リッカー

出典:バイオハザード2
登場作品:本家のび太のBIOHAZARD2

  • 原作BIOHAZARD
ゾンビが食物(人肉)を摂取し続け生き延びた結果、さらなる突然変異を起こして生まれたクリーチャー。
新たに筋肉組織が形成され、身体能力が向上している。また、骨格が変形して四足歩行となり、ヤモリのように壁や天井に張りつくことが可能となった。
脳髄が露出して眼窩部分までせり出したために視覚を失っているが、その代わりに発達した聴覚で獲物の位置を探り出し、巨大な爪と長く伸びる舌を槍のように突き出して攻撃する。
そういった要素からも主人公の脅威となるが、接近時以外は足音を立てないように小刻みに歩いていれば気づかれにくい。
名前は「舐める者」という意味で、長い舌を見たR.P.D.署員が名付けたもの。
研究所では、身体が赤黒く変色して爪が更に大きくなり、体力の増した「リッカー改」が出現する。

  • 本家のび太のBIOHAZARD2
原作の動作がとてもよく再現されており、天井に上る動作や舌による攻撃も完全再現されている。
原作と唯一異なることは、即死攻撃が追加された点。
天井から舌で釣り上げられた場合、方向キーを連打して振りほどかないとゲームオーバーとなる。
なお、この際振りほどくために必要な連打数は現在HPにより変化し、HPが100~51だと10回、HPが50~21だと20回、HPが20~1だと50回となる。
HPが20以下の場合は、人力の連打では実質回避不可能だろう。



リッカー改

出典:バイオハザード2
登場作品:本家のび太のBIOHAZARD2

  • 原作BIOHAZARD
ゾンビ改がリッカーへと変異したもの。
体色、爪の大きさ、耐久性などが通常のリッカーとは異なる。

  • 本家のび太のBIOHAZARD2
研究所のみに出現することを含め、原作に忠実である。
こちらにも即死技が追加されているが、リッカーと同様なので詳しい解説は割愛する。



サスペンデッド

出典:バイオハザード アウトブレイク
登場作品:無理のないバイオⅢ

  • 原作BIOHAZARD
「獄炎」シナリオのボスクリーチャー。人間の姿を完全に失わずに進化したリッカーの亜種。
通常のリッカーと違い眼球が残っており、腹部が割れ、内臓が見えている(但し、腹部が攻撃方向とは逆なのであまり見えない)。
リッカーより優れた能力を持つ。発達した下半身で天井からぶら下がっているためその場から動かないが、
舌による攻撃はリッカーよりも強力な攻撃を多く持つ。攻撃力は高いが移動できないため、
安全地帯を見つければさほど苦戦せずに倒せる。因みに「Suspended」の意味は「吊るす」。

  • 無理のないバイオⅢ
原作バイオと異なり、護衛がキメラに変更されている。
キメラの攻撃を回避しながらサスペンデッドを攻撃するのは難しいが、
部屋の左上の壁にある照明のスイッチを押すことで、一定時間キメラを撹乱できる。
実は、倒さなくても真下を強行突破できたりもする。



堀 大樹

出展:オリジナル
登場作品:Arrange mode版

  • Arrange mode版
アンブレラ社員であった堀 大樹が人体実験によりゾンビとリッカーの中間状態に変異したもの。(ゾンビが十分な栄養を摂取した結果変異するのがリッカーである)
元々は研究所で保管されていたが、バイオハザードの発生で拘束が解かれ、ダクトや天井裏を移動しながら聖奈を追いかけ回していた。
恋人のと勘違いしたのか、ただのストーカーだったのかは本人に聞いてみないことには分からない。
しかし、即死技で聖奈を人気のない場所へ連れ去るあたりは(検閲削除)
硬質化した舌は敵を貫くことばかりか、移動のために物を掴んだり、また敵の攻撃を弾き落としたりと攻防一体の武器となっている。
しかし、銃弾すら舌で弾き落とすのは完全変異したリッカーでも報告例がなく、この形態に変異したものなら必ず使える固有能力なのかは疑わしい。
もしかするとベースの堀 大樹が卓越した舌技を持っていたのかもしれない。
そしてその舌技で夜な夜な鈴さんを悦ばせ(再び検閲削除)
一途な鈴に比べると変態疑惑が払拭できない敵である。
戦闘の時は斜めからでも背後が狙えるショットガンを使えば多少は楽になる。
モデルは『Left 4 Dead』に登場する特殊感染者スモーカーとのこと。