ゾル大佐

出典:仮面ライダー
登場作品:新訳、最終闘

  • 原作仮面ライダー
ショッカー中近東支部より日本に派遣されたショッカー日本支部初代大幹部。地獄サンダー曰く「ショッカーの最高の実力者」と言われている。
若き日はドイツ国防軍所属ではあったが、気質的には武装親衛隊の構成員に近い。
彼らにシンパシーを感じたらしく、殺人を楽しむ残忍な性格である反面、部下の服装の乱れを叱責するなど軍人然とした生真面目さも併せ持つ。
軍服は紺色とカーキ色の2種類を着用していた。武器は右手に持つ電磁鞭。

自ら変装して敵を攪乱する行動力や、子どもを洗脳して作戦に利用するなどの謀略的な作戦を得意とする一方、大規模な破壊作戦も数多く行った。
最後は人間を人狼化するウルフビールスを使った狼作戦に失敗して配下の中堅幹部を全滅させられてしまい、
改造人間・狼男(黄金狼男)としての正体を現してライダー2号と対戦。
指先から発射する弾丸を武器に、肉弾戦でも互角の攻防を展開するが、空中からのライダーパンチを受けて爆死した。

フルネームは「バカラシン・イイノデビッチ・ゾル」。
ドイツ人でライプツィヒ市生まれの、優秀な元ナチス党員であった。

第二次世界大戦中はアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の管理人をしていた経歴を持つ。
その時期に処刑場から漏れたガスで左目を失明したため、アイパッチはそれから使用している。終戦後ショッカー首領に招かれた。
第三帝国崩壊と同時に戦犯となったが、軍服と階級はショッカーに入ってからも使用している。
常に右手に携えてる鞭は、元はアドルフ・ヒトラーからもらったもので、電撃を出すことで改造人間さえも殺す威力がある。
また、無線発信器も付いていて、伸ばすことで怪人たちに指令を与える指揮棒としても使え、さらには狼男になる変身スイッチも取り付けられていた。
中近東支部長時代は、かの地を憎悪と破壊の坩堝たらしめ、ショッカーの理想郷のひとつを築き上げた。

後に『スカイライダー』にネオショッカー大幹部として登場するゼネラルモンスターは、ナチス・ドイツ軍時代にはゾル大佐の連隊所属であった。
他に狼作戦時に各国から招聘した中堅幹部もほとんどがナチス時代の直属の部下である。

  • 新訳


  • 最終闘



黄金狼男

出典:仮面ライダー
登場作品:新訳、最終闘

  • 原作仮面ライダー
ゾル大佐の正体。体内でウルフビールスを生成し、噛みついた人間を狼男実験体に変える能力を持つ。
このウルフビールスを利用し、人間を狼男に変え街を襲撃させる狼作戦を計画したが、
一文字隼人滝和也の妨害により失敗して配下の中堅幹部を全滅させられてしまった。
追い詰められたゾル大佐は改造人間・狼男(黄金狼男)としての正体を現して仮面ライダー2号と死闘を繰り広げる。
指先から発射する弾丸を武器に、肉弾戦でも互角の攻防を展開し仮面ライダー2号を苦しめたが、空中からのライダーパンチを受けて爆死した。

  • 新訳
アナザーシナリオクリア後のエピローグにて登場。
ドラゾンビを首魁とする、新たな敵組織の大幹部となっているようだ。

  • 最終闘
配下の戦闘員たちと共に参戦。ヒーローマシンを盗んで改造し、一連の騒動を引き起こした張本人。
しかし、その裏には彼らに入れ知恵をして、影から操っていた真の黒幕がいたようだ……。



ティンダロス

出典:オリジナル
登場作品:新訳、最終闘

  • 新訳
「おとのへや」に登場した際に話しかけると、選択肢次第でこの形態に変身する。

  • 最終闘
ナゾの秘密結社Sの大幹部がT-ウィルスにより変身した姿。爪から放たれているミサイルは、
この大幹部が怪人体の時から備えているもので、ウィルスによって生じたものではないらしい。