隼機関













隼掲示板

◇過去ログ (No.2)up









@wiki









メニュー



リンク




更新履歴


取得中です。

■翻訳記事&翻訳資料


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

以下は、http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/4028/1192288275/から引用

 

翻訳記事&翻訳資料

1 :Gripen★  2007/10/14(日) 00:11:15  
ここは翻訳したものの倉庫です。
何を翻訳したものかの紹介と翻訳文のみを書き込んでください。    
コメントは雑談スレか、その他の関連スレにお願いします。

 

2 :ぷぅ  2007/10/14(日) 15:59:43  
英語ブログの10月6日の記事『JUSTICE』
http://bomanchu.blog81.fc2.com/blog-entry-16.html

「正義とは」 2007年10月6日

1.「日本の性奴隷制度に関する世界会議」が2007年10月4日から7日にかけて、カリフォルニア大学ロスアンジェルス分校(UCLA)にて開かれる。

そのホームページによれば、会議では生存者(元慰安婦)の勇気と苦闘を称えることになっている。 さらに主催者は彼女たちの要望リストに答えるよう、日本に求めている。
下記がその7項目のリストである。

(1) 日本は、女性たちに姓奴隷となるよう強制したことを認めねばならない。
(2) 「慰安婦」に関与した戦争犯罪は、調査されなければならない。
(3) 日本の国会は公式の謝罪を表明すべきだ。
(4) 決議は生存者とその家族に対して行うべきだ。
(5) 日本の教科書は、第二次大戦における日本軍の性奴隷制度に関する歴史を正確に反映すべきだ。
(6) 被害者を追悼する記念碑と博物館を、建造すべきだ。
(7) 実行犯は処罰されるべきだ。

2.この韓国の団体は非常に高齢な女性2名を伴っていたが、彼女たちは「慰安婦生存者」と自称しており、もう一度正義の裁きを求めているようだった。 なぜ「もう一度」なのか? なぜならこれは、日本に謝罪と金銭での賠償を求め彼女らが米国内で行った、3回目の試みだからだ。 しかし彼女らの要求はたった一つに絞られる。 その要求とは「カネを寄越せ、カネを寄越せ、もっともっと寄越せ」ということだ。

彼女たちの最初の試みは、6年前にワシントンDC地方裁判所で起こした訴訟だが、それは却下された。 彼女たちはその訴訟を、去る2月に米最高裁判所まで持ち込んだが、ギンスバーグ判事は米国の裁判所の扱う問題ではないとした。 彼女たちはまたも敗れたのだ。

彼女たちの第2の試みは、今年7月にカリフォルニア選出の民主党議員、マイク・ホンダが主唱して下院に決議案が持ち込まれ、採択されたことだ。 拘束力を持たないこの決議が通るまで、約9年間を要した。 この決議には拘束力がないため、組織を失望させ憤激させたに違いない。 彼女らはまたも失敗したのだ。 私はブログにこう書いている。 「この問題は米国の立法機関ではなく、裁判所に持ち込み審議すべきだ」と。
(続く)

 

3 :ぷぅ  2007/10/14(日) 16:05:31  
3.この韓国の組織とUCLAにおける共同主催者は、日本が有罪であり福田首相が謝罪談話を発表して銀行に巨額の賠償を準備するまで活動をやめない、と決定した。

日本嫌悪を植えつけることは犯罪行為であり、彼らの金銭要求は恐喝行為だ。 憎悪を植えつけることは対立や闘争を招き、下手をすると殺人にまで及ぶ恐れがある。 ヒトラーの演説とユダヤ人虐殺を忘れてはならない。 ミシシッピで殺された、3人のソーシャルワーカーを覚えておられるだろうか? ルワンダにおけるフツ族とツチ族の抗争や、コソボにおける民族浄化を覚えておられるだろうか? こうしたケースはみんな最初は、あるグループや国民に、他を憎むよう教えたことから始まったのだ。

日本軍の性奴隷制度という非難は、明らかに根拠がない。 こうした韓国人元慰安婦たちは米議会において嘘の証言を行った。 彼女たちは半世紀も嘘をつき続けていたが、都合良いように話の内容をその都度変えているのだ。 偽証罪は懲役刑に相当する犯罪である。

しかし彼女たちは私の批判に同意しないだろう。 一部の学者は、ギンスバーグ判事の決定にも最終判決にも賛成しない。 多くの韓国人は、引き裂かれた戦争の記憶に終止符を打つことの重要性がわかっていない。 彼らは今でも正義を捜し求め、我々をこの騒動に巻き込んでいる。 裁判官の前に立つことは、動物園のパンダを見に行くように楽しいものではないが、我々日本人は米国の法廷でこの問題に反論する機会が必要だと信ずる。 我々は今、弁護士と相談しているところだ。 

4.我々「隼機関」のメンバーは、韓国製品を買ったり、韓国食品を食べないことに決めた。 もちろん韓国料理店にも行かない。

尾崎信義 「隼機関」スポークスマン

1) ギンズバーグ判事の裁定 05-543号
http://www.ll.georgetown.edu/Federal/judicial/dc/opinions/01opinions/01-7169b.pdf
2) 韓国人による今までの訴訟 http://www.supremecourtus.gov/docket/05-543.htm
3) 7/13付 「ナンシー・ペロシ議長への手紙」
4) 新聞記事 「米下院、慰安婦決議を採択」 
5) 羅府新報 ジョージ・ヨシナガ記者の記事に対するイグナシウス・ディンの反論
伊勢: この男は化け物みたいな嘘つきだね。こいつはちょうどノーマン・スーの
ように、逮捕されるまでアメリカの公の場で嘘をつき続けるだろう。

(Venomさん翻訳。訂正済み。)

 

4 :ぷぅ  2007/10/14(日) 21:13:07  
AMERICAN FAIR PLAY 1 (翻訳:Venomさん)

http://bomanchu.blog81.fc2.com/blog-entry-14.html

―伊勢平次郎は、アメリカの法政史における最も偉大な意見を紹介したい。 この一文が、「慰安婦」決議に関わったの民主党下院議員マイク・ホンダ(カリフォルニア州選出)を覚醒させるよう望む。 1952年におけるアール・ウォレン判事に照らせば、この決議が全く不公平なものであると、私は確信する。

「『USニュース&ワールドレポート』による1952年のインタビューでウォレンは、国内で最も燃え盛っていた議論、つまりのジョセフ・マッカーシー上院議員(ウィスコンシン選出)による共産主義者を政府から追放する証人喚問に対し、彼の見方を明らかにした。 

質問: マッカーシーの証人喚問に対するあなたの立場は?

ウォレン: もしあなたが根拠のない無差別的な告発について言っておられるのなら、それがある団体の一員に対してであろうと、ある個人に対してであろうと、あるいは我が政府に対してであろうと、その嫌疑に関し公正な事情聴取を受ける機会がないことはアメリカのフェアプレイ精神にのっとっていないと確信します。

私は弁護士だったし、裁判官だったし、長い、長い年月を法廷で送ってきました。 私は審理の手続きや正当な法的手続きに人生を捧げて来たし、そうした手続きには非常に敏感なのです。

ある人物の名誉はその人に取って価値あるもので、その人に取っては恐らく自分の財産以上に大事なもので、その人には公平なルールのもとで自分の名誉を守る機会が与えられるべきだ、というのが私の信条です。

個人や団体に対し無差別に不正行為や転覆、その他名誉を傷つけるような嫌疑を掛けるのは、私の意見ではアメリカの伝統に反し、奨励できないことです。」 

アール・ウォレン、1952年 連邦最高裁判所長(カール・T・ローワン著 『夢を作る者と夢を壊す者』 1993年 ウェルカムレインパブリッシャー社発行より)


2007/08/30 17:01 | Venom

 

5 :ぷぅ  2007/10/14(日) 21:19:38  
>隼速報の活動を簡単に紹介するような文

それならもう伊勢さんがhttp://bomanchu.blog81.fc2.com/にある程度書いておられるから、それをもう少し柔かく改変してはいかがでしょう? もちろん、文責のある伊勢さんの了承が必要ですが。

Nippon Falcons League
Our (blog's) intention is to request the US government to grant us a chance to defend our mother country Japan at the American court of law regarding the resolution "Comfort Women" passed July 30, 07.
私たちの目的は、2007年7月30日に米下院決議で採択された言わゆる「慰安婦決議」に関し、米国の法廷において、私たちの祖国を弁護するチャンスを与えてくれるよう、米国政府に対し要請することです。

It called on Japan to apologize for forcing thousands of women into sexual servitude to its soldiers during and before World War II.
この決議は日本に対し、第二次大戦の最中とその以前、何千人もの女性を兵士相手の性奴隷となるよう強制したことへの謝罪を促しています。 

Mr. Mike Honda, Mr. Tom Lantos and Madam Speaker Nancy Pelosi of California, Democrats, scolded Japan in front of the entire world.
カリフォルニア州選出の、マイク・ホンダ民主党議員、トム・ラントス下院外交委員長とナンシー・ペロシ下院議長は、全世界の前で日本を叱り付けたのです。

The Bay Area Liberals and others who voted for the “Comfort Women” Resolution are Japan’s adversaries.
ベイエリア・リベラルと、その他「慰安婦決議」に賛成した議員たちは、日本に敵対しています。

There is one solution to end the long lasting negative effect of the unfair and unpopular resolution inflicted on America and Japan relations. It is to remove the “Comfort Women” Resolution once and for all. In addition, I can assure you that it will be productive for both nations to get rid of Mr. Mike Honda and Mr. Tom Lantos of California Democrat immediately.
米国と日本の関係を傷つけた、この不人気で不公平な決議の、長期にわたる悪影響を終わらせる解決策が一つあります。 それはこの「慰安婦決議」を撤回することです。 また私は、カリフォルニア州民主党のマイク・ホンダ、トム・ラントス、ナンシー・ペロシを直ちに追い払うことが、両国関係の進展に役立つことを保証できます。
2007/09/19 09:44 | Venom

 

6 :ぷぅ  2007/10/15(月) 18:35:52  
アメリカのNPO法人の作り方
http://www.ehow.com/how_2002333_non-profit-organization.html

1.そのNPOで、何をするかを決める。
2.ミッション・ステイトメントにNPOの目的・目標を書き、どのように社会に貢献するか明らかにする。 
3.NPOの形式を、次の3つの内から選ぶ。
「非営利会社法人(corporation)」、「非法人の団体(unincorporated association)」、「慈善基金(charitable trust)」
通常二番目の「非法人団体」が多いが、これだと第三者から補助金を受けにくく、課税免除の申請もやりにくい。 「慈善基金」は課税免除の対象となのが容易だが、団体が利益を得たり、事業に失敗した場合は、理事会役員に個人的責任が問われる。 最も安全なのは「非営利会社法人」であり、課税免除の対象にもなるし、個人的責任も問われにくい。 
4.団体名を決める。
5.趣旨に賛同する理事会役員を集める。
6.顧問弁護士を見つける。
7.銀行に団体の口座を設ける。
8.会計システムを作る。専門の会計士を雇うこと。
9.保険を掛ける。まず責任保険・財産保険が必要。 事務員その他を雇う場合は、従業員責任保険・健康保険・生命保険も必要となる。

・・・その後関係書類を整備・提出して、
1.理事会より課税免除の承認を得る。
2.国税庁の課税免除を得る。
3.州税庁の課税免除を得る。
4.所属地域の事業許可を得る。
5.郵便局に登録する。
6.従業員を雇う。雇用関連の法令に注意。

・・・こうした法令関係の手続きが完了したら、
1.スタッフを考える。 通常は事務長・会計・発起人・支配人などが必要。
2.事務所スペースを借りるなどして、家具備品をそろえる。
3.事務所を開設する。
4.新聞や職業安定所などに、スタッフの求人を出す。
5.スタッフに必要な能力を考える。
6.応募者面接を準備する。
7.応募者に面接して能力を見定める。
8.応募者が以前働いていた職場に、評判を聞く。 これは重要!
9.成績の良い者だけを雇い入れる。
10.新規雇用者を訓練する。
11.募金計画を立てる。
12.募金を始める。


2007/10/10 15:51 | Venom

 

7 :ぷぅ  2007/10/15(月) 20:06:11  
Venom:2007/10/09(火) 19:54:06
広報文「アメリカ在郷軍人会の皆さんへの呼び掛け」英語。

Dear brave soldiers fought for freedom!

We, Nippon Falcons League is a group of Japanese, who intend to protect our reputation and support US-Japanese Alliance for freedom and democracy.

Many of you would remember the conflict fought in Korea from 1950 to 1953. Korean War was the invasion to Republic of Korea (South Korea) by of North Korean dictator Kim Il-Sung, which was approved by cruel communist dictators, Joe Stalin and Mao Ze-Dong.

United States has sent its troops to Korea immediately. American soldiers have fought in order to stop communist’s intrigue to conquer the world, and 30,000 of them died. We believe that this decision was based on the justice, and we would like to pay our best respect to your courage, and those noble casualties of American young men’s life.

As of today, American brave soldiers are being deployed in South Korea, in order to protect free world. We Japanese people have been highly evaluated and supported your efforts to defend freedom and democracy. We believe that US-Japanese Alliance is one of the most important ally in the world.

But Kim Il-Sung and his son, Kim Jong-Il not only denying their responsibility of invasion, but also have repeated terrorism attack to free world for more than past half century. Moreover, they are developing nuclear weapons and ballistic missiles recently, spending big money earned by printing counterfeit US dollars, selling drugs, weapons, or other harmful merchandises to bad people in all over the world.

In order to train their terrorists and spies, North Korea has abducted Japanese citizens, and coerced them to be teach Japanese language or customs to spies. After strong protest by Japanese government, finally Kim Jong-Il has admitted that North Korean spy agent has kidnapped 13 Japanese citizens. Recently only 5 people of them have returned to Japan, but North Korea insists the balance 8 have been died for accident or for killing themselves. But their explanation regarding their death contains lots of false descriptions, and many of Japanese believe that those abducted people still alive at North Korea. Japanese police or journalists emphasizes the possibility that more than 100 Japanese citizen have been abducted by North Korea. Abduction – it is kidnapping and a kind of terrorism attack to free world. (続く)

 

8 :ぷぅ  2007/10/15(月) 20:06:41  
Recently at Six-Party Talks, North Korea has promised to abandon their nuclear weapons. Do you trust them? Once they have promised to stop development of nuclear weapons by the agreement signed with President Bill Clinton in 1994, but actually, they have been continued their development of atomic bomb secretly.

North Korea is a professional liar.  Nobody would trust their words, before they stop terrorism attack and apologize it. Evidence to abandoning terrorism attack is, release of abductees. You should not trust North Korean’s promise regarding abandoning nuclear weapons, before all kidnapped people returned to their home,

Japan has strongly requested full research of this abduction again and again. North Korea refused it, and they insist that the abduction issue has finished all. But we are sure, that they are in serious trouble, because Japanese people would never agree to giving any money to North Korea, before abduction issue was solved. That is why North Korea has started propaganda operation of false history recently world wide.

The Washington Coalition for Comfort Women Issues, Inc.(WCCW – President, Soh Ok-Cha) has repeated strong lobbyism in Washington D.C. for past 9 years, and finally House Resolution 121 “Comfort Women” has passed. This resolution is based on false story that so many Asian prostitutes have been kidnapped by Japanese officials and coerced sexual services to Japanese Imperial Army during WWII. But actually, those women have done prostitution by their own will, because of poor life. There were so many poor women in Asia, and Japanese Army need not to “coerce” it.

WCCW is working for North Korea in United States of America.
Actually, WCCW has strong relationship with “The Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan” (Korean Council) in South Korea.   In 2002, WCCW and “Korean Council” have arranged a lecture meeting together at North-West Univ., Wisconsin Univ., Ohio State Univ., and Michigan Univ. Old ex-comfort women from Korea have told that how they have been treated cruelly by Japanese soldiers at those universities. (あと1回続く)

 

9 :ぷぅ  2007/10/15(月) 20:07:12  
By the way, Secretary General of this “Korean Council” is Ms. Yoon Mi-Hyang. Her husband is Mr. Kim Sam-Suk. His sister is Ms. Kim Eun-Ju.

Kim Sam-Suk and Kim-Eun-Ju were arrested by South Korean police as “Brother & Sister Spies” in 2005. Mrs. Kim Eun-Ju’s husband, Mr. Choi Ki-Yeong was also arrested. He is Vise President of Democratic Labor’s Party Korea, one of the biggest communist party in South Korea. They are all working for North Korea.

Yoon Mi-Hyang wife&husband Kim Sam-Suk
Kim Sam-Suk brother&sister Kim Eun-Ju --- both arrested spies
Kim Eun-Ju wife&husband Choi Ki-Yeong --- both arrested spies

This is why we are sure that “Korean Council” in South Korea and WCCW in United States are working for North Korean propaganda operation. The purpose of this propaganda operation based on false story by North Korea is, to avert world’s eyes from abduction of Japanese citizens, and destroy alliance between United States and Japan.


Would you like to forgive all crimes by North Korea, and allow them to threaten the free world with nuclear weapons ? If you would, what have those 30,000 American soldiers died for in Korea?

We are intending to correct North Korean false propaganda, and protect honor of Japanese people. It will also protect honor of those 30,000 American soldiers died in Korea. It will be highly appreciated if you could support our activities to correct the mistake of House Resolution 121, and to disclose real character WCCW, an agent of North Korea.

Thank you,

Nippon Falcons League (これで終わり)

 

10 :ぷぅ  2007/10/15(月) 20:08:15  
広報文「アメリカ在郷軍人会の皆さんへの呼び掛け」(日本語)

親愛なる、自由のために戦った勇敢な兵士たちよ、

1950年から1953年まで、朝鮮半島で戦われたあの戦争をご記憶だと思います。
あれは、数千万の自国民を殺した残虐なスターリンと毛沢東が許可した、金日成の大韓民国に対する侵略戦争でした。

あなたたちが戦ったのは彼らコミュニストたちの世界征服の野望を食い止めるためであり、3万人のアメリカ兵士たちが朝鮮で命を落としました。 私たちはその決意が正義だと信じます。またあなたたちの勇気、支払った崇高なる犠牲に敬意を表します。

今でもアメリカの勇敢な兵士たちが韓国に駐留し、自由世界を守っています。 私たち日本人は自由と民主主義を防衛するためのあなたたちの努力を高く評価し、支持して来ました。 私たちはアメリカ合衆国と日本の同盟関係が、世界で最も重要なものの一つであると信じます。

しかし金日成と彼の息子・金正日はいまだに彼らの侵略行為の責任を謝罪しないばかりか、過去半世紀以上に渡り自由世界に対するテロリズム攻撃を繰り返し、偽の米ドル札や麻薬を密輸して得た資金で核兵器や弾道ミサイルを開発して来ました。

彼らはテロリストやスパイを訓練するため日本の市民を誘拐し、教師となるよう強制しました。 北朝鮮は2002年にとうとう13人の日本市民を誘拐したと認め、最近その内たった5人だけが日本に戻ることができました。 北朝鮮は残りの8名が事故死したり自殺したと説明しましたが、その説明は嘘が多く、日本人の多数はまだ彼ら被害者がまだ北朝鮮で生きている信じています。 北朝鮮は他にも100名以上の日本市民を誘拐した疑いが持たれています。

最近北朝鮮は六者会談で核兵器廃棄を約束しましたが、あなたなら彼らを信じますか? 北朝鮮は1994年にビル・クリントンと結んだ協定でも核兵器開発の中止を約束しましたが、実際は秘密裡に開発を続けていました。

彼らはプロフェッショナルの嘘つきです。 彼らがテロリズムを放棄し、謝罪するまでは、誰も彼らの言葉を信用しないでしょう。 彼らがテロリズムを放棄した証拠として拉致した日本市民を解放しない限り、核放棄の約束も信じるべきではありません。

日本は拉致の完全な究明を要求していますが、北朝鮮はそれを拒否し、拉致問題はもう解決済みだと主張しています。 しかし北朝鮮は日本政府の厳しい要求を受けて、困惑しているのです。 そのため彼らは国際的に、虚偽のプロパガンダ攻撃を開始しました。

アメリカ国内ではWCCWが議会に働きかけ、9年間ロビィ工作を続けた結果、ついに下院決議第121号が採択されました。 これは第二次大戦中の売春婦たちが、日本軍に誘拐されたという虚偽宣伝にもとづいていますが、実際は彼女たちは貧しさゆえに自分の意志で売春を行ったのであり、日本軍は「強制」する必要などなかったのです。

 

11 :Venom  2007/10/16(火) 10:39:25  
英文ブログの“Justice”にあるコメントを訳しておきます。

「UCLAの失敗」      2007/10/07(日) 21:23:49
「UCLA対日憎悪会議」は失敗だ。 彼らは憎悪を売って商売にしている。 もうじき破産するだろう。 私はFBI の当直官と話している。 君たち、荒っぽい尋問にさらされるよ。 伊勢
[無題]     2007/10/10(水) 17:55:51
へえ、彼らは「憎悪」を売ってるんですね! 何つう信じられない商売じゃ!
でもそれは、今まで日本人相手だけに可能だったんですよね。 日本人は世間知らずで純粋だから。 日本人は世界が、善意に満たされていると信じていたんです。 でも韓国人と中国人が、日本人に良い教育をしてくれました結果、我々は「憎悪をお金に変える人々もいるんだ」ということを学びました。 我々はこれ以上「良いカモ」ではいないでしょう。Venom

「憎悪のセールスマン」    2007/10/11(木) 00:46:15
良きキリスト教徒は「憎悪」を教えることはせず、「愛と癒し」を教える。 私は最近開かれた「UCLA日本憎悪集会」で、プロの講師が憎悪を教えているコメントを読んだ。 彼らはロスアンジェルスのキリスト教系大学・ロヨラメリーマウントと、ワシントンDCのバイブルカレッジから来た教授たちだ。
主イエスに仕えるはずの韓国人教育者たちが、他の民族集団・日本人に対する憎悪を説くなど考えられないことだ。 イスラム教の指導者がアメリカ人に対する憎悪を教えるなどと、ニュースで聞いたことがないか? こうした教えこそが、9.11テロ攻撃につながったのだ。 伊勢

 

12 :Venom  2007/10/16(火) 16:10:11  
ぷぅさん、色々と面倒な作業をありがとう。
伊勢さんに言われていた、新しいアピールの英作文が完了したのでアップします。

今回はQ&A方式にしてみました。 本来の意味を変えないという条件で、
適当に添削・隼のアピールに一部流用などしてくださって構いません。

Question 1: Germany has apologized war crimes by Nazi. But why Japan deny war crimes in the past and try to white wash them ?

Answer 1: Japan did not do holocaust or ethnic cleansing. Japan is different from Nazi. In fact, at Nurnberg Trial, Nazi war criminals were accused for A) Crimes against Peace (invasion), B) Ordinary War Crimes, C) Crimes against Humanity (holocaust). But at Tokyo Trial, no Japanese war criminal was accused for “Crimes against Humanity”.

They have been accused for just A) Crimes against Peace, B) Ordering Ordinary War Crimes, C) Doing Ordinary War Crimes, obeying the orders of B). Japan has agreed to accept sentences for those war criminals by Article 11 of San Francisco Peace Treaty, 1952. Allied powers admitted it, and Japan started new relationship with Allies. Why must Japan make a new apologize now ?


Question 2: Tokyo Trial and San Francisco Peace Treaty has finished the war just between Allies and Japan. Chinese and Korean people were not satisfied yet.

Answer 2: Republic of China (ROC, Government led by Chang Kai-Shek’s Kuo-Min-Tang, present Taiwan) was a member of the Allies. ROC has conducted war criminal trial for Japanese soldiers and officers in China, and for instance, Lieutenant Mukai & Noda have been died by their execution, for the responsibility of “Murder Race” which is being considered not true. After that, ROC has signed Reconciliation Treaty with Japan in 1952. ROC has forgiven the past of Japan.

People’s Republic of China (PROC, Government led by Mao Ze-Dong’s Communist Party) is a successor of ROC, as one of 5 permanent members (Big Five) of United States Security Council. Why PROC is a successor only for “Big Five”, and why not a successor for reconciliation with Japan ?

Korea ? They did not fight any war with Japan. If Japan handled with Korean people cruelly, why the Allies (US, UK, France, and other) have allowed if before the WWII, and sometime acclaimed Japanese governing at Korea ?

 

13 :Venom  2007/10/16(火) 16:10:48  
Question 3: Why don’t Japanese apologize to Comfort Women ?

Answer 3: Japanese government has expressed deepest sympathy for Comfort Women already, and even apologized for the pains those women suffered.
But Japanese government or armed forces have never kidnapped them, or coerced them prostitution ! It was their decision to be prostitutes. We regret that their very poor life that made those women from Korea to chose prostitution. We can imagine the pain they suffered easily, because there were many poor women who had to chose prostitution for life also in Japan mainland before WWII. We, Nippon Falcons League also would like to express our sympathy for sad fates of all those women.

Question 4: Japan has accepted war crimes already ?

Answer 4: Yes, we have signed to San Francisco Peace Treaty in 1951. According to its Chapter 11, “Japan accepts the judgments of the International Military Tribunal for the Far East and of other Allied War Crimes Courts both within and outside Japan, and will carry out the sentences imposed thereby upon Japanese nationals imprisoned in Japan.”

It includes the case of Ms. Jan del O’Hern. We regret that there was unfortunate cases, but those issues were personal crimes. Japanese government and armed forces have never ordered or authorized such acts against international law. Those war criminals have been punished by Allied War Crimes Courts already.

By modern law of civilized country, nobody would be accused for same crime twice. But Chinese and Korean group have invited Ms. Jan del O’Hern to the United States and made a speech in front of American lawmakers. It helped to pass House Resolution 121. Isn’t it accusing Japan for same crime twice ?

 

14 :Venom  2007/10/16(火) 16:11:19  
Question 5: Why Japan refuses compensation for Comfort Women ?

Answer 5: Because Japan has signed Peace Treaties and Compensation Agreements with those Asian countries already. With India in 1952, with Burma in 1954, with Thailand in 1955, with Philippines in 1956, Netherland in 1956, with Indonesia in 1958, with South Korea in 1965 and with P. R. of China in 1978, and etc. Compensations by money were finished between each country’s government and Japanese government.

If a citizen in those countries is not satisfied yet, he or she should ask compensation to his/her own government. But for Comfort Women, Japanese government started “Asian Women's Fund” (AWF) specially in 1995, by spending money half from government and half from civilian in Japan. AWF has spent approx. 10 million dollars in order to help ex-comfort women.

But three Asian countries, China, South Korea and North Korea, and also Anti- Japanese group in America, Europe and Japan insists that Japan’s apology or compensation efforts are not enough. They insist only their understanding of history is correct and such understanding is to be written in all textbook used at Japanese school. They insist that all arguments against their understanding must be prohibited by law.

For instance, George Washington is a hero of independence in the United States, but he is a traitor in the United Kingdom. Who can decide which understanding is correct ? Prohibit one’s understanding if when was different from others ? Crazy !

 

15 :Venom  2007/10/16(火) 16:11:51  
Question 6: Can Peace Treaty be an answer ?

Answer 6: What is Peace Treaty ? What is reconciliation ? Why Allies exempted duty of reparations Germany and Japan after WWII ? It is because Allies considered that reparation burden after WWI was too heavy for German people, and it caused the rise of Nazi, and finally WWII.

Why one gunshot at Sarajevo in 1914 became World War ? One reason is that French people required their government to make revenge of War against Prussia in 1870. After every war, the loser swears revenge against winner, and another war happen. Hatred calls another hatred, and the end of war becomes the beginning of another war.

In order to stop such endless game, mankind has developed “reconciliation”. After WWI and WWII, human civilization finally reached the new stage of reconciliation, that means “no more hatred each other, at least officially anymore”. Peace treaty is an important ceremony of reconciliation.

It is difficult to erase personal feeling of resentment from every people’s mind, but after signed to Peace treaty, one government cannot raise or claim the past issue to the other. If one country has anything to request, it should be raised at the stage of peace talk, before signing peace treaty. That is the civilization. For a country made independence after the war, the first basic treaty would be a peace treaty. Japan has signed basic treaty with South Korea in 1965, with China in 1978.

If they had any complain for Japan’s attitude for “Comfort Women”, they should raise the issue before signing treaties with Japan. It was easy to show the evidence, because many comfort women and witnesses were still alive. But they never did so. For first 10 – 20 years after signing treaties, they have been calm, enjoying big money of economic aids from Japan. But recently, they blame Japan moralistically, regarding the past. They are barbarians, who do not know civilization.

 

16 :Venom  2007/10/16(火) 16:12:22  
Question 7: Why “Comfort Women Issue” was raised recently ?

Answer 7: After Korean War (1950-1953), Republic of Korea, (South Korea, Lee Seung-Man’s government) has started peace talk with Japan. Lee was known as a fighter of independence against Japan, and strongly requested compensation for all damages brought to Korea during the annexation. During the talk, one Japanese representative stated, that “Japan have given some damages to Korea but Japan also did good things”. Korean delegations got angry with that, and stopped further discussion. They insisted that “Japan have done only bad, bad, very bad things to Korea, never good !”

Peace talk between Japan and South Korea started, stopped, held again, and stopped again. Those two countries could not reach any agreement in 1950’s despite of strong recommendation by US. The reason was South Korea’s very strong attitude. Lee has ordered to insist every damages have given to Korean by Japanese, and tried to get very big compensation for that.

But, it is strange, that Lee’s government has never raised “Comfort Women Issue” during several discussions with Japan. It was just 10 years after WWII, and There were lots of ex-comfort women and witnesses in Korea in those days, and that issue was very good weapon to claim Japan and get compensation. Why ?

The answer was, all Korean people, including Lee Seung-Man and ex-Comfort Women themselves, well knew the fact that “Comfort Women were prostitutes worked just for money”. In those days, there were lots of prostitutes, and one of the biggest customer groups of them were soldiers of ROK army, and UN forces (mainly US Army).

But after Lee had to retire by 4.19 Schoolboy’s Revolution in 1961, finally Japan has signed Peace treaty (Basic treaty between Japan and ROK) in 1965 with new South Korean government led by Park Chung-Hee. Park’s government also never raised “Comfort Women Issue”, and received big economic aid from Japan, to compensate assets of Korean people, ex. worker’s unpaid salary, money saved in Japanese bank, invested money at Japanese stock market, and etc. After that, South Korea could enjoy an incredible economy growth, called as “Miracle of Han-River” in 1960’s and 70’s.

 

17 :Venom  2007/10/16(火) 16:12:56  
But at the end of 1980’s, Soviet Union and many Eastern Europe socialist nations has collapsed. Marxist scholars, journalists, TV-producers, and other left-wings in Japan had to face big trouble by loosing their political weapon, because their talking or writing would not be supported by the people anymore, and they may loose their jobs.

Soon they found a new weapon to attack Japanese government and right-wings. It was “Comfort Women Issue”. They have started “Comfort Women” political campaign from the beginning of 1990’s. Most of old generation who knew WWII retired or dead in those days, and it was easier for those Marxist to suck younger generations.

This movement was reported in South Korea, but Korean people thought that those women were just prostitutes, and did not understood why it gets a big political issue. But Japanese prime minister Kiichi Miyazawa did not want any trouble on his visit to South Korea, and ordered to his government to make the problem invisible at any way.

Finally Chief Cabinet Secretary Yohei Kono made a statement the result of the study on the issue of "comfort women" in 1993. This statement admitted that Japanese officials had coerced those women to work at military brothels. By this statement, most of Korean people believed that thousands of Korean girls have been kidnapped by Japanese government.

Japanese official who wrote this statement talked to a journalist, that such understanding was not correct, and exactly saying, this “coerce” meant very rare case of war crime, such as Dutch women (ex. Ms. Jan O’hern) had been forced to work at military brothels in Java…but it was too late. Now every people who has anti-Japanese sentiment is showing this “Kono Statement” as an evidence of Sexual Slavery.

 

18 :Venom  2007/10/16(火) 16:13:27  
Question 8: What is International Anti-Japan Network ?

Answer 8: Those 3 nations in Asia, China, South Korea, and North Korea. There are many Chinese and Korean immigrants in America and Europe. A certain part of them are working for political profits of their mother nations.

China – As you know, CCP (Chinese Communist Party) has changed their policy drastically and took market economy. The most important for Chinese people became doing business and to get money. It means people’s traditional loyalty for CPC cannot be expected anymore. CCP started domestic campaign about history. CCP taught their people that “CCP has fought against Japanese invasion! CCP is our life saver ! Viva CCP !” … In this style of education, invaders must be always strong and bad, because such story makes CCP’s fights and efforts more valuable.

You may remember that Chinese leader Jang Tsuo-Min has visited USA in 2002 and emphasized friendship between China and USA. He told that Chinese were a “comrade” with American, who fought with Japan at WWII... Ha, ha, what a imagination! America has supported ROC, Chang Kai-Shek’s Kuo-Min-Tang government, not Mao Ze-Dong’s CCP. Jang’s intention was to invite more investment by American company to China, in order to make China richer.

But you may also remember that the anti-Japanese demonstration in 2005. It was almost a riot. Some Japanese citizens have been hit by Chinese and injured, and many Japanese companies, shops or restaurants were destroyed.

Such barbarous act was blamed worldwide, and CCP is afraid of withdrawal of foreign capitals. And it is a nightmare that such riot gets bigger, and riot’s anger may be pointed to corrupted local officials anytime, and CCP itself. Such social confusion would make Beijing Olympic Game scheduled in 2008 difficult.

Then, CCP has changed the stage of anti-Japanese campaign. There are many politic groups, circles, and NPO held by Chinese-American. Those groups were main power to send Iris Cnang’s book of false propaganda, “Rape of Nanking” to many American universities, colleges, and libraries. Now “Comfort Women Issue” is a very convenient and useful weapons for those anti-Japan groups.

 

19 :Venom  2007/10/16(火) 16:14:03  
Recently, Ignatius Y. Ding, Executive Vice President, Global Alliance for Preserving the History of WW II in Asia has stated at the “The World Conference on Japanese military sex slavery”held at UCLA campus, for October 4-7, 2007. According to Ding, “It was considered that 200 thousands Comfort Women have been abducted and forced sexual slavery by Japan, but number of victims may be increased to 400 thousands, because Chinese victims who were not known is now started to raise their voices.”

To increase number of victim is main propaganda method which CCP does often. For instance, they insisted 2 million Chinese have been killed by Japanese army, but it was increased 15 millions in 1980’s, and now they insists it is 35 millions. Hey CCP guys, how many Chinese have been killed by Mao Ze-Dong ? It was 35 millions in 1950-60’s for Ta-You-Jin, and 30 millions in 1960-70’s for Wen-hua Ta-Koo-Ming (Cultural Revolution), total 70 to 80 millions! Hey CCP, why don’t you insist 100 millions have been killed brutal Japs ?

Such false propaganda by CCP is intended to stop Japan to become permanent member of United Nations Security Council, in order to avert world’s eyes from their invasion to Tivet, toxic foods or medicines, public pollutions, and etc.

North Korea – They are so eager to harm Japan’s reputation internationally. They would like to make a trade with USA. They develop nuclear weapons and ballistic missiles, next, promise to abandon them at six party talks, and then get economic aids.

Their biggest headache is abduction issue of Japanese citizens. Japan strongly refused to pay any money to help North Korea before abduction issue was solved. There is no excuse they can expect for such barbarous crime. That is why they are trying to blame Japan for “Comfort Women Issue”.

It is like saying that, “Japan cannot be at the position to blame us for abduction issue moralistically, because they do not apologize Comfort Women Issue officially”. It is also intending to avert world’s eyes from their crimes, such as cruel concentration camp, printing counterfeit dollars, selling illegal drugs selling weapons to terrorists, etc, and etc.

There is a NPO in “Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan” in Seoul, South Korea, and members of the board for this NPO have been arrested by South Korean police as spies controlled by North Korea. They are also working in the United States.

“Washington Coalition for Comfort Women Issues, Inc.” (WCCW) has organized lots of events, ceremonies, and talking together with the above “Korean Council”. WCCW has been eagerly repeated lobby activity at Washington D.C., and finally succeded to pass House Resolution 121, in September 2007.
(終わり)

 

20 :Venom  2007/10/17(水) 16:59:48  
英語ブログ・伊勢さんの文章を日本語に訳しました。

DIRTY TRICKS 10/16/07

汚いトリック 2007.10.16

1. 
“ドン・ヴィトー・コルレオーネは息子に言った。「クレメンザ、テシオ、カルロリッツィ、どいつにせよマイケル、バルズィーニとの会見をお膳立てした奴が裏切り者だ。 覚えておけ。」”

日本を標的とした慰安婦家付きを主導したのは、カリフォルニア州選出の共和党議員、マイク・ホンダである。 9年間の長きに渡りこの決議を通そうとしてきたマイク・ホンダのスポンサーは、「世界抗日戦争史実維護連合会」(GAFPHOWIA、グローバルアライアンス)という中国系アメリカ人の組織で、この組織は日本人に対する憎悪を教え込んでいるのだ。

ハワイ選出の民主党上院議員、ダニエル・イノウエの決議に反対する忠告を無視して、下院外交委員会議長、トム・ラントスは、下院議長、ナンシー・ペロシとともにこの拘束力のない決議の採択を後押しした。 これは北カリフォルニア・ベイエリア地域における彼らの選挙民を満足させるためだったが、その多くは中国系アメリカ人が占めているのだ。

詐欺で有罪となった犯罪者のノーマン・シューが、マイク・ホンダに対して5000ドルの寄付を行ったのは、慰安婦決議が採択される前日の、6月25日だった。 市民の見張り番組織であるCRPによれば、トム・アレン、パトリック・ケネディ、デイヴィッド・ローブサック、フランク・パローン・ジュニアの各議員(全て民主党所属)が、この犯罪者ノーマン・シューから違法な寄付を受け取っていたとのことだ。 彼らは全員、この決議を支持している。 一番多くの寄付は、ヒラリー・クリントンに行った。 85万ドルだ。 彼女はその後、寄付を全て返却している。

ノーマン・シューは香港生まれの中国人で、「ポンチ商法」によって財を成した。 「ポンチ商法」とは、1920年代に数千人のニューイングランド住民を郵便切手に投資するようだましたチャールズ・ポンチにちなむ、ピラミッド型の違法な商法だ。 数十年たったが、「ポンチ商法」は「ピーターから取り上げてポールに支払う」方式でまだ続いている。 つまり新しい投資家から得た金を、それ以前からいる投資家に支払い、全システムが破綻するまでそれを続けるのだ。 この「だまし」のシステムは、世界中で犯罪者が用いている。

ノーマン・シューが民主党に何百万ドルもの大金を与えた動機は何だったのか? (GAFPHOWIA、グローバルアライアンス)が何十万ドルものカネをマイク・ホンダに与えた動機は何だったのか? 中国人には政治的な味方が必要で、それを民主党に見出した、と推測できるだろう。

2.
ジョージ・W・ブッシュ大統領自らのアピールにも関わらず、アメリカの議員たちはオスマントルコが1915年にアルメニア人を大量虐殺したという決議を支持した。 下院外交委員会が採択したこの決議は、カリフォルニア選出の民主党議員、アダム・シフが書いたのだが、彼の選挙区は最大のアルメニア系アメリカ人居住区なのだ。

これら二つの決議に「賛成」と答えた議員は、私の考えでは裏切り者だ。 彼らはアメリカの死活的同盟国に対する裏切り者だ。 民主的な多数決によるこの決議が扱っているのは、「人権」と「道義」だが、これらの決議はアメリカの兵士たちの生命を危険にさらしている。 彼らは、自分の言葉の意味を深く考えるのを諦めたのだろうか?

 

21 :Venom  2007/10/17(水) 17:00:30  
3.
“ドン・コルレオーネは続けた。「バルツィーニファミリーと裏切り者は、汚い罠を仕掛けてくるだろう。 奴らはお前を殺して、わしらの政治的なコネ、つまり議員たちを奪うつもりだ。 政権が10回変わっても力のあるコネをな。」”

日本に対する慰安婦決議と、トルコに対するアルメニア人虐殺決議は、カリフォルニアの民主党員に取って甘い蜜だ。 どちらの決議も、世間知らずで事情を知らないアメリカの政治家が飛びつくようなセールスポイントがあるように見える。 ホンダ、ラントス、ペロシたちは、アメリカの国家安全保障が危機に陥っていて、アメリカ兵たちをより危険な環境に追いやっているという概念をすっかり忘れているのだ。

4.
「マイケル、先手を打つんだ。 根性を決めろ。 奴らの弱点を探せ。 汚い手が通用しないことを教えてやれ。」 ドン・コルレオーネはマイケルがちゃんと理解したかどうか確かめるため、彼の目をのぞきこんだ。

トルコのエルドアン首相は素早い動きを見せ、トルコ大使をアメリカから召還した。 またアメリカとの通商協議もキャンセルした。 彼は今議会に、イラク北部にあるクルド人テロリストキャンプへの軍事攻撃を承認するよう、働きかけている。 首相は、クルド人ゲリラの問題で、アメリカはトルコを助けてくれないと確信しているのだ。 トルコ人は伝統的に、自分たちの領域を守ってきた人々だ。 彼らは必要とあらば、イラクとの国境も越えるだろう。

5.
我々日本人は、トルコ人が如何なる決定を下そうとも、その決定を支持する。 我々は血を分けたいとこ同士なのだ。 我々の友情は1890年に、トルコの船が日本近海で沈没し、その乗組員を沿岸の漁民が救助したことに始まる。
昨年夏、日本の小泉前首相はイスタンブールを訪問したが、彼は出迎えた人々に微笑み手を振り、その前に中国や韓国で受けた冷たいそれとは異なる対応を、明らかに楽しんでいるようだった。 
訪問日程の終わりに、彼はトルコのパイロットらに会って感謝を述べた。 20年前イラン・イラク戦争の際、日本の航空会社がを断ったにも関わらず、トルコのパイロットたちはテヘランから脱出する日本人たちの救出するため飛行機を飛ばしてくれたのだ。

6.
“「パパ、どうやったらこの厄介ごとから抜け出せる?」とマイケルは父に聞いた。”
“「マイケル、奴らはお前のことを破廉恥漢、強姦魔だと言ってる。 アメリカ人のつながりを断ち切れ。 ピノキオみたいに振舞うのはやめろ。 男として行動しろ。」とゴッドファーザーは息子に言った。”

“クレメンザはマイケルに冷たく言った。 「そいつはテシオだぜ。 あいつは休暇を取って、コニーアイランドのどこかにいる。 あんなに頭の良い奴が最後になって、こんなとんでもないヘマをやらかすとはなあ。」”

尾崎信義、日本隼機関スポークスマン

(記事)「シュー容疑者につながる249名の献金者に返金」
サンノゼ・マーキュリー・ニュース
http://www.mercurynews.com/politics/ci_7190961?nclick_check=1

 

22 :Venom  2007/10/17(水) 17:06:58  
>>20 訂正。

×慰安婦家付き
○慰安婦決議

 

23 :Venom  2007/10/17(水) 17:32:53  
>>12の日本語版

Q1: ドイツはナチの戦争犯罪を謝罪しました。 だのに日本はなぜ過去の戦争犯罪を否定し、なかったことにしようとするのですか?

A1: 日本はホロコーストや民族浄化などやっていません。 日本はナチと違います。 事実ニュルンベルク裁判では、ナチ戦犯はA) 平和に対する罪(侵略戦争)、B) 通例の戦争犯罪、C) 人道に対する罪(ホロコースト)で起訴されました。 しかし東京裁判では、「人道に対する罪」で起訴された日本人戦犯はいません。

彼らが起訴されたのは、A) 平和に対する罪(侵略戦争)、B) 通例の戦争犯罪を命令したこと、C) 通例の戦争犯罪を、B)の命令に従って実行したこと、だけです。 日本は、1952年のサンフランシスコ講和条約に調印し、その第11条に定められた通り、彼ら戦犯に対する判決を受け入れることに同意しました。 連合国はそれを認め、日本は連合国と新しい関係を始めたのです。 なぜ日本が今になって、新しい謝罪をしなければならないのですか?

Q1: 東京裁判とサンフランシスコ講和条約は、連合国と日本の戦争を終結させました。 しかし中国人と韓国人は、まだ満足していません。

A2: 中華民国(ROC、蒋介石の国民党政府、今の台湾)が、連合国の一員でした。 中華民国は中国内で日本の将兵を裁く戦犯裁判を開きました。 例えば向井・野田両少尉は、今では事実でないと考えられている「殺人競争」の罪を問われて、処刑されました。 その後1952年に中華民国は、日本との講和条約に調印しました。 中華民国は日本を許したのです。

中華人民共和国(PROC、毛沢東の共産党政府)は中華民国の後継者として、国連安保理常任理事国(5大国)の一員となりました。 中華人民共和国は、5大国の一員を継承しながら、どうして日本との和解を継承しないのでしょうか?

韓国? 彼らは日本と一切の戦争をしておりません。 もし日本が朝鮮人を残酷に取り扱ったのなら、どうして連合国(米英仏他)は第二次大戦までそれを許し、時には日本の朝鮮統治を賞賛したりしたのでしょうか?

 

24 :Venom  2007/10/17(水) 17:49:55  
>>13の日本語版

Q3: 日本はなぜ慰安婦たちに謝罪しないのですか?

A4: 日本政府は慰安婦たちに対して心からの同情を示し、彼女たちが味わった苦しみに対し謝罪もしました。
しかし日本政府や日本軍は、決して彼女たちを誘拐しなかったし、売春行為を強制などしていません! 売春婦となったのは彼女たち自身の決定だったのです。 朝鮮出身の彼女たちが、売春を選んだ極貧の暮らしを、私たちも遺憾に思います。 私たちが彼女たちの味わった苦しみを容易に想像できます。 なぜなら戦前は日本内地にも、生きるため売春を選ばねばならなかった貧しい女性が多くいたからです。 我々隼機関もまた、そうした女性たちの悲しい運命に対し、同情の気持ちを表したいと思います。

Q4: 日本は既に戦争犯罪を受け入れたのですか?

A4: はい、日本は1951年のサンフランシスコ講和条約に調印しました。 その第11条によれば、「日本は日本の内外で行われた極東国際軍事裁判および他の連合国戦争裁判の判決を受け入れ、日本で拘留されている日本国民に対する刑を引き続き執行する」とあります。

それにはヤン・デル・オヘルンさんの事件も含まれています。 我々は残念な事件の例があったことを遺憾に思いますが、そうした事例は個人的な犯罪です。 日本政府や日本軍が、そうした国際法に反する行為を命令したり、許可したことはありません。 そうした戦争犯罪は、連合国の戦争裁判で処罰済みです。

文明国における近代の法律では、何人も同じ罪状で再び起訴されることはありません。 しかし中国人と韓国人の団体は、ヤン・デル・オヘルンさんをアメリカに招待し、アメリカの議員たちの前で証言させました。 それは下院決議121号・慰安婦決議成立の一助となったのです。 これは日本を同じ罪状で、再び起訴することに該当しませんか?

 

25 :Venom  2007/10/17(水) 18:00:49  
>>14の日本語版

Q5: 日本はどうして慰安婦たちへの賠償を拒否するのですか?

A5: 日本はもう既に、そうしたアジア諸国と講和条約・賠償協定を結んでいるからです。 インドとは1952年に、タイとは1955年に、フィリピンとは1956年に、インドネシアとは1958年に、韓国とは1965年に、中華人民共和国とは1978年に・・・等々。 各国政府と日本政府の間における、金銭による賠償は終了しています。

もしそうした国々の国民がまだ満足していないのなら、彼・彼女は自分の政府に賠償を求めるべきです。 しかし慰安婦に関しては、日本政府は特別に、「アジア女性基金」(AWF)を1995年に発足させ、半分は政府から、半分は民間から集めた基金・約1000万ドルを費やして慰安婦救済事業を行いました。

しかしアジア三国、中国・韓国・北朝鮮および欧米や日本にいる反日団体は、日本の謝罪や賠償の努力が不十分だと主張しています。 彼らは自分たちの歴史理解だけが正しく、そうした理解を日本の学校で使う全ての教科書に記載するよう主張しています。 彼らはまた、彼らの理解に反する議論を法律で禁止せよと主張しています。

例えばジョーージ・ワシントンはアメリカ合衆国では独立の英雄ですが、英国においては反逆者です。 どちらの理解が正しいなどと、誰が決められるのでしょう? ある人の理解が他と異なっていたら、そうした理解を禁じる? 狂っています!

 

26 :Venom  2007/10/17(水) 18:16:57  
>>15の日本語版

Q6: 講和条約が答えですか?

A6: 講和条約とは何でしょうか? 和解とは何でしょうか? どうして第二次大戦後、連合国はドイツと日本に賠償義務を免除したのでしょうか? それは第一次大戦後の賠償がドイツ人に取って重すぎる負担となり、それがナチの台頭を招き、引いては第二次大戦につながったと、連合国が考えたからです。

どうして1914年のサラエボにおける一発の銃弾が、世界大戦となったのでしょうか? 一つの理由としては、フランス国民が1870年の普仏戦争の報復を政府に求めたからです。 どんな戦争も、終わったら敗者が勝者への復讐を誓い、また新しい戦争が起こります。 憎しみは別の憎しみを呼び、戦争の終結が新たな戦争の始まりとなるのです。

そのような終わりなきゲームに終止符を打つため、人類は「和解」というものを編み出しました。 第一次と第二次大戦の後、人間の文明はついに「和解」という段階、つまり「これ以上憎み合うのはやめよう、少なくとも政府間では」という新しい段階に到達したのです。 講和条約とは、重要な和解の儀式です。

全ての人々から恨みという個人的感情を消し去ることは困難ですが、講和条約にサインした後は、その政府は相手側に対し過去の問題を持ち出したり賠償請求したりはできないのです。 もしある国が要求事項を持っているなら、それは講和条約に調印する前の、交渉段階で提起すべきです。 それが文明というものです。 戦争後に独立した国には、最初の基本条約が講和条約に当たるでしょう。 日本は韓国と1965年に、中国と1978年に、基本条約に調印しました。

もし日本の慰安婦に対する態度に不満があるのなら、彼らはこの問題を日本との条約調印以前に持ち出すべきだったのです。 多くの慰安婦や目撃者が生存していましたから、証拠を出すのは簡単なことでした。 しかし彼らはそうしませんでした。 条約調印後の10〜20年間は、彼らも静かにしており、日本から得た巨額の経済援助に満足していました。 しかし近年彼らは、過去の問題で日本を道徳的に非難しています。 彼らは文明を知らない野蛮人です。

 

27 :Venom  2007/10/17(水) 18:35:01  
>>16の日本語版

Q7: どうして近年になって、「慰安婦問題」が持ち出されたのですか?

A7: 朝鮮戦争(1950〜53年)の後、大韓民国(南朝鮮、李承晩の政府)は日本との国交正常化交渉を開始しました。 李承晩は抗日独立の闘士として知られており、併合中に朝鮮にもたらされたあらゆる損害への賠償を、強硬に求めました。 交渉の席である日本代表が、「日本は朝鮮に多少の損害を与えたかも知れないが、日本は良いこともした」と発言しました。 韓国の代表団はそれを聞いて激高し、交渉を打ち切ってしまいました。 彼らはこう主張したのです。 「日本が朝鮮にしたことは悪い、悪い、非常に悪いことだけだ、良いことなど一つもない!」と。

日本と韓国の正常化交渉は、開催され、中断し、また開催され、また中断しました。 アメリカの強い勧めにも関わらず1950年代を通じて両国は、いかなる合意にも達することができませんでした。 その理由は韓国側の強硬な態度にあります。 李承晩は日本が朝鮮にもたらした全ての損害を主張するよう命じ、それに対する多額の賠償を得ようとしたのです。

しかし不思議なことに、李承晩政権は日本との数次に渡る交渉において、一度も「慰安婦問題」を提起しませんでした。 当時は第二次大戦後10年しかたっていないから元慰安婦や証人は韓国にたくさんいたはずだし、この問題は日本に損害賠償を求める素晴らしい武器となったはずなのに。 なぜでしょう?

その答えは、李承晩や元慰安婦自身を含む全ての韓国人が、「慰安婦とはカネ目当てに働いた売春婦」だという事実をよく知っていたからです。 当時は売春婦などいくらでもおり、その客の多くを占めたのは韓国軍や国連軍(主にアメリカ陸軍)の兵士たちでした。

しかし1961年の4.19学生革命で李承晩が辞職せざるを得なくなると、日本はついに1965年、朴正煕の新しい韓国政権と国交樹立条約(日本と大韓民国との間における基本条約)を締結しました。 朴政権もまた、「慰安婦問題」を一度も提起せず、日本から経済援助を受け取りました。 その名目は朝鮮人の持っていた財産、例えば労働者の未払い賃金・日本の銀行に預けた預金・日本の証券市場への投資、などの補償でした。 その後韓国は1960〜70年代に、「漢江の奇跡」と呼ばれる驚異的な経済成長を遂げました。

 

28 :Venom  2007/10/17(水) 18:48:20  
>>17の日本語版

しかし1980年代末、ソ連と東欧の社会主義諸国が崩壊しました。 日本にいたマルキストの学者・ジャーナリスト・TVプロデューサ・その他の左翼たちは、政治的武器を失って大きなトラブルに遭遇しました。 なぜなら彼らの発言や文章がもはや人々の支持を失い、失業の危機にさらされたからです。

彼らはすぐに、日本政府や右翼を攻撃する新しい武器を見つけ出しました。 それが「慰安婦問題」です。 彼らは1990年代初めから、「慰安婦」という政治的キャンペーンを開始しました。 その頃は第二次大戦を知っている古い世代は、ほとんどが引退したり死亡したりしていたので、マルキストたちには若い世代をカモにするのが容易だったのです。

この動きは韓国でも報じられました。 しかし韓国人たちは慰安婦がただの売春婦だと考えていたので、それがなぜ大きな政治的問題になるのか理解できませんでした。 しかし日本の宮沢喜一首相は、彼の韓国訪問に際していかなるトラブルも望みまず、彼の政府にとにかく問題が目に付かないようにしろ、と命じました。

1993年、ついに河野洋平官房長官は、「慰安婦」の問題に関する調査結果を発表しました。 この談話は日本の公権力が彼女たちを軍の慰安所で働くよう強制したと、認めました。 この談話によってほとんどの韓国人が、何千何万もの朝鮮女性は日本政府によって拉致されたのだと信じるようになったのです。

この談話文を書いた日本の役人は、後であるジャーナリストにこう語っています。 「そのような解釈は正しくない。 正確に言えば、“強制”とは、ジャワ島の軍慰安所でオランダ人女性(例えばヤン・デル・オヘルンさんのような)が働かされたような、戦争犯罪のうちでも稀な事例を意味するものだ」と。 しかし遅すぎました。 今では反日感情を持つ人々は誰でも、この「河野談話」を性奴隷制度の証拠としています。

 

29 :Venom  2007/10/17(水) 19:04:05  
>>18の日本語版

Q8: 国際的反日ネットワークとは何ですか?

A8: 中国・韓国・北朝鮮といったアジアの三国です。 また欧米には、多くの中国系・韓国系移民が住んでいます。 彼らの内一定の割合が、母国の政治的利益のために活動しているのです。

中国: ご存知のように、中国共産党はその政策を大きく変え、市場経済を採用しました。 中国の人々に取って最も大事なものは、商売をして金を儲けることになったのです。 そのことは人々の共産党に対する伝統的な忠誠心が、もはや期待できなくなったことを意味します。 そこで中国共産党は、歴史に関する国内キャンペーンを開始しました。 共産党は国民にこう教えました。 「共産党は日本の侵略と戦った! 共産党は命の恩人だ! 共産党ばんざい!」・・・と。 このような教育においては、侵略者はいつも強大で悪辣でなければなりません。 なぜならそうした物語こそが、共産党の戦いと功績をより価値あるものとするからです。

2002年に中国の江沢民主席がアメリカ合衆国を訪問し、米中間の友情を強調したのを覚えておられるでしょうか? 彼は中国人とアメリカ人は「第二次大戦で日本相手に一緒に戦った戦友」だと発言したのです。 はは、何という想像力でしょう! アメリカは蒋介石率いる国民党政権の中華民国を支援したのであって、毛沢東の共産党ではありません。 江沢民の意図は、中国を豊かにするために、アメリカ企業の中国への投資を増大させることにあったのです。

しかし2005年の反日デモもまた、覚えておられるでしょう。 あれはもはや暴動でした。 日本人が中国人に殴られて負傷し、日本企業や商店、日本料理店が破壊されました。 そのような野蛮な行為は世界中で非難されたので、中国共産党は外国資本の引き上げを心配しました。 また暴徒の怒りが腐敗した地方官僚、引いては共産党政権に向けられるかも知れないということは、彼らに取って悪夢でした。

そのため中国共産党は、反日キャンペーンの舞台を別な所に移動させました。 中国系アメリカ人によって運営される政治団体・サークル・NPOなどは山ほどあります。 そうした団体は、アイリス・チャンの虚偽宣伝に満ちた著作・「レイプ・オブ・南京」をアメリカの多くの大学・短大・図書館などに配布する主体となりました。 今では、「慰安婦問題」が彼ら反日団体に取って、非常に便利で役に立つ武器となっています。

 

30 :Venom  2007/10/17(水) 19:22:54  
>>19の日本語版

最近、「世界抗日史実維護総連合会」のイグナシウス・ディン副会長は、2007年10月4〜7日、UCLAキャンパスで開かれた「日本軍性奴隷に関する世界会議」の席上、こう述べています。 「今まで20万人の慰安婦が日本軍によって拉致され性奴隷となるよう強制されたと考えられて来たが、犠牲者の数は40万程度に増えるだろう。 なぜなら今まで知られていなかった中国人の犠牲者たちが声を挙げはじめたからだ」

犠牲者の数を増大させるのは、中国共産党がよく取る宣伝手法です。 例えば彼らは日本軍によって200万の中国人が殺されたと主張していましたが、1980年代にはそれが1500万となり、今では3500万だと主張しています。 ねえ共産党の皆さん、毛沢東に殺された中国人は何人なの? 1950〜60年代の大躍進で3500万、1960〜70年代の文化大革命で3000万、合計7000〜8000万だよ! ねえ共産党さん、どうして野蛮な日本鬼子によって、1億人が殺されたって言わないの〜?

中国共産党によるそうした虚偽宣伝は、日本が国連安保理の常任理事国になることを阻止するためであり、彼らのチベット侵略・毒入り食品・公害汚染などから世界の目をそらすためでもあります。

北朝鮮: 彼らは日本の評判を落とすのに大変熱心です。 彼らはアメリカと取引したがっています。 彼らは核兵器と弾道ミサイルを開発し、次に六者協議でそれを廃棄すると約束し、そうやって経済援助を手に入れるのです。

彼らが最も頭を痛めているのは、日本市民の拉致問題です。 日本は拉致問題が解決するまで、北朝鮮に一切カネを支払わないと強い態度に出ました。 そうした野蛮な犯罪には、いかなる言い訳も期待できません。 北朝鮮が「慰安婦問題」で日本を非難するのは、そのためです。

それでつまり、「日本は慰安婦問題を公式に謝罪しないのだから、日本は拉致問題で我々を道徳的に批判するような立場にはいない」と主張したいのです。 また残忍な強制収容所・偽ドルの製造・違法な麻薬の販売・テロリストへの武器販売といった彼らの犯罪から、世界の目をそらすためでもあります。

韓国のソウルに、「挺身隊問題対策協議会」というNPOがありますが、その役員たちは韓国当局に、北朝鮮のスパイ容疑で逮捕されました。 彼らはアメリカでも活動しています。

「慰安婦のためのワシントン連盟」(WCCW)は、上記の「挺対協」と共同で、多くのイベント・セレモニー・討論会などを組織してきました。 このWCCWは、ワシントンDCで熱心なロビー活動を繰り返し、ついに2007年9月には、下院決議121号・慰安婦決議を採択させることに成功しました。 (終わり)

 

31 :名無しさん  2007/10/18(木) 03:16:23  
ヤン・ルフ・オヘルネだったような。

 

32 :Venom  2007/10/18(木) 08:11:37  
ごめんなさい、正しくは 「Jan Ruff-O’Hearn」 でした。
英語読みで「ジャン・ルフ・オハーン」
オランダ語読みで「ヤン・ルフ・オヘルン」だと思います。

 

33 :<削除>  <削除>  
<削除>

 

34 :Venom  2007/11/02(金) 16:22:08  
真心眼さんのブログ「慰安婦問題10問10答」を引用させてもらいます。
http://takato112.blog80.fc2.com/blog-entry-50.html

?慰安婦問題とは何か?
先の大戦の中、日本の軍や国家機関が組織的に主として朝鮮人女性を強制連行して将兵の性的欲求を処理する従軍慰安婦にしながら、戦後日本政府は一切の責任を取ろうとしなかったとされる問題のことをいう。
?では、朝鮮人女性への「強制連行」はあったのか?
これまで朝鮮人女性の強制連行があったことを証明する確かな証拠は一切示されていない。
?証拠とはどんなものがありえるのか?
(1) 軍・官憲などが強制連行に関与した事を示す文書。
(2) 裏付けのある被害者の証言。
(3) 同じく加害者の証言。
(4) 同じく目撃者の証言。
これらのうち一つでも確かなものがあれば事実と認められる。
では、
?証拠となる文書はあるのか?
ない。 そのことはいわゆる「河野官房長官談話」で広義の強制性を認めた河野洋平氏自身が「強制的に連行されたものであるかにどうかについては、文書・書類はありませんでした」と明言している(平成9年6月17日)。
?被害者の証言は数多くあるのではないか?
政府は韓国の運動団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」が選んだ16人の元慰安婦の聞き取り調査を行っているが、検証も裏付け調査もしていない。 聞き取りには、福島みずほ弁護士(現社民党党首)などが立会人として同席しており証言者名も証言内容も全く公開されていない。これでは、確かな証拠にならない。
さらに、元慰安婦として韓国政府に届け出した人が155人、その中で生存者は74人(平成4年現在)で、民間の運動団体、韓国挺身隊問題対策協議会(廷身協)に登録されている者は55人。 その中で、連絡可能な40人余りを対象に聞き取り調査をした結果を廷身協が「証言集」として刊行している。
同書は韓国外省が「これに全部書いてある」と折り紙を付けた韓国サイドにとっての切り札的資料。 ところが、韓国の運動団体の調査でも矛盾が多く、省略や混乱、意図的な歪曲などが激しく、実際に同書に採用されているのは19人のみ。 その19人の中、権力による強制連行の証言は4人だけ、その中の2人は富山か韓国の釜山など実在しない慰安所に連行されたことになっている。
残る2人は金学順、文玉珠の両氏。しかし、金氏は母親に40円でキーセンに売られ、文氏は宋という朝鮮人に「食堂で働かないか」と誘われてビルマで慰安婦になった。両氏は証言変更をのちに行っているが当然信用性は無い。 結局、信用できる被害者の証言はゼロ。
?加害者の証言は?
吉田清治氏のウソ証言があるだけ。 つまり、これもゼロ。 吉田氏は軍命令により全羅南道・済州島で徴用隊10人・現地軍の兵10人とトラック台によって女性205人を強制連行したという(「私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行」昭和58年)。
しかし、吉田氏の証言が全くウソであることは、現地の「済州新聞」(1998年8月14日許栄善記者)の記事や秦郁彦氏の現地調査(「正論」平成4年6月号)などによって明らか。しかも、吉田氏本人が自著は創作だったと証言している。
吉田証言を取り上げてさんざん強制連行を煽った「朝日新聞」すら「朝日新聞などいくつかのメディアに登場したが、間もなくこの証言を疑問視する声が上がった」(平成9年3月31日)と事実上の否定宣言を行っている。

 

35 :Venom  2007/11/02(金) 16:22:40  
?目撃証言は?
これもゼロ。被害者と称する人がいても目撃証言が韓国人の中から全く出てこないも不思議である。
?戦後の日韓国交樹立に当たっての交渉過程で慰安婦問題は取り上げられたのか?
日韓交渉は14年間にも及ぶ微細に両国間に存在する問題が逐一取り上げられたが、慰安婦問題について韓国側も一切言及しなかった。

したがって、?の(1)〜(4)全てなし!
?では、証拠となる確かな文書も被害証言も加害証言も目撃証言もなく、日韓国交樹立に当たって韓国側も一切取り上げなかった事が国際問題化したのはなぜか?
平成になって「朝日新聞」が火を付け宮沢喜一政権が「謝罪」路線に走ったからである。
平成3年8月11日「朝日」の植村隆記者が元慰安婦の証言なるものを報じた(大阪本社版)。これが「慰安婦問題」のそもそもの発端だった。
その内容は金学順氏が「女子挺身隊」として「戦場に連行された」との捏造報道だった。
「女子挺身隊」は日本国内の軍需工場や被服工場などに動員された人々で「戦場」に出向くはずがないし、もとより将兵の性処理とも全く無縁である。さらに、金氏は先ほど述べた通り「連行」されたのではなく貧しい母親に売られたのである。
つまり、「慰安婦問題」は「朝日」の捏造報道から始まったのである。
同年12月16日、韓国の太平洋戦争犠牲者遺族会が元慰安婦3人を含む35人を原告として1人2000万円、計3億円の損害賠償請求を求める訴えを東京地裁に起した(高木健一主任弁護士)。
これを「朝日」が大体的に報じたことが一挙に重大問題化した。なお、植村記者は同遺族会会長の娘婿である。

しかも、問題を決定的に悪化させたのは、当時の宮沢首相だった。
真相を明らかにし、どこまでも事実に基づいて韓国と対応することをしないで韓国側に責められるままに非を認め謝罪することで事態を沈静化しようとした。
それが宮沢内閣総辞職の前日に発表された河野官房長官談話(平成5年8月4日)だった。
これによって、日本政府自身が「官憲等」による慰安婦の「強制」連行への「直接」の「加担」を認めたことになり、国際社会における我が国の名誉を著しく傷つけられた。

?日本は元慰安婦に対して賠償責任があるのか?
ない。軍・官憲等による強制連行の事実が確認できない上に、昭和40年の日韓国交樹立の際に締結された「請求権・経済協力協定」によって「完全かつ最終的に解決された」ことが両国によって確認されているからだ。
日本は同協定によって無償3億ドル・有償2億ドル計5億ドルを韓国に供与する巨額の経済協力を行った(当時の韓国の外資準備高1億3000万ドル)。

結論:慰安婦問題は法的にも史実的にも実在しない。河野談話による政治的幻影のみが存在し、日本の名誉と国益を損ない続けている。

 

36 :Venom  2007/11/02(金) 16:24:50  
次に、これを英訳します。

Ten Questions and Ten Answers for “Comfort Women Issue”

Q1: What is the “Comfort Women issue“?
A1: The issue some people insist, that Japanese military and officials have organized abduction of civilian women (mainly Korean) and coerced them to be “Military Comfort Women” to provide sexual services to Japanese military During WWII, but Japanese government did not take any responsibility after the war.

Q2: Was there abduction of Korean women?
A2: There is no evidence that Japanese military or officials abducted Korean women.

Q3: What evidence is being considered to prove the abduction?
A3: (1) Documents showing involvements of Japanese military or officials to abduction,
(2) Abduction sufferer’s testimony with the fact to back up it, (3) Abduction offender’s testimony with the fact to back up it, and (4) Witness’s testimony with the fact to back up it.

Q4: Is there evidence document?
A4: No, it does not exist. Yohei Kono, the Chief Secretary of the Japanese Cabinet (the official spokesman for the government) issued the statement dated August 4, 1993 to admit the responsibility that the comfort women were recruited against their own will, through coercion, and Japanese administrative or military personnel directly took part in it. But he also admitted on June 17, 1997, that “we could not fine any document or paper to show whether their recruitment was coercion or not”.

Q5: But there are lots of sufferer’s testimonies ?
A5: Japanese government has made interview to 16 ex-comfort women who have been selected “Pacific War Victim’s Children”, South Korean NPO, but this attempt does not include any research for the facts to back up their testimonies. Ms. Mizuho Fukushima, a lower at that time, and now the leader of Social Democratic Party of Japan*1, has attended to this interview as a witness. But any testimonies and names of 16 ex-comfort women have not been opened in public yet, and nobody can check the fact to back up their testimonies. This interview cannot be an evidence of abdution.

 

37 :Venom  2007/11/02(金) 16:25:23  
Interview was also conducted by South Korean NPO, “Korean Council for the Women Drafted for Military Slavery by Japan”.*2 There 155 old ladies have reported themselves as ex-comfort women to South Korean government, and 74 of them were still alive at the time of 1992. 55 of them are being listed by “Korean Council”.
“Korean Council” could contact and interviewed approx 40 of ex-comfort women. This NPO has published it as the book, “Their testimonies”. On discussion with Japanese government, South Korean government has submitted this “testimonies” as most reliable evidence for Comfort Women Issue.

But interviewers have aware that those old women’s testimonies included lots contradictions, misunderstandings, wrong memories, confusions, or intentional distortions. “Korean Council”, therefore, has rejected many of testimonies for credibility problems, and finally took only 19 ex-comfort women’s testimonies to this book. Now let’s check credibility of those 19 testimonies on the book. Only 4 of them insisted that they have been captured by Japanese officials. Two women say that they had to work at military brothels, one at Busan, Korea, and one at Toyama, Japan. But by the fact, those 2 cities were not battlefields and there were no military brothels during WWII.
Two more women, Kim Hak-Soon and Moon Ok-Soo have changed their testimonies so often. Kim has told that she has been sold as Keeseng (half dancer, half prostitute) by her own mother at value 40 yen. Moon has told that she has been coaxed by a Korean civilian guy, named “Song” to work at the restaurant, taken to Burma, and became a military comfort woman. As conclusion, testimony with enough credibility was “zero”.

Q6: How about Abduction offender’s testimony?
A6: There was only one testimony, by Mr. Seiji Yoshida, which has been already denied.
Testimony with enough credibility is “zero”, too.

Yoshida wrote a book “My war crime – Forced abduction of Koreans” in 1983. He tells that, in this book, he has visited some villages in Chejoo island during WWII, together with 10 of his men and 10 soldiers of Imperial army in the island. He insists they have captured 205 of Korean civilian young women and taken them by trucks.

This book was not so famous but some people have surprised by reading it. Heo Yung-Sun, a Korean reporter in Chejoo island interviewed old people of those villages. She wrote that Yoshida’s book is false (Chejoo News, August 1, 1998). Professor Ikuhiko Hata of Chiba Univercity, Japan, also visited Chejoo island and researched. The result was the same, there was not such event like a slave hunting. (Seiron, June 1992) Yoshida himself, has given up to insist credibility of his book later.

 

38 :Venom  2007/11/02(金) 16:25:56  
The most famous newspaper, “Asahi Shimbun” (March 31, 1997) has reported Comfort Women Issue by using this book, but finally admitted that there is lots of questions for the credibility of Yoshida’s book.  As conclusion, testimony with enough credibility was “zero”.

Q7: Witness’s testimony ?
A7: There is no testimony by witness of abduction. If thousands of Korean girls have been kidnapped, many of Korean people must have seen that --- but there is no witness.

Q8: What has Korean government insisted ?
A8: After the Korean War, Japan and South Korean government have discussed to start official relationship many times for 14 years – and finally both of them signed basic treaty in 1965 – Korean government raised lots of issues and asked compensation to Japan, but none of South Korean delegates has never raised the Comfort Women Issue.

Q9: Then, why Comfort Women Issue became international issue recently?
A9: This issue was started by wrong report on a newspaper, “Asahi Shimbun” in 1991.
It reported Ms. Kim Hak-Soon has been coaxed to work as a Jeongshin-Dae (Japanese pronounceation: Teishin-tai) but she has been deceived, and finally taken to battlefield and forced sexual service to Japanese soldiers. But actually, Teishin-tai was just “women at factory work”, like as you can remember a famous American poster during WWII, of a working woman flexing her arm muscle and shouting “We can do it!”. Such working women are not concerned with any of sexual service. Actually, Kim Hak-Soon has been sold by poor parent.

But Korean people got angry to hear that. Kiichi Miyazawa, Prime Minister of Japan planned to visit South Korea, and he did not want any trouble with Korea. He decided to apologize anyway, not asking if it is true or not. Yohei Kono, the Chief Secretary has issued his statement on August 4, 1993, just for political purpose.

Most of people considered that Japanese government has admitted responsibility of abducting Comfort Women by that. Honor of Japanese has been harmed by it.

 

39 :Venom  2007/11/02(金) 16:26:35  
Q10: Does Japan have responsibility to compensate damages of ex-comfort women ?
A10: No, Japan has no responsibility now. There is no evidence of coercion, abduction of comfort women by Japanese military or officials. Claim issues of Korean nationals have been completely and finally finished by the “Basic Treaty between Japan and the Republic of Korea” signed in 1965 already. By this agreement, Japan has paid 500 million dollars (300 million as a gift, 200 million as a loan) to South Korea. When a Korean citizen is not satisfied yet, he or she should ask it to Korean government.

As conclusion, there is no “Comfort Women Issue” legally nor historically. It is just a political illusion made by yellow journalism and Kono statement of shallow thinking, and a very convenient weapon for anti-Japanese people.


*1: Social Democratic Party of Japan (SDP)
Called as Socialists Party of Japan before 1996. Insists to protect peace constitution strongly. Mainly Anti-USA and Pro-China, South Korea and North Korea. Used to be familiar with Labor’s Party of North Korea, but relationship between 2 parties are being suspended since 2002, just after Kim Jeong-Il admitted abduction of Japanese citizen in 1970 to 1980’s.

*2: Korean Council for the Women Drafted for Military Slavery by Japan (Korean Council)
South Korean NPO. Secretary General of this “Korean Council” is Mrs. Yoon Mi-Hyang.  Her husband is Mr. Kim Sam-Suk.  His sister is Mrs. Kim Eun-Ju.
Mr. Kim Sam-Suk and Mrs. Kim-Eun-Ju were arrested by South Korean police as “Brother & Sister Spies” in 2005.  Mrs. Kim Eun-Ju’s husband, Mr. Choi Ki-Yeong was also arrested. He is the Vise President of Democratic Labor’s Party Korea, one of the biggest communist party in South Korea. They are all working for North Korea.

Yoon Mi-Hyang --- wife&husband --- Kim Sam-Suk
Kim Sam-Suk --- brother&sister --- Kim Eun-Ju : both arrested spies
Kim Eun-Ju --- wife&husband --- Choi Ki-Yeong : both arrested spies

(終わり)

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|