「百詩篇第8巻43番」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

百詩篇第8巻43番」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+[[百詩篇第8巻]]>43番
+
 *原文 
 Par le [[decide]] de deux choses bastars&sup(){1}
-Nepueu du sang occupera le regne&sup(){2}
+Nepueu du sang occupera le [[regne]]&sup(){2}
 Dedans&sup(){3} [[lectoyre]]&sup(){4} seront les coups&sup(){5} de dars&sup(){6}
 Nepueu par peur pleira&sup(){7} l'enseigne&sup(){8}.
 
 **異文
 (1) bastars 1568 1590Ro 1605 1628 1649Ca 1649Xa 1665 1772Ri 1840 : Bastars 1672, bastards &italic(){T.A.Eds.}
 (2) regne : Regne 1672
 (3) Dedans : Dedaus 1611A
 (4) lectoyre : le toire 1572Cr, lectoire 1644 1650Ri 1665, Lectoyre 1660 1772Ri, Lectoure 1672
 (5) coups : cops 1568A, corps 1590Ro
 (6) dars 1568B 1568C 1568I 1653 1660 1665 1772Ri : darts 1568A 1590Ro, dards T.A.Eds.
 (7) pleira 1568 1605 1611A 1628 1649Ca 1649Xa 1653 1672 1772Ri : plira 1611B, plaira 1665, pliera &italic(){T.A.Eds.}
 (8) l'enseigne : l'Enseigne 1672
 
 (注記)1653ではl'enseigne の g と n がそれぞれ逆
 
 **校訂
  lectoyre は1672がそう読んだように Lectoure の誤記と見るのが素直な読み方である。
  pleira は現代フランス語から見れば pliera の方が適切だが、[[ジャン=ポール・クレベール]]によると、ロマン語には pleiar という語があるようなので、pleira という綴りが誤植なのか意図的なものなのかは分からない。
 
 *日本語訳
 二つの非嫡出的なるものの没落によって、
 その血統の甥が王国を占拠するだろう。
 レクトゥールでは投槍の攻撃があるだろう。
 甥は恐怖により旗を畳むであろう。
 
 **訳について
  山根訳はほとんど問題がない。
  大乗訳1行目「私生児は二つのことで分割されて」((大乗 [1975] p.241. 以下この詩の引用は同じ))は不適切。[[ヘンリー・C・ロバーツ]]の英訳にあるdecision を division とでも読み間違えたものか。なお、[[テオフィル・ド・ガランシエール]]は decision と英訳しつつも division の方が良いと指摘していたが、ロバーツの原書にはそれを匂わせる記述は一切ない。
  大乗訳3行目 で、lectoyre(ロバーツの原文では Lectoure、英訳では Lectore)を「読書台」と訳しているのは、英語の lectern として読んだものか。
  大乗訳4行目「甥は恐れて旗をかかげる」は誤訳。ロバーツによる仏語原文では peur(恐怖)が抜け落ちているため、「恐れて」とある大乗訳はフランス語原文からでなくロバーツの英訳から転訳したことが明白だが、そこには正しく fold up(折り畳む)とある。hold up とでも混同したか。
 
 *信奉者側の見解
  ナポレオン3世の登位と没落を鮮やかに描いた詩とされ、[[アナトール・ル・ペルチエ]]が事前に正しく解釈していたとして知られている詩である((Le Pelletier [1867a] pp.265-266, Hogue [1997/1999] etc.))。
  それによると、「二つの非嫡出的なるもの」とは、七月王政(1830年-1848年)と第二共和制(1848年-1852年)を指し、これらが短命であった結果、ナポレオン・ボナパルトの甥ナポレオン3世が即位したことを示しているという。
  ル・ペルチエは1867年の段階で後半2行の中にナポレオン3世の敗北を読み取ったが、3行目の「レクトワル」については[[レクトゥール]](Lectoure, ジェール県の地名)の誤記か、「これまで気付かれてこなかった何か」を暗示したものであろうとした。
 
  この語については、スダンの戦い(1870年)の20年ほど後になって、[[チャールズ・ウォード]]が新解釈を提示した。
  彼は lectoyre をル・トルセー(Le Torcey)のアナグラムであろうとして、ル・トルシー(Le Torcy)と解釈した。ル・トルシーはスダン付近の地名(現在はスダン市内)であり、まさしくスダンの戦いが予言されていたことの証拠だとしたのである((Ward [1891] p.340))。
 
 *同時代的な視点
  [[ロジェ・プレヴォ]]は、この詩のモデルを15世紀末のヴァロワ朝の状況と推測している。
  1495年と1496年にフランス王妃アンヌ・ド・ブルターニュが出産した2人の男児はいずれも死産であったため、国王シャルル8世の死後、(甥ではなかったが)その義理の兄弟に当たるオルレアン家のルイが王位を引き継ぐことになった。しかし、ルイ12世に都合のよい相次ぐ死産は当時ゴシップの種となり、ルイがアンヌに対し、レクトゥールで薬物入りのオレンジを与えたのだと噂されたのである。
  この解釈は、[[ピーター・ラメジャラー]]にも支持されている((Prévost[1999] p.89, Lemesurier[2003b] p.279))。
 
 ----
 #comment