アシュリー・グラハム

出典:バイオハザード4
登場作品:Insanity Destiny

  • 原作BIOHAZARD
年齢:20歳『4』(2004年当時)声:キャロリン・ローレンス『4』に登場するアメリカ合衆国大統領グラハムの娘。
マサチューセッツ州にある大学へ通う学生だったが、ある日の帰宅途中、ジャック・クラウザー率いるロス・イルミナドス教の集団によって拉致されてしまい、ヨーロッパの山奥での目撃情報から、レオンが現地へ派遣されることとなる。
ロス・イルミナドス教によってプラーガに寄生させられ、村落の教会に拉致されていたが、レオンに救助される。
しかし、ロス・イルミナドス教からも重要視されているため、再び拉致されてはレオンに救助されることが繰り返されてしまう。
レオンより先にプラーガに寄生されたために症状の進行は彼よりも早く、一時はサドラーに操られてしまうほど悪化したが、最後はレオンと共に体内のプラーガを除去し、ようやく脱出に成功した。
ルイス・セラに「巨乳」と評されるなど、童顔に抜群のプロポーションの持ち主。
明るくも我侭で勝気なところがあるが、レオンの指示でゴミ箱に隠れることも辞さないことから柔軟性はある模様で、かなり活動的であるゆえに危機に直面しても自力で突破口を探してレオンの危機を救い、彼と共に困難を乗り越えていく。
また、常に身を挺して自分を守ってくれるレオンには次第に女性として惹かれていく。
そのため、後にレオンとオズムンド・サドラーの戦闘中に目撃したエイダ・ウォンについては、脱出後に「あの女の人は誰?」とレオンを問い詰めている。
PS2版以降に追加された隠しコスチューム2は西洋風の甲冑であり、あらゆる攻撃を防ぐ(レオンからの銃撃も防ぐ)無敵ぶりを誇る。

  • Insanity Destiny
本作はバイオハザード4のシナリオをプロットにしているため、大まかな設定はバイオ4のものに準ずる。
ただし原作とは異なり、武器を使って戦うことができる。
使用できる武器はハンドガンのみで火力は控えめでが、スキル「応急処置」により回復が可能。
誤解されがちだが、スキル「緊急回避」は使用後にキャラを変更しても効果が持続する。