ゼロ

出典:ロックマンXシリーズ、ロックマンゼロシリーズ、ロックマンゼクスシリーズ
登場作品:新訳版、最終闘、迷宮大消毒

  • 原作ロックマンシリーズ
『ロックマンゼロシリーズ』(以下『ゼロシリーズ』)の主人公。同時に、『ロックマンXシリーズ』(以下『Xシリーズ』)の副主人公でもある。
『ZERO』の名は、数字の"0"に由来し、『ゼロシリーズ』の各作品のキャッチコピーも由来に因んだ物にされている。

『Xシリーズ』『ゼロシリーズ』の未来に相当する『ロックマンゼクスシリーズ』にも、姿や設定、名称を変えて登場している。

なお、名前の由来は『ストライダー飛竜』の登場キャラクター・ソロであると、クリエイターの稲船敬二がイベントにて語っている。
「赤い塗装のロックマンと似たロボット」という点では初代『ロックマンシリーズ』に登場したブルースと共通しており、『Xシリーズ』でゼロの声を演じる置鮎龍太郎はブルースの声も演じた事がある。

なお、パラレルワールド的存在として『ロックマンエグゼシリーズ』にも登場している。

  • 新訳版
26世紀(と推定される時代)の戦闘型ロボット。
シグマのような凶悪犯罪を行うロボットを取り締まる任務についている。

原作を知っている人のために付け加えておくと、恐らくはX6~X7の間のゼロと思われる。
つまり、親友のエックスは ひきこもり 主役降板中。

宿敵であるシグマが22世紀へ渡航したため、これを追うため彼も22世紀へ現れる。
そこで知り合ったドラミや、のび太達と力を合わせ、シグマの野望に立ち向かう。

なお、本作において彼自身は終始未来から通信してくるという形で、現代には来ていない。
このため全編通してフェイスセットとピクチャ表示のみの登場で、歩行グラフィックは用意されていなかった。

  • 最終闘、迷宮大消毒
まさかのプレイヤーキャラとして参戦。
これに伴い、専用の歩行グラフィックも用意された。