徳田 志穂

出典:オリジナル
登場作品:新訳版、最終闘、迷宮大消毒

  • 新訳版
生殖能力を持ったハンターの両親から偶然生まれた、人の姿をしたハンターの娘。歌うことが好き。
腰につているベルトは大切なもので、外したくないらしい。
自分で自分の爪を引っこ抜こうとするなど、少し というかかなり 天然なところがある。
「ウルトラ志穂ちゃんED」及び「残影爪舞十六連」なるいかにも 厨二臭い な名前の技を覚えているが、実際に使うことはできないためどんな技かは不明。

「ツーヤク」及び、パスワード「おとのへや」で登場。
本編ではイベント発生マスをナイフでスルーしようとした際、警告メッセージと共に登場するのみで、シナリオには一切関与しない。
2週目相当難易度のエンディング後にある楽屋にも登場し、彼女の歌声を聞くことができる。
パスワード入力でいける音の部屋では、彼女が操作キャラとなっている。

元々は、かつて厨房スレで企画されていたリレー作品に登場させるため作られたキャラクター。
原作バイオハザード2のシェリー・バーキンに相当するキャラというのが当初のコンセプトだった。
しかしリレー第一走者の技術や対応が悪く、そもそもリレーという企画自体が非効率だという流れになり、企画自体はお蔵入りになってしまった。
口癖の「ふにゅう」や、歌うことが好き、髪が青いこと、ハンターの娘であるという基本的な設定は同じだったものの、当時は専用のキャラクターグラフィックはなく、フェイスセットも今とは異なっていた。

  • 最終闘、迷宮大消毒
これらの作品でも「ツーヤク」として登場。
ルールの説明や、スコアを0にする代わりに残機の回復などをしてくれる。
因みに、内部データ上はプレイヤーキャラクター一覧に彼女の名前もあるが、アクションイベントは組まれていないため何らかの手段で操作キャラにしても、実際に戦うことはできない。