CS2→Ver1.10変更点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


CS2からVer1.10での変更点まとめ


システム


バリアガード

離れる距離が増えた。

カウンターアサルト

使用すると最大プライマ数が1減少するようになった。

通常技


5A


2A


6A


5B

体感リーチが短くなったような気がするけど気のせいかもしれない

2B

判定弱く?

6B


5C

発生12F 硬直1F増加 攻撃レベル3 計 硬直差-6

2C

ノックバック減少。バリア直ガ用の調整っぽい。攻撃レベル3。有利F減少。

6C

浮かない。1段目低い位置で空中ヒットすると2段目が当たらない。2段目の受け身不能時間10F減少。運べなくなった。

3C

ガード時ノックバック減少。つまりガード時さらにピンチになった。攻撃レベル3

JA


JB

横にリーチが伸びたらしいけどエフェクトも伸びた?

JC


投げ


チェーンリボルバー


5D

無敵時間5Fから

6D

無敵時間3~21Fの模様

4D

頭体属性無敵に変更。ただし無敵時間は短くなった。

2D

足属性無敵追加。補正悪く。

5A


6A


5B

中央空中ヒット時あまり吹っ飛ばなくなった

6B

発生24くらい。受け身不能時間減少。

5C

必殺技キャンセルの猶予が減ったのでディレイフェンリルができなくなった。

6C


JD

空対空に使えるように。おそらくは上に判定が厚くなった。受身不能時間増加。弾属性無敵

J4D

動作がやや遅く。着地寸前に出せば前と同じスピードで出せる。

派生6D

その場で下段蹴り。新モーションに見えないこともない。こちらは非常に発生遅い。受け身不能時間減少。

必殺技


オプティックバレル

手前の判定なくなり、先の判定が伸びた?

マズルフリッター

チェーンリボルバーから派生不可。

リボルバーブラスト


フラッシュハイダー


ブルームトリガー

受け身不能時間かなり減少。スライドダウン中に受け身取れるため、起き攻めの機会が減った。

アサルトスルー

端バウンド追加。GP削り削除。

スプリングレイド

中央追撃可。受け身不能時間減少。

フェンリル

最終段の硬直増。

バレットレイン(トール)


ヴァルキリーベイル(アストラルヒート)