ヴェルデューゴ

出典:バイオハザード4
登場作品:GⅡ版

  • 原作BIOHAZARD
プラーガの応用実験の成功例。
劇中では、赤のローブと黒のローブの2体がサラザールの側近として登場し、赤はサラザール曰く「私の右腕」。
走っているレオンに瞬く間に追いつく程の俊敏性の他に、高い柔軟性を兼ね備えた硬質の外皮を持ち、耐久力は敵の中でもトップクラスである。
天井裏や床下のわずかな隙間に入り込み鋭利な爪や尻尾で攻撃を仕掛けてくる。
冷気が弱点で、液体窒素で凍結させた最中では(焼夷手榴弾以外の攻撃は)与ダメージ量が3倍になる。
倒す必要は無いが、撃破すると高価なアイテムを入手できる。
指を振って挑発したり、攻撃を受けて怯んだ後に肩をすくめる仕草を見せることもある。
赤いローブを纏った個体はレオンへの刺客として派遣され、もう片方の黒いローブ個体は主人と共にプラーガの母体に吸収された。
名前はスペイン語で「執行人」を意味する。

  • GⅡ版
バイオハザード4に登場するクリーチャー。冷気を苦手とする。