「百詩篇第8巻69番」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

百詩篇第8巻69番」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+*原文
+Aupres&sup(){1} du ieune le&sup(){2} vieux ange&sup(){3} baisser&sup(){4},
+Et le viendra surmonter à la fin:
+Dix ans esgaux au&sup(){5} plus vieux rabaisser,
+De trois deux l'vn l'huitiesme&sup(){6} seraphin&sup(){7}.
 
+**異文
+(1) Aupres : Au pres 1590Ro
+(2) le : se 1568C 1605 1628 1649Xa 1672 1772Ri
+(3) ange : Ange 1605 1611B 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1660 1668 1672 1840, aage 1653, âge 1665
+(4) baisser : baiser 1605 1649Xa 1672
+(5) au 1568 1665 1840 : aux &italic(){T.A.Eds.}
+(6) l'huitiesme 1568A 1568B 1568C 1590Ro : huictiesme &italic(){T.A.Eds.}
+(7) seraphin : Seraphin 1605 1611B 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1660 1665 1668 1672
+
+**校訂
+ [[ジャン=ポール・クレベール]]は4行目 deux は d'eux かもしれないとしていた。[[ピーター・ラメジャラー]]も2003年の時点では、同じ見解だった。ラメジャラーは、seraphin を fera fin と校訂していた。
+ 当「大事典」として、4行目 l'un l'huictiesme を l'an huictiesme と読む可能性を追加しておきたい。
+
+*日本語訳
+若者の近くで、老いた天使が衰えるだろう、
+それでも最後には彼を凌ぐことになるだろう。
+十年間、最も老いた者に等しい者たちが再び低める、
+三人のうち二人を。一人は八番目の[[セラフィム]]である。
+
+**訳について
+ 前半は議論の余地のないほど明瞭。大乗訳も山根訳も、訳語の選択はともかく、構文理解では一致している。
+
+ 反面、後半2行は非常に難しい。ここでは[[ヴライク・イオネスク]]の解釈を踏まえた[[竹本忠雄]]訳のように、rabaisser と4行目前半をつなげるのが自然だろうと判断し、そのように訳した。ただし、当「大事典」の訳は、前半律の区切れ目を意識すると、不自然なのも事実である。
+ クレベールやラメジャラーは3行目と4行目を切り離し、3行目を「平坦な十年で、彼は最も老いた者を凌ぐ」に近い形で訳した。しかし、rabaisser は他動詞なので、その場合、au は必要ないはずだろうと思われる。
+ 4行目について、クレベールは校訂した結果によって「彼らの中の三人の中の一人が八番目のセラフィムだろう」と、疑問符付きで訳した。
+ ラメジャラーも校訂した結果に基づき、「(彼らの中の)三人のうち一人を、八番目の者が終わらせるだろう」(The eighth shall put an end to one of three)と訳していた((Lemesurier [2003b] p.289))。2010年になると Out of three twos [leaders], the one shall bring down the eighth.((Lemesurier [2010] p.230))と訳し直した。しかし、これはどのような校訂の結果なのか、今ひとつ分からない。
+
+ 大乗訳、山根訳とも後半の訳し方に疑問はあるが、上記のように、海外でも訳し方が固まっているとは言いがたい状況なので、ここでは論評しない。
+
+*信奉者側の見解
+ [[テオフィル・ド・ガランシエール]]は、ある老人が若者に負けるが、肩を並べる10年間を経て、再び若者を凌ぐようになると解釈し、セラフィムは「セラフィムの会派」(フランシスコ会の別名)のことかもしれないとした((Garencieres [1672]))。
+
+ その後、20世紀半ばまでこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、[[ジャック・ド・ジャン]]、[[バルタザール・ギノー]]、[[D.D.]]、[[テオドール・ブーイ]]、[[フランシス・ジロー]]、[[ウジェーヌ・バレスト]]、[[アナトール・ル・ペルチエ]]、[[チャールズ・ウォード]]、[[マックス・ド・フォンブリュヌ]]、[[アンドレ・ラモン]]、[[ロルフ・ボズウェル]]、[[ジェイムズ・レイヴァー]]の著書には載っていない。
+ また、[[エリカ・チータム]]は曖昧な詩として事実上解釈を放棄しており、[[セルジュ・ユタン]]は恐らく錬金術的な詩だろうと指摘するにとどまった((Cheetham [1973], Hutin [1978]))。
+
+ [[ヴライク・イオネスク]]は、天王星発見(1781年)の詩と解釈した。
+ 前半は発見された時点の、サトゥルヌス(土星)とその父ウラヌス(天王星)の星位を示したものだという。
+ 3行目から4行目前半について、イオネスクは「最古参にひとしい十年につき 三つのうち二つを切り下げれば」と訳し、土星の公転周期の10倍、つまり295年の3つの数字のうち2つを入れ替えて、259への切り下げを行うことと理解し、発見当日の土星の位置(人馬宮の19度)を白羊宮からの通算度数(全360度)であらわした度数(259度)と解釈した。
+ 4行目後半は「同一の第八熾天使」と訳し、第八天の天体(天王星)の公転周期(84年)と、発見当日の星位(双児宮の24度。通算で84度)の数値が一致することを指すと解釈した((イオネスク [1993] pp.278-282))。
+ [[パトリス・ギナール]]は、この解釈を支持した。
+
+*同時代的な視点
+ [[ロジェ・プレヴォ]]は前半2行について、[[百詩篇第1巻35番]]とも関連付けつつ、東ローマ帝国のアンゲロス王朝がモデルになったと推測した。「天使」(Ange)は「アンゲロス」(Angelos)のことで、東ローマ帝国の老皇帝イサキオス2世アンゲロス(在位:1185年 - 1195年、1203年)が、弟のアレクシオス3世アンゲロス(在位:1195年 - 1203年)と対立して廃位されたものの、復位したこととした((Prévost [1999] p.21))。
+ ラメジャラーはこれを支持し、イサキオスの息子達のうちの一人アレクシオス4世(在位:1203年 - 1204年)の残酷な殺害も描かれているとした((Lemesurier [2003b]))。
+
+ ある程度説得的なのは事実だろうが、後半の読み方が不鮮明なことは否めない。
+ いっそのこと、4行目 l'un l'huictiesme を l'an huictiesme と読み替え、seraphin はラメジャラーのように fera fin とした上で、3行目はしばしば採用される読み方を採って、「平坦な十年間に最も老いた者はその地位を低くし、三人のうち二人が、八年目に終わらせるだろう」と読めば、イサキオス2世の凡庸な10年間の治世のあとにアレクシオス3世が帝位を簒奪するが、彼の治世8年目に三人(イサキオス2世、アレクシオス3世、アレクシオス4世)のうち、二人(イサキオス2世とアレクシオス4世)が共同統治する形で、血族の争いを終わらせた、と読めるのかもしれない。
+
+----
+#comment