「百詩篇第9巻83番」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

百詩篇第9巻83番」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 *原文
 [[Sol]] vingt&sup(){1} de taurus&sup(){2} si fort terre&sup(){3} trembler&sup(){4},
 Le grand theatre&sup(){5} rempli ruinera,
 L'air, ciel & terre&sup(){6} obscurcir & troubler,
 Lors l'infidelle&sup(){7} Dieu&sup(){8} &&sup(){9} fainctz&sup(){10} voguera&sup(){11}.
 
 **異文
 (1) Sol vingt : Sol Vingt 1672, Sol 1712Guy
 (2) de taurus 1568A 1568B 1568C : de Taurus 1568I 1590Ro 1597 1600 1605 1610 1611 1628 1649Ca 1649Xa 1668A 1672 1772Ri 1716, Taurus 1627 1644 1650Ri 1653 1665 1712Guy
 (3) terre : Terre 1712Guy
 (4) trembler : trombler 1597, tremblera 1672
 (5) theatre : cheatre 1605 1649Xa, Theatre 1672 1712Guy 1772Ri
 (6) L'air, ciel & terre : L'air, Ciel & terre  1611B, L'Air, Ciel, & Terre 1672
 (7) l'infidelle : l'Infidele 1672 1712Guy
 (8) Dieu : dieu 1568A
 (9) & : de 1572Cr
 (10) fainctz : sainctz 1568C, faincts 1568I, faim 1572Cr, saincts 1597 1600 1605 1610 1611 1627 1628 1649Ca 1649Xa 1650Ri 1668A 1716, Saincts 1644 1653 1665 1672  1712Guy 1772Ri
 (11) voguera : [[voquera>voquer]] 1627 1644 1650Ri 1653 1665, invoquera 1712Guy
 
 **校訂
  4行目について、1568年版では「聖人たち」(saincts)と「怠け者たち」(fainctz)の2通りがあるが、後の時代の版の多くが「聖人たち」を採用しているように、そちらの方が明らかに文脈に適合している。
  voguera(漕ぎ出すだろう)も文脈に合わない。[[voquera>voquer]](祈るだろう)と見る方が良い。これは信頼性の低い1627年版などに見られる異文だが、現在は実証的な論者たちからも支持されている((Brind’Amour [1993] p.228, n.11))。
 
 *日本語訳
 太陽は金牛宮の二十度、非常に強く大地が震える。
 満員の大劇場が崩れるだろう。
 大気と空と大地は暗く混濁し、
 その時、不信心者は神や聖人に祈るだろう。
 
 **訳について
  大乗訳、山根訳は細部を除いておおむね問題はない。
 
 *信奉者側の見解
  [[テオフィル・ド・ガランシエール]](1672年)は、近い将来、1700年以前に起こることになるだろうと解釈していた((Garencieres [1672]))。
  [[バルタザール・ギノー]](1712年)は意図的かどうかはともかく、vingt (二十度)がない原文を採用しており、日蝕が起こるときの大地震に関する詩と解釈していた((Guynaud [1891] pp.190-191))。
  20世紀以前にこの詩を解釈していたのは、この二人だけだったようである。
 
  [[エミール・リュイール]](1939年)は[[百詩篇第10巻67番]]とも関連付けつつ、1941年5月に大地震が起こると解釈していた((Ruir [1939] p.105))。
 
  [[五島勉]]は英国の信奉者ワード([[チャールズ・ウォード]])の解釈を援用する形で、詩番号から1983年5月10日の可能性があるとしていた((五島 [1973] pp.117-118))。[[内田秀男]]も同じ見解をとっていた((ロバーツ『ノストラダムス大予言原典諸世紀』1975年、p.279))。
  ただし、ウォードはこの詩を解釈しておらず、ワードの解釈として五島が援用しているものは単なる創作である。
 
  [[川尻徹]]は1940年5月10日のドイツの電撃作戦開始の予言であると同時に、1999年7月に起こると想定していた木星の衛星イオの破片の地球衝突が、翌年5月10日に大異変を起こすことになる予言としていた((川尻『ノストラダムス暗号書の謎』pp.166-167, 232-234))。
 
  [[流智明]]は2000年5月11日の地震と解釈していた((チータム『ノストラダムス全予言』1988年、p.310))。
 
  [[霧満攔江]]は2008年5月12日の汶川大地震(四川大地震)と解釈した((霧満攔江 [2010]))。
 
 *同時代的な視点
  [[百詩篇第10巻67番]]と関連があるという点は、実証的な側でも異論がない。そして、その地震とは1549年5月4日の[[モンテリマール]]周辺の大地震であろうと[[ピエール・ブランダムール]]が指摘して以来、実証的には異論のない状態になっている((ex. Prévost [1999] pp.138-139, Lemesurier [2003], Clébert [2003]))。
  ブランダムールによれば、その日、太陽は金牛宮の23.5度にあり、「太陽は金牛宮の二十度」というのはそれを大まかに示したもののようである。
 
  ブランダムールは劇場の崩壊に関連し、[[百詩篇第6巻37番]]、[[同51番>百詩篇第6巻51番]]も同じ主題である可能性にも触れている。ただし、この点は必ずしも広く合意されているわけではない。
 
-----
 ----
 &bold(){コメントらん}
 以下のコメント欄は[[コメントの著作権および削除基準>著作権について]]を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。
 
 - “金牛宮の二十度”は場所を示している。5月に地震と解釈する人は相当のラッパ吹きである。  -- れもん  (2016-04-24 12:08:14)
 #comment