と上半身を切り離すことができたり、他の生物へ寄生して「殻」とする能力もあったりと、人間とはかなり異なる知的生命体。
彼が幻覚を見せるために使うマンドレイクも本来地球上には存在しない植物である。



D・オリジン(オルガ・フロウ)第一形態

出典:オリジナル(ファンタシースターオンライン)
登場作品:GⅡ版

  • ファンタシースターオンライン
パイオニア2到着より以前に覚醒直後のダークファルスと戦い、辛くも勝利を収めたヒースクリフ=フロウウェンだったが、戦いで負った傷にD因子が感染してエネミー化が始まる。
この事件がきっかけで元よりパイオニア計画に懐疑的だったフロウウェンはついに確信し、「パイオニア計画の完全中止」を条件にガルダ=バルのラボに「実験体」としてその身を捧げたが、オスト博士の計略により計画はそのまま続行され、フロウウェンはそのまま単なる実験材料として隔離されてしまう。
その後、フロウウェンが倒したダークファルスの幼体〈プロト・ファルス〉の肉体に、傷口からD細胞の浸食の進んだフロウウェン自身とパイオニア1に搭載されていた3つの超高性能AIの1つである「オル・ガ」が埋め込まれ、事実上の人工ダークファルスが誕生する。
しかし高性能AIを持ってしても人工ダークファルスの制御は上手くいかず、暴走したフロウウェンはガル=ダ=バル地下深くの廃棄場に放棄されてしまった。
この結果に悲嘆したオスト博士は、別進行させていた繭計画も放棄し、少数の研究者を引き連れて失踪する(制御塔管理者デルタ談)。
それでもフロウウェンは驚異的な生命力で生き続け、ダークファルスがレッドリング・リコに取り付いて完全覚醒したのに共振して、ガル=ダ=バル島の人間を吸収し、フロウウェンはもう一つのダークファルスとして完成され、同時に自我はほとんど失われてしまった。
しかし極わずかに残った最後の理性でパイオニア2に連絡を送り、自らと、その元凶を討てる「到来者」を待つ。が、彼の意思とは関係なく、廃棄場に到達したハンターズに巨剣を振り下ろし命を狙ってくる。
ボスとしては第一形態は自由落下するエレベータ内部での戦いであり、剣による攻撃、波動砲(多段ヒットの危険あり)、拡散ビーム攻撃(一定期間、広範囲のビームを発射する攻撃であり、ヒットするとなかなか逃げられずHPが徐々に削られる)などの攻撃がある。
基本的に近くによってきてくれないと攻撃ができないため、ハンターであってもハンドガンやマシンガンなどの遠距離攻撃武器を所持していることが望ましい。

  • GⅡ版


D・オリジン(オルガ・フロウ)第二形態

出典:オリジナル(ファンタシースターオンライン)
登場作品:GⅡ版

  • ファンタシースターオンライン
第二形態はエレベータが落下した最深部での戦いであり、踏みつぶし、剣による波動攻撃、天罰攻撃、憑依攻撃などがある。第一形態とは違い、接近戦も可能であるが、天罰攻撃など強力な攻撃もしてくるので注意されたい。
難易度ハード以上のオルガ・フロウの攻撃パターンの一つに、プレイヤーに憑依し自身が受けたダメージを反射する攻撃があるが、その時狙われているキャラの外見がフロウウェンになる。
この憑依攻撃ではダークファルスと違い、弱点(4属性またはテクニック)を突けば憑依中であってもダメージを与えられるものの、逆に弱点を突かないと憑依されたプレイヤーにしかダメージが与えられない。
弱点の属性についてはその弱点の属性が武器にたとえ5%でもついていればダメージを与えられるため、複数の属性がついた武器を幾つか持っていくのが良いだろう。
とくに天罰攻撃は極めて強力であり、オンラインアルティメットでは直撃すればHPが最強のキャラですら耐えることができないほどである。
これはオルガフロウから距離が離れるほどダメージが弱くなるため天罰攻撃の前兆がみられたらただちに周囲から避難する必要がある。
なお、スペシャルウェポンである「赤の~」武器で最後の一撃を与えると、その後のイベントで、一瞬だけフロウウェンの姿を見ることができる。
また、倒した際に上空から剣が落ちて地面に突き刺さるシーンがあり、これにプレイヤーキャラクターが刺さると激レアアイテムが手に入るという都市伝説的な噂が広まったが、実際はとくに何も起こらない。
また、オルガフロウのコンセプトは巨大なデルセイバーである。

  • GⅡ版