vsタオカカ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最重要事項

  • 自分から攻め込んでリスクを背負う事は避けたい。 基本待って地上戦に持ち込みたい 。我慢できずに飛んだほうが迎撃される。
  • タオカカの固め中はバリガで距離を離すこと優先。暴れたりバクステすると相手の攻撃が刺さる。
  • ノエルの売りである 空対空で簡単に勝つことが出来ない 相手。置きJCの強さはガチ。
  • 地上戦で一番気をつけるのはタオの5Cと6C。しかし姿勢も低く発生が速い2A・2B、判定がやたらと強く不利Fもあまりない5B、下段避けの6Bも油断できない。
  • おまけにダッシュが速いのも厄介。

立ち回りの注意点

  • タオ置きJCが強いのでこちらのリーチ外では空で技振らない。届く距離で JA使って発生勝ち狙い
  • タイミングが合えば6A対空も可能だが、タオカカはとにかく速い。6Aも頭に残しつつ6Cを対空、牽制で使うほうが無難。
  • 上記の行動+狙えるときは空投げ対空。
  • 距離が離れている(ジャンプにタオJAを差し込まれない位置)での立ち回りになった場合はJA、JB牽制も有効。相手の突撃を抑制できる。
  • タオカカの 猫歩きには姿勢が低すぎるせいでほとんどジャンプ攻撃が当たらない 。猫歩きにはJDが有効。ただしあちらの2Dには負けてフルコンもらう。

攻勢時の注意点

  • なかなか捕まえることが出来ないので捕まえたらなるべくターンを持続させたい。
  • 5A固めから各種技を駆使して全力崩しに行っていい。相手2Aの発生が早く暴れてくるのできちんと暴れつぶしも織り交ぜる。2A多用には2Dでわからせる。
  • 5C>jcでの固め継続も結構有効。

防勢時の注意点

  • タオカカ5Aはしゃがみ状態に当たらないので基本しゃがみバリガ安定。
  • 連携中にバクステは控える 。相手の6Cが刺さってフルコン貰う。
  • 爪は直ガすれば6C割り込み可能。意外と簡単なのですぐになれることが出来るはず。
  • 5C>6Cの連携に5Dで直ガ無しで割り込める。
  • ダンシングエッジを駆使して崩そうとしてくる。中段の発生は遅いから、落ち着いていれば連携・崩しが見えるはず。

その他・ネタ

  • タオカカは3段ジャンプ可能 。知らないと対空をずらされたり予想外のことがあるので知識として頭に入れておく。