隼機関













隼掲示板

◇過去ログ (No.2)up









@wiki









メニュー



リンク




更新履歴


取得中です。

■従軍慰安婦関連時系列資料


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

以下は、http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/4028/1188636339/から引用

 

従軍慰安婦関連時系列資料

1 :名無しさん  2007/09/01(土) 17:45:39  
従軍慰安婦問題時系列(作成2007年8月31日)

〜軍による「軍の方針としての」計画的・組織的な女性の拉致が「従軍慰安婦問題」とされた期間〜

・元毎日新聞記者 「千田夏光」 が「従軍慰安婦」という言葉を創造、1973年「従軍慰安婦」を出版、この時
点では20万人の「女子挺身隊のうち7〜8万が従軍慰安婦だった」との記述。
明確なソースは存在せず、元となったと思われる「挺身隊の記事」は韓国に存在
該当記事は『ソウル新聞』1970年8月14日付(挺身隊が売春活動をしていたとの記述は無し)
ソウル新聞の記述では「女子挺身隊20万のうち7〜8万人が朝鮮人」と記載されているが、その数字を裏
付ける資料も無し。
千田以前に、挺身隊=慰安婦(性奴隷)とした記録一切無し
※1

・1982年 6月 「吉田清治(本名・吉田雄兎)」が大阪で講演
政府方針として朝鮮人奴隷狩りをしたと嘘の告白(「私は朝鮮人慰安婦を徴用した」)

・1983年 吉田清治が自著「私の戦争犯罪」にて「済州島で慰安婦狩りをした」と記載
吉田の著書により、「従軍慰安婦は20万人だった」“ということ”になる
吉田は後に千田の著書をヒントにしたと証言している 

・1989年ハングル版出版、と同時に大分県の主婦「青柳敦子」 が韓国で「訴訟費用は負担します」と
ビラ配り(青柳敦子は当初何の成果も挙げられず、後に韓国太平洋戦争犠牲者遺族会からの協力)
韓国太平洋戦争犠牲者遺族会は1972年、千田の著書の前年結成の団体、結成からこの年までの17年
間この団体が「従軍慰安婦」を扱った痕跡無し。

・驚いた済州島で、地元紙「済州新聞」が綿密な取材を敢行、1989年8月14日に『「私の戦争犯罪」は捏造』と報道
※2

(これで一旦終息、2年の空白が流れる)

・1991年8月11日、朝日新聞 が、「元慰安婦に聞き取り調査開始」と報道(いわゆる「慰安
婦捏造キャンペーン」開始)
記者は「韓国太平洋戦争犠牲者遺族会」理事の娘(粱順任)と結婚していた 「植村隆」 。
「青柳敦子」 が連れてきた「元慰安婦」は 「金学順(キム・ハクスン)」 。この後に東京地裁に提訴、訴状には
「親に売られた」と記述
(ここまで朝日は、常に韓国を『軍事独裁国家』と呼んで蔑んでいた)
この後次々と「従軍慰安婦だった」と名乗る人物が現れる。
※3

・1992年1月11日、 「朝日新聞」朝刊 が「慰安所 軍関与示す資料」と、中央大学教授「吉見義明」の
記事を報道。
目的は数日後の宮沢首相の韓国訪問に狙いを定めての、従軍慰安婦問題キャンペーン強化記事

・1月16日 当時の内閣総理大臣「宮沢喜一」 訪韓、朝日新聞の狙い通り何の検証もなしにいきなり謝罪
※4

続く

 

2 :名無しさん  2007/09/01(土) 17:46:29  
続き


・1月23日、またしても「朝日新聞」 が、夕刊コラムで「吉田清治」 の「私の戦争犯罪」を紹介

・5月、慰安婦の文玉珠(ムン・オクジュ当時68歳)が「預金した貯金を返せ」と日本の郵便局に訴える、原
簿を見ると12回の貯金で26145円(当時の金額)があった事が判明。
文玉珠が2年で貯めた金額は、現在の通貨の価値で約100万米ドルもの額。

・6〜7月、正論8月号&諸君7,8月号にて、秦郁彦氏が 「吉田清治」 の捏造を看破、騒動が急速に沈静化

(が、朝日新聞「慰安婦捏造キャンペーン」に韓国内で反日爆発、これを機に朝日を『良心勢力』と呼ぶようになる)

・1993年8月4日、河野談話発表
同日、これにあわせてNHK教育が捏造番組『50年目の"従軍慰安婦"』を放映。「ナヌムの家」を紹介。

・1996年2月6日、国連「クマラスワミ報告書」提出、評価基準は最下の"take note"(留意)
クマラスワミ報告書には、吉田清治証言が「真実」として記載。
中学歴史教科書検定、河野談話をもとに、全ての歴史教科書に「慰安婦」が記述される。

・1997年1月3日、テレビ朝日の討論番組『朝まで生テレビ』で 「吉見義明」 が「強制連行及び挺身隊が
慰安婦にさせられた例は未確認」と自白。
吉見教授のその後の主張
「一般には、強制連行というと人狩りの場合しか想定しない日本人が多いが、これは狭義の強制連行で
あり、詐欺などを含む広義の強制連行の問題をも深刻に考えてしかるべきであろう」

〜これ以後従軍慰安婦の定義の改変が行われ論点のすり替えが始まる〜

1月30日、参議院予算委員会の片山虎之助議員と平林博政府委員の答弁において、河野談話には何ら
客観的に軍による組織的強制性を証明するものがなく、「証言のみ」で談話を発表したとの事実が発覚。
証言を「聞いただけ」で、事実関係の検証は殆どされていない事も判明。

続く

 

3 :名無しさん  2007/09/01(土) 17:47:07  
続き

3月、 「朝日新聞」 が「強制連行がなかったとしても、強制性があったのは明らか」と報道、「吉田清治」
証言を事実上否定。
3月、ジャーナリストの櫻井よしこ氏の取材に対し、河野談話当時官房副長官だった石原信雄氏は。
日本政府が集めた約230点の資料の中には、日本の軍や警察による強制連行を示す証拠はなく、談話
発表の直前に韓国政府の要請で行った、韓国人元慰安婦16人からの聞き取り調査のみに基き、軍によ
る女性の連行を認めたと証言。

12月15日「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求裁判」口頭弁論で、
「吉見義明」 が「女性に対する性暴力」発言、担当は当時弁護士だった 「福島瑞穂」(現社民党党首)
この頃から、「広義の強制連行」という言葉が使われ始める

〜詐欺や誘拐を「誰が」行ったのか、その時その時で定義や主張が混在し曖昧になり始める〜

・2000年、VAWW-NETジャパン及び朝鮮総連による「女性国際戦犯法廷」。
従軍慰安婦での女性への人権侵害について、日本軍と昭和天皇を裁くという主旨。
国際女性戦犯法廷とは、オランダーのハーグで、北朝鮮系の団体と北朝鮮と密接な関係のある関連団
体が、「裁判ごっこ」を行っただけのもの。
当然ハーグの国際司法裁判所とは何の関係もない。 
検事役 北朝鮮工作員 黄虎男 (ファン・ホナム)
検事役 北朝鮮工作員 鄭南用 (チョン・アミョン)

・2001年、「金学順」 東京地裁で敗訴(判決前に既に死亡)、控訴&上告、2004年最高裁にて棄却

・2001〜2004年、この間、朝鮮系自称従軍慰安婦の証言の矛盾が次々と発覚
時期を同じくして、日本共産党が支那系の自称従軍安婦を次々と「みつけて」てくる。
日本国内では「軍による(軍の命令としての)組織的強要」という主張は、様々な検証によって消滅、
しかし、韓国やアメリカでは「軍による組織的強制」という話が独り歩き。

・2005年、NHK番組改編問題発生、安倍議員と中川議員がNHKの女性国際戦犯法廷ドキュメント放送に関
し、NHKに圧力をかけて改変させたと告発を朝日新聞が行う。
テレビ朝日「報道ステーション」にて、出演した安倍幹事長(当時)が、女性国際戦犯法廷に日本政府が
公式に「工作員」認定した北朝鮮籍の人物が参加していた事を指摘。
VAWW-NETジャパンと北朝鮮の繋がりが次々と発覚。
番組を作成したNHK関連子会社と北朝鮮との関係も発覚。
後に安部・中側両議院による圧力は無かった事が判明、この件を告発した朝日新聞は事実上の逃亡。
※5

・2007年、マイク・ホンダらによる米国下院決議

現在、当初「軍による組織的強制」という話だった事件が、なぜか「日本軍の管理責任」に論点を逸らされ、
更に軍の犯罪なのか民間の犯罪なのかも曖昧にされたまま、「従軍慰安婦(性奴隷)」という言葉のみが明
確な定義も無く独り歩きしている。 
「広義の強制連行」とは何なのか、未だこれのはっきりした定義は存在しない。

続く

 

4 :名無しさん  2007/09/01(土) 17:47:56  
続き

※1 女子挺身隊が創設されたのは1943年9月。
しかし、これは何ら法的根拠に基づくものではなく、婦人団体が任意的に組織したのに過ぎない。
法律による女子勤労挺身隊の動員は1944年8月23日以降。
設立目的は戦争による労働者不足の解消であり、売春を斡旋していたとの記録無し。
勿論朝鮮人限定の制度では無く、「当時の日本領(日本・台湾・朝鮮)」全てでの募集。


※2 この本に記述されている城山浦の貝ボタン工場で15〜16人を強制徴発したり、法環里の村で行われ
た慰安婦狩りの話を証言する人たちはいない。
島民達は「出鱈目だ」と言い、この著述の信憑性を疑っている。
城山浦のチョン・オクタン(85歳の女性・当時)は「250軒の村で、15人も徴用したとすれば大事件で
あるが、当時はそんな事実はなかった」と語った。
郷土の歴史研究家の金奉玉は「1983年に日本語版が出てから、何年かの追跡調査をした結果、
事実でない事を発見した。この本は日本人の悪徳を示す軽薄な商魂の産物と思われる」と憤慨して
いる。

※3 金学順は14歳のときに父母にキーセン(※)置屋に売られ、その後養父に「儲かるから」と言われ慰
安婦募集に応募したと自分で証言をしている。
この人物は、韓国のマスコミが「日本政府は慰安婦の存在を否定した」との誤報?(日本政府は当
時、軍による組織的連行を否定しただけ)をしたため、自分は慰安婦だったと名乗り出たのであって、
軍による強制を証明したくて出てきたわけではない。
青柳敦子と朝日新聞の植村隆は明らかにこの事実を知っているが、その事実を隠し「軍による組織
的連行の被害者」をでっちあげた。
金学順は韓国政府の公式認定する従軍慰安婦(sex slave)第一号。

キーセン※
朝鮮に伝統的に存在した世襲制の官営売春婦制度。
日本による併合後この制度は「野蛮である」と言う理由で廃止されたが、官営ではなく民営の娼館と
して残った。
現在の韓国でも、キーセンハウスと言えば売春宿の事。
当時は日本でも売春そのものは合法。


続く

 

5 :名無しさん  2007/09/01(土) 17:48:35  
続き

※4 朝日の記事は「慰安所、軍関与示す資料発見、民間任せ政府見解揺らぐ」、資料の詳細は無し。
内容も「部隊に設置指示、募集含め統制・参謀長名で、次官印も」、「謝罪を補償をの声さらに」等々、
露骨にミスリードを誘うものだった。
資料とは「軍慰安所従業婦等募集に関する件」の事。
日本国内や韓国のマスコミにも詳しく報道され、日本政府は慌てふためいて情報の確認、分析や反論
もしないまま、宮沢首相は早々と3日後の記者会見で「軍の関与を認め、お詫びしたい」と発言。

国立公文書館アジア歴史資料センター蔵(ネット公開文書) 
「軍慰安所従業婦等募集に関する件」 レファレンスコードC04120263400
(内容は、軍と警察が違法業者を取り締まるという命令書で、軍による女性の組織的連行と全くの無関係)
未だこの資料は、詳細を伏せられたまま、或いは資料に記載のない憶測を事実であるかのように印象
操作されて「軍による慰安婦狩りへの関与の史料」として使われている。


※5 女性国際戦犯法廷とNHK番組改編問題
問題の詳細
1 番組の制作をNHKエンタープライズ21がNHKから下請け
2 NHKエンタープライズ21のプロデューサーは池田恵理子氏
3 番組は2000年12月に東京で市民団体が開いた 『女性国際戦犯法廷 ※ 』 を素材に企画された
4 市民団体『戦争と女性への暴力・日本ネットワーク ※ 』 も取材に協力
※ 両団体とも、プロデューサーの池田氏が運営委員を務める団体
5 番組は事前に厳選された参加者のみによる模擬裁判形式(しかし弁護人は存在しない)で行わ
れ、判決は、『昭和天皇らは有罪』
6 NHK関係者のリークで当番組の存在を知った中川氏らが、訪ねてきたNHK職員に「公平で客観的
な番組にするよう」意見
7 意見を受けた職員は番組内容をチェック。下請け制作の番組だと考えると、この時点で初めて内
容を確認したと思われる。
8 結局、内容はNHK側で変更。これに対して朝日・社民・民主・TBSが「政治介入」として安倍氏らを
批判

・つまり、『番組のプロデューサーが』 『自分の運営する思想団体を使って』 『反論を許さないプロパガンダ
番組を作り』 『公共の電波を使って全国に放送しようとした』が、中川氏らから内容を知らされたNHKのス
タッフがそれを阻止。

・「女性国際戦犯法廷」に対する冒とくと誹謗中傷を許さない日・朝女性の緊急集会実行委員会は、その電
話番号(03-3816-4344)で検索すると、在日本朝鮮民主女性同盟と同じ。
その在日本朝鮮民主女性同盟は総連の傘下団体であり、同団体の委員長金昭子は総連・中央委員会
副議長兼北朝鮮の国会議員。


続く

 

6 :名無しさん  2007/09/01(土) 17:54:42  
続き

吉田清治
・山口県労務報国会の「動員部長」として従軍慰安婦集めの奴隷狩りを済州島で彼自身おこなったと告白
し、マスコミにも取り上げられて報道され、テレビにもたびたび出演。それだけでなく「朝鮮人慰安婦と日本
人」(昭和52年刊行)及び「私の戦争犯罪、朝鮮人強制連行」(昭和58年刊行)の2冊の本を出版し、(中
略)一時は従軍慰安婦問題の「キーマン、最重要人物」。
・吉田は労務報国会の動員部長として朝鮮人女性の連行を行ったと証言したが、吉田は長崎刑務所に昭
和15年から17年6月(1940年〜1942年)まで2年間服役しており、労務報国会の動員部長に前科者は
就任できない。
・戦後は下関市の市会議員に日本共産党から立候補したが落選
・吉田は当初、「証拠は自分の妻の日記」と証言していたが、当時吉田は未婚だった事が後に発覚
・1996年5月29日付「週刊新潮」の電話インタビューにて「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠
し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と事実上嘘を書いた事を認める。


『慰安婦と戦場の性』p246 秦 郁彦著
私は吉田が、これまでの対吉田批判を消化して、巧みな弁明を先まわりしつつ語るのを聞いて一驚した。
養子一家や元慰安婦の周辺に配慮して体験の一部を変えてある、との論理だが、彼が「済州島の慰安婦
狩りの情景は、実際には全羅南道でのできごとだった」というので、「では全羅南道の話はすべて真実か」
と聞くと、「いや、全羅南道の被害者に迷惑がかかるといけないので、他の場所での話が混ぜてある…」と
答えるに及んで、私はそれ以上、問いただす気力を失った。
しかし、この問答は事実上彼の証言がほとんど虚構であることを自認したものと見てよいのではなかろうか。

・・・・(中略)・・・・

九八年九月二日、私は吉田へ電話で「吉田の著書は小説だった」という声明を出したらどうか、とすすめ
たが、「人権屋に利用された私が悪かった」とは述べたものの、「私にもプライドはあるし、八十五歳にもなっ
て今さら…このままにしておきましょう」との返事だった。

吉田清治の嘘の詳細
http://kokis.client.jp/noby/b02_yoshida.html
http://www.tamanegiya.com/yosidaseiji.html

引用終了

 

7 :名無しさん  2007/09/01(土) 17:59:05  
変更点の要望などあったらご意見ください

 

8 :nor77  2007/09/01(土) 18:27:40  
慰安婦関連の推移が判りやすく整理されていると思います。
ウィキペディアによる慰安婦の項目もすごい量なんですよねー。
記述が膨大すぎて追い切れませんでしたけどw
勿論、思想的にアレだったせいもありますけどね。

慰安婦問題での被害者の数に関しては
北朝鮮の外交官などが国連の委員会などで
ことあるごとに「20万人」という数字を持ち出して
何度も何度も日本を非難している…と付記しても良いかも。

日本国内においては一笑に付されている20万人という数ですが
その数字がどこから来ているのかを含めて
未だに20万人などと寝言を言っている集団の背景が
北朝鮮と深い関連があることを示唆したほうが判りやすいと思います。

もうちょっと時間をかけて調べれば
いつ誰がどんな発言をしたかまでは遡れると思いますけど
新聞などのメディア関連はソースをすぐに消しちゃうのが困りものです。

 

9 :Gripen ◆CKn5KkXsYA  2007/09/01(土) 18:39:47  
北朝鮮関連ですか、ちょっと国連での発言当調べてみます。
情報提供ありがとうございました。

 

10 :コペルニクス  2007/09/01(土) 21:15:52  
UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION
Psychological Warfare Team
Attached to U.S.Army Forces India-Burma Theator
APO 689

http://www.geocities.com/theaterapo689/

 

11 :Gripen ◆CKn5KkXsYA  2007/09/03(月) 21:22:33  
この時系列を作っていて思ったのですが、はじめは私は
まず千田→吉田→朝日という流れがあり、靖国問題と
同じで「朝日新聞が特亜へ国際問題化の提案をしたと
思っていたのですが、どうもこの件に関しては、もしかすると
当初から日本共産党と北朝鮮の思惑が入り込んでいたように
思えます。

これが国際問題化し始めた頃と、韓国に左派政権が誕生し、
朝日が韓国を好意的に扱い出した時期が微妙に重なる
んですよね。

もう少し色々と調べてみます。

 

12 :nor77  2007/09/03(月) 21:53:51  
あくまでも私見ですが、
まず間違いなく北朝鮮の意向が含まれていると考えます。
というか…北朝鮮への日本人妻帰国問題などで
今まで散々指摘されてきたように
朝日新聞の一部と北朝鮮当局、ならびに朝鮮総連の間で
かなり深い部分での癒着があったと考えられます。


ならびに731部隊を一躍世に知らしめた
森村誠一が悪魔の飽食を発表したのは
日本共産党機関紙の赤旗日曜版においてであり
その執筆に関しては
しんぶん赤旗の記者である下里正樹の協力を得ていました。

というか…ぶっちゃけ彼の持ってきた資料を基に
小説を書き上げたわけですが

■関係者はすべて匿名であり、その証言の裏付けがとれない。
■二転三転する証言により、証言者の信頼性に疑問符が付く。
■731部隊に関する資料をアメリカが回収し、
米国立公文書館が細菌戦研究などに関する
米情報機関の対日機密文書10万ページ分を公開したが、
裏づけとなる資料はまだ見つかっていない。

…などなど問題が多いわけでして
それなのにウィキペディアの項目では
未だにノンフィクション扱いになってるのがちょっと…だったりします。


話が紆余曲折しちゃいましたが
朝日新聞とその系列には親北朝鮮派の記者グループと
親中国派のグループがあるのではないか…と思っていたりします。
今はどうだか判りませんが
雑誌事に論調にブレがあるような気がしますので
朝日新聞が一枚岩である…と考えるのは早計だと思ったり。
…反日ということでは一致してるんでしょうけど。

今回の慰安婦決議においても
彼らの主張が微妙にブレがあるように感じるのは
北朝鮮と中国、それぞれの思惑にズレがあるからだと思います。
「20万人」という数を馬鹿のように繰り返しているのが
北朝鮮系ならびに反日に凝り固まった韓国系。

中国系も勿論、今回の決議案を推進してはいますが
従軍慰安婦問題であまり捏造をしすぎると
疑いの目が南京虐殺問題にまで飛び火するのを畏れて
微妙にトーンダウンしているような?

お互いの矛盾点を突いて
利益を相反させるような主張ができれば
楽しい暴露合戦にならないかな…とちょっとだけ期待してたり。

チラシの裏ですまそ。

 

13 :Gripen ◆CKn5KkXsYA  2007/09/03(月) 22:02:18  
>>12
よくわからないのが日本共産党の動きなんですよ。
あそこは一応表向きは支那とも北とも政治的に対立している、
しかし、従軍慰安婦問題や731部隊問題を見ると、明らかに
80年代前半頃から「連携」しているわけです。
日本共産党が支援する自称慰安婦を調べてみると、支那人
がかなりいる事が解ります。

でもあそこは社民党と昔から犬猿の仲…
一体どうなっているのやら。

 

14 :nor77  2007/09/03(月) 22:34:44  
>>13

んー…中国帰還者連絡会(中帰連)絡みを
私は今チェックしてたりするんですが
ウィキペディアの日本共産党の項目を見て頂ければ判るように
あそこは異様にぐちゃぐちゃしていますからねぇ。

表向きは中国や北と対立していると言っても
それまでの人脈などは切れておらず
単に国内で権力闘争に破れたためになりを潜めていた。
…なんて解釈も可能だとは思います。

ソ連から金を受け取りつつ
中国からも金を受け取っていて
内部でそれぞれが主導権争いをしていたのでしょうか?

 

15 :Venom  2007/09/05(水) 11:39:35  
今月の雑誌『正論』に、こんな記事がありました。
「慰安婦決議の次はサンフランシスコ講和条約の解釈変更だ」…江崎道朗
「またぞろ『戦後補償』を叫んで動き始めた“人権派弁護士”」…新井佐和子
http://www.sankei.co.jp/seiron/

新井佐和子さんというのは、善意から慰安婦を支援するボランティアに参加
したそうですが、その実態はまことに胡散臭い左翼のたまり場だったと。
あの高木弁護士は、社会党の顧問弁護士だったとのことですが。

 

16 :ぷぅ  2007/09/07(金) 13:38:06  
>サンフランシスコ講和条約の解釈変更
どこをどんな風に変更するんだろう?
まぁ、どこをどんな風にいじるにしても、
注目が集まれば日本側にも反論する機会が生まれるよね。
東京裁判じゃ証拠も証言も無視されたけど、今度は無視させるもんね。
触れば触っただけ当時の不公正さが浮き上がるようにして差し上げましょー。

 

17 :いとぐるま  2007/09/07(金) 14:34:22  
10・・のコペルニクスさんへ
米軍報告書の”wooden clothes"ですが 七五三の「ぽっくり」のことではと思います。洋服ではなくて木靴 clog の読み取り間違いではないでしょうか。慰安婦資料集成の写真版を見てみましたが確かに読み取りにくいのですが・・・・。七五三を祝った娘の報告にミニチュアの「ぽっくり」を父親に送ったのではないかと推測しました。

 

18 :コペルニクス  2007/09/07(金) 20:49:11  
敬愛なる泰教授の論文

http://www.sdh-fact.com/CL02_1/31_S4.pdf

 

19 :マイ舞  2007/09/08(土) 00:09:25  
1 の時系列を見て、ふと思った。
1990年以降、従軍慰安婦がマスコミに登場。1991年、従軍慰安婦キャンペーンの朝日。
その時期の政治情勢は、1989年ベルリンの壁が崩壊、東欧諸国が崩壊し
社会主義が崩壊した。1989年6月は天安門虐殺事件。被害者が何人であったのか今だ知れず。北朝鮮もソ連というボスを失うことになる。
1990年以降、世界の構図が変わった。

北朝鮮と韓国を簡単に時系列。
1980年       全斗煥大統領就任 (民主正義党 )
1984年 9月   全斗煥大統領訪日
1985年 5月   南北経済会談開催
1987年11月   大韓航空機爆破事件
1987年12月   盧泰愚大統領就任 (民主正義党) 
1988年 9月   ソウルオリンピック大会
________________________________
1990年 9月   韓国、ソ連と国交樹立
1991年 1月   海部首相訪韓 日朝国交正常化交渉開始
9月   韓国・北朝鮮、国連に同時加盟
1992年 8月   韓国、中国と国交樹立動
1993年 2月   金泳三大統領就任 (民主自由党→新韓国党)
1994年 7月   金日成主席死去
1997年10月   北朝鮮、金正日、党総書記就任
1997年11月   韓国、IMF危機
1997年12月   北朝鮮の食糧難続く
________________________________
1998年 2月   金大中大統領就任 (新政治国民会議→新千年民主党)
1998年 8月   北朝鮮、太平洋にミサイル発射。人工衛星と発表
1998年 9月   北朝鮮、金正日、国家最高位につく
2000年 6月   平壌で南北首脳会談。南北共同宣言発表
2002年 5月  日韓共催ワールドカップ
2003年 2月   盧武鉉大統領就任 新千年党(南北調和路線)
_______________________________
日本国内情勢1993年バブル崩壊。
日本国歴代内閣
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%AD%B4%E4%BB%A3%E5%86%85%E9%96%A3
故宮澤元総理就任時期を見て下さい。河野洋平談話は、1993年8月4日。
1993年 8月9日  細川内閣発足連立政権を御覧下さい。
日本の政局・経済が混乱している時期だということが解ります。

経過から普通に考えて、政府が謝罪し基金も5億円を用意し一人あたり200万円は安いというのか。
金銭ではない。気持ちだというのだろうか?関係ない日本人が土下座をしている光景もネットで見ている。
誤り方がたりないのだろうか?
私は、これは交渉カードなのではないかと推測している。つまり、被害を受けたと思われる個人とは関係ないのではないかという
ことです。

 

20 :マイ舞  2007/09/08(土) 10:51:32  
「河野談話と慰安婦の証言」現代史家 秦郁彦氏
チャンネル桜 対談動画

http://youtubech.com/test/read.cgi/j-9Ey9gD3Ag/tag/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E8%AB%87%E8%A9%B1/l50

 

21 :Gripen ◆CKn5KkXsYA  2007/09/08(土) 19:27:17  
>>20
秦郁彦氏は、そこで「日本が認めれば今後国際問題にはしない」との
韓国からの要望ががあったとおっしゃっており、私もこの話は聞いた事
あるのですが、これって元情報はどこからかわかる方いますか?
確定情報でありソースが明確ならば、これは使い方次第でかなり有効
な武器になると思うのですが。

 

22 :マイ舞  2007/09/09(日) 12:22:59  
「日本が認めれば今後国際問題にはしない」という件に関して
国会会議録なども検索しましたが、このような内容は公になることは難しいの
かと思います。お時間のある方は、故宮澤元総理の訪韓1992年1月16日
以降を検索してください。従軍慰安婦を推進する勢力も解ります。
(「慰安婦」「訪韓」などの言葉で検索)
http://kokkai.ndl.go.jp/KENSAKU/swk_startup.html
1992年1月11日、「朝日新聞」朝刊 が「慰安所 軍関与示す資料」と中央大学
教授「吉見義明」の記事報道も意図的ではなかったのでしょうか。

★秦郁彦『慰安婦と戦場の性』(新潮選書、1999年)
これは2年間の調査の上での談話なのですが、実は調査では官憲による強制
連行の事実は明らかになりませんでした。しかし、談話では「強制性」を認め
る文になっています。これは慰安婦への補償はしなくていい代わりに「強制性」
を認めるという韓国政府との「交換条件」があったからだと言われています
(257頁)。河野談話で「強制性」を認めれば慰安婦問題を終結できると思った
のでしょう。その考え自体が姑息なのですが、問題は終結するどころか河野談
話が「強制連行」を認めたものだと認識されるようになったことです。米下院
で議論されている慰安婦決議案の提出者であるマイケル・ホンダ議員も「強制
連行」の根拠として河野談話を挙げています(「慰安婦決議案、「河野談話が
根拠」ホンダ議員」『産経新聞』2007年2月25日付)。
http://www6.plala.or.jp/Djehuti/710.htm


★河野洋平と慰安婦捏造
つまり、当時の官房副長官だつた石原信雄氏は、"慰安婦"を認めた背景に、
元慰安婦とその支援者(NGOなど)や韓国側から強い圧力があつたと述べ、
強制性の認定について「日韓両国間での妥協の産物」と明言し、暗にその圧力
に屈したことを認めているのです。
http://www.tamanegiya.com/konoyouhei.html

 

23 :マイ舞  2007/09/09(日) 12:23:40  
続き
★河野・慰安婦談話と石原元官房副長官の証言 2006/08/28 15:48
産経新聞が昨年7月に行ったインタビューの詳録
Q 国家賠償請求につながるとは思わなかったのか
石原氏 全く想定していない。それはもちろん、あの談話をまとめるにあたっ
ては外務、財務、法務省すべて関係者は承知している。われわれはあの談話に
よって、国家賠償の問題が出てくるとは全く想定していなかった。当然、当時
の韓国側も、あの談話をもとに政府として要求するということはまったくあり
えなかった。(中略)慰安婦問題はすべて強制だとか、日本政府として強制した
ことを認めたとか、誇大に宣伝して使われるのはまことに苦々しくて仕方ない。
もちろん、こういうものをいったん出すと悪用される危険はある。外交関係と
はそういうものだから。だけど、あまりにもひどいと思う。(中略)それが(韓国は)
今日まで、いろんな国際会議で日本政府が政府の意図で韓国女性を強制的に慰安婦
にしたと言っているが、全く心外そのものだ。
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/30961/
補足↓
http://mijikaku.blog67.fc2.com/blog-entry-287.html

★河野談話の検証が必要だ 「聞き取り調査」公表せよ (2007/05/14 10:34)産経web
河野談話の文面は、河野、石原氏、当時の谷野作太郎外政審議室長(後の駐中国
大使)らが協議し、在日韓国大使館の意見も聞きながら作成されたといわれる。
真実よりも外向的配慮を優先させた可能性が強い。
http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070514/skk070514002.htm

※【谷野作太郎 (たにの・さくたろう)】  チャイナ・スクール
一九三六年東京都生れ。東京大学法学部卒。
外務省入省、外務省アジア局中国課長、首相秘書官、同アジア局長、内閣外政審
議室長、駐インド大使を経て、2001年2月まで第10代中国日本国特命全権大使、
東芝取締役

 

24 :Gripen ◆CKn5KkXsYA  2007/09/09(日) 15:58:46  
マイ舞さん、わざわざありがとうございました。
やはりこの取引を公的に証明するのは難しいですね。
恐らく、この取引自体単なる口約束なのでしょう。

そういった「口約束」など守られなくても後から文句を
いう事はできないうえに、ましてや韓国は過去に「書面で」
正式に「契約」したことまで何度も破っている国。

この事は政治家も官僚も十分承知しているはずなのに、
なぜこんな事をしたのやら…
韓国政府の過去の態度を見ていたら、こうなる事は十分
予測可能だったろうに。

 

25 :マイ舞  2007/09/16(日) 23:34:00  
慰安婦を強制連行した業者は朝鮮人だったことを裏付ける記事発見

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=2827405
当時の東亜日報写真付き。日本軍「慰安婦」関係資料集成 (単行本) からのようです。

 

26 :Gripen ◆CKn5KkXsYA  2007/09/20(木) 22:37:51  
従軍慰安婦の証言を信じ、反日活動をしている人々の主張を
知るのに、非常に良いページを発見しました。
明らかな事実誤認や、すでに吉見教授本人すら捨ててしまった
主張を堂々と扱うなど、なかなか彼らの主張を知るのに良い
素材だと思います。

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~kj8899/

 

27 :マイ舞  2007/09/21(金) 22:51:49  
25 の補足資料
日本軍の残虐性?
朝日の本田勝一 捏造本「中国の旅」が中村氏により解説されています。

動画チャンネル桜 南京事件4の3
http://youtubech.com/test/read.cgi/eDCugwOvmBo/tag/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6/l50

中国共産党の六十大刑罰があり、文革、天安門事件までこのような残酷な刑罰が最近まで行われていました。
中村氏によると、中共の自分たちの罪過の告白であり、日本にはこのような残虐性文化はないという。

尚、南京事件4の5では、中国人証言者は「日本軍人は皆親切だった」ということも動画にて解説されています。
このスレは慰安婦問題なのでここまでにしますが、興味のある方は御覧ください。

 

28 :インターセプト  2007/09/23(日) 10:45:14  
マイ舞さんこの動画って何。前の女の人眠そう。笑

 

29 :インターセプト  2007/09/23(日) 10:54:47  
マイ舞さんあのスレッドあんまり張り込まなくていいよ。
あそこはふり、2ちゃんねるとエンジョイコリアがあるから気にしてないよ。

 

30 :マイ舞  2007/09/23(日) 11:53:08  
インターセプトさん、了解しました。根が真面目なもんでw

その動画、桜塾。南京事件の解説を中村氏がしています。1の1〜4の6まで
動画あり。私も眠くなりました。(笑)

 

31 :インターセプト  2007/09/23(日) 13:28:51  
おつかれさま。ぐっすり休んでね。

 

32 :kaien  2007/10/03(水) 15:16:24  
外出かな? ここも参照して下さい。

http://jbbs.livedoor.jp/news/4028/

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|