※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ムスカ

出典:天空の城ラピュタ
登場作品:新訳、最終闘

  • 原作天空の城ラピュタ
本名はロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ(ラテン文字表記:Romuska Palo Ur Laputa)。

シータと同様にラピュタ王家の末裔であるが、ムスカはラピュタの力を手中に収めてラピュタの王として世界に君臨することに野心を燃やす。
シータと違って最初からラピュタのことを知っており、ラピュタの伝承を書き写した手帳を所有していた。
茶色の髪に金色の瞳という容姿で、視力は低く、度の入ったサングラスをかけている。

軍のラピュタ探索の指揮官で将軍でもあるモウロは、シータを拷問にかけてラピュタの秘密を吐かせようと考えていた。
ムスカはモウロ将軍とは異なり、最初から手荒なことはしない態度を見せるが、その本性は己の目的のためには手段を選ばず、味方を裏切る、他者の命を奪うなども平気という冷酷無比な性格である。

教養は高く、旧約聖書やラーマヤーナに通じており、ラピュタ文字を解読できる。
射撃の腕も優れており、暗闇の中、大きく離れた距離からシータのツインテール、しかも結び目のみを両方とも片手で撃ち抜き、中折れ式リボルバー(エンフィールド・リボルバー)の再装填をわずか3秒で完了させる。
パズーに対して、ドーラが渡した"大砲"と勝負することを持ちかけるなど、射撃の腕には絶対的な自信を持っている。
また、ムスカが作中で使用している38口径のエンフィールド・リボルバーは監督の宮崎駿の好む銃であり、後に制作した『紅の豚』や『ハウルの動く城』にも登場している。

年齢は、1986年8月のアニメージュによると28歳。ロマンアルバムのキャラクター覚書では、32歳と紹介されている。

  • 新訳
アナザーシナリオクリア後のエピローグにて、端役としてカメオ出演している。
続編を匂わす内容の中、新たな敵組織の幹部として強い存在感を放っていた。

  • 最終闘
ステージ1のボスとして登場。
ボス……という割には動きも遅く、 セクハラ攻撃 体当たりしか攻撃方法を持っていない。はっきりいって、ただの 変ta(ry 雑魚。
同封の説明書に至っては、「実は長い本名を持っている大佐。だが、それだけだ。」という、酷い言われよう。
これには、流石の大佐もご立腹である。 「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」
大佐の名誉の為に言っておくが、上記の通り原作では中折れ式リボルバーを愛用していた銃の名手である。