vsノエル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最重要事項

  • 相手と自分の考えていることは似ている。 情報量と技量がモロに出る と思う。
  • 普段自分が頼っている技に注意。自分が頼っているということはそれだけ優秀な技ということ。特に対空6A、6Cは強い。
  • 技の性能がまったく同じなので基本的には読み合い勝負。要するにジャンケンゲー。

立ち回りでの注意点

  • 立ち回りは2B・2Dが軸 。2Bは基本2D以外の通常技に勝てる。2Dは、ノエルが普通に地上で牽制しながら2Dも潰すという行動があまりできないので有効。
  • 2Dには合い討ちすることもあるがダッシュしながら6A・6Cが比較的勝ちやすい。ただしこの選択肢は2Bに負けやすい。
  • 2Dは確かに強力だが、ガードされるとその後の分が悪い。一応28D、各種チェーン、何もしないという選択肢もあるので、ガードさせてしまった後の行動に的を絞らせないように。
  • 2D読み昇りJAも有効だが、6A・6Cに負ける。
  • 飛込みに対して対空6A、6Cは確かに強力だが、バレットレイン、JDなどがあるので結構ハイリスク。正面からの対空だけでなく、ダッシュなどを使い空中の相手の後ろから対空することも混ぜる。
  • また、JCに6Cは相殺>残りヒットで勝てないので JCには6Aで対空
  • 空対空は飛んでいる相手に昇りJAで差し込む感じでやると勝ちやすい。置きJCにはやられるかも。
  • JAを連打してとにかく引っ掛けようとする相手には、わざと空中でガードし、直ガから空中投げ。
  • 自分から飛び込むときはバリアを張って直ガを狙っておくと、6C対空は2段目がすかせ、6A>6C入れ込み対空も同様にすかせる。(逆に自分が対空するときも言えるので注意。)

攻勢時の注意点

順番逆だけど、↓の防勢時の注意の真逆のことが言える。

防勢時の注意点

  • 5A連打での固めに対しては直ガ必須 。直ガしてダッシュ等にきちんと割り込もう。
  • 各種崩しは連続ガードじゃないので読みきれば暴れ可能 。暴れつぶしとの読み合いになるのは言うまでもない。
  • 6A>6C 5B>5C 5B>6Bの連携にははCAすると反撃可能。ただし5Bからは2Cにつなげられると反撃できない。
  • JDガード後は着地するまでに6Cで拾うのが確実。
  • チェーンガード後は6C割り込みが一番無難。レイド、アサルトはやられるが、レイド多用する人ならレイドを読んでガード>反確。
  • オプティックでの固め継続は反応して3Cを差し込みたい。

その他・ネタ

  • ぶっぱバレットレインは低空で出すのがいい。入力方法2362369Dまたはレバー一回点半D。
  • バーストポイント:ブルーム1の最中6Bが入るまでに、ハイダー、(コンボ中の)3C、6Cループ中(確定で・はないが比較的当てやすい)。
  • バーストは5Dですかせたりする。