「フォワ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

フォワ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+ &bold(){フォワ} (Foix) はフランス南部、ピレネー山麓に位置するアリエージュ県の県庁所在地。
 
+*概要
+ フォワはカロリング期にはフクスム (Fuxum) と綴られていたが、詳細な語源は未詳である((DNLF))。
+ アリエージュ川流域に発達したこの都市は、11世紀以降フォワ伯領の首都となったが、のちにベアルン家の領土となった。そしてベアルン家のアンリがフランス王[[アンリ4世]]となった1589年に、フランス王国領に組み込まれた((『ブリタニカ国際大百科事典・小項目電子辞書版』『ミシュラン・グリーンガイド フランス』による。))。
+
+*ノストラダムス関連
+ 『予言集』では以下の詩に登場しているが、Fois と綴られることもある。ただし、そちらの綴りでの登場箇所の多くは数詞を伴っており、回数などを意味する一般名詞 (fois) であることが明らかで、フォワの意味での用例はそう多くない。
+-[[百詩篇第3巻25番]]
+-[[百詩篇第5巻100番]]
+-[[百詩篇第8巻12番]]
+-[[百詩篇第8巻39番]]
+-[[百詩篇第9巻10番]]
+-[[百詩篇第9巻63番]]
+-[[百詩篇第9巻73番]]
+
+----
+#comment